おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

タブレット端末にしかない魅力は実はとてもたくさんある

      2017/09/08

Lenovo タブレット YOGA Tablet 2 SIMフリー/WiFi microSIMカード対応 59428222 8.0型ワイドIPS フルHD 1920x1200 無線LAN IEEE802.11a/b/g/n Bluetooth4.0 microUSB カメラ内蔵 バッテリー駆動時間最大約18時間 Android

タブレット端末には、どのような魅力が詰まっているでしょうか。

今までスマートフォンを活用してきた人でも、タブレット端末の魅力を知ることで購入を検討したくなってくるでしょう。

画面のサイズやバッテリー容量など、スマートフォンにはない魅力がありますので、まずはどのような性能などがあるのかを理解してみましょう。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

タブレット端末にしかない魅力とは

画面が大きくて見やすい

スマートフォンを所有している人は、タブレットにはそれほど大きな魅力は感じていないかもしれません。

確かに機能性と言った面から考えた場合、スマートフォンもタブレットもそれほど大きな違いは感じないでしょう。

しかし、スマートフォントタブレットとの決定的な違いは画面のサイズがとても大きいことではないでしょうか。

この画面サイズの違いはとても大きな意味を持っており、動画の閲覧や書籍の閲覧、そしてゲームなどを行う場合とても便利に感じることができるのです。

スマートフォンではアップにしなければ見ることが難しい文字でも、タブレット端末であればそのままのサイズでストレスを感じることなく見ることができるでしょう。

場所を選ぶことなくインターネットを手軽に楽しめる

タブレット端末は、当然インターネット環境が整ってこそその機能をしっかり発揮してくれます。

タブレット端末が他のモバイル機器などと違うと感じるポイントは、場所を選ぶことなく手軽に使用することができることではないでしょうか。

ノートパソコンにも同じように使用できますが、例えば布団の中で横になった状態で使用することを想定した場合は、どちらを優先的に使用するでしょうか。

当然、多くの人がタブレット端末を使用するでしょう。

ノートパソコンなどとは違い、キーボードの出っ張り部分がないことや、ボディ自体がとても薄いこと、またとても軽いと言ったことから場所を選ぶことなく使用できる魅力があるのです。

また、最近では完全防水機能を備えているタブレット端末も多いことから、お風呂で動画などを楽しんでいる人も多いでしょう。

バッテリー容量が大きい

スマートフォンなどのモバイル機器で一番気になることは、やはりバッテリーの問題でしょう。

常にバッテリーの残量を気にしてしまい、動画の閲覧などに集中できないと言ったこともあるはずです。

とくにスマートフォンの場合は、電話機能と一体化させて使用しているケースが多いため、バッテリーが完全になくなってしまうと困ってしまうでしょう。

タブレット端末の場合は、スマートフォンよりもはるかに大きなバッテリー容量を備えていますので、こうした心配をすることは少ないはずです。

また、タブレット端末はインターネットだけに接続して、電話機能として使用することはほとんどないため、バッテリーの残量が完全になくなるまで使用し続けてもストレスにならないはずです。

タブレット端末を所有してしない人は、一度所有することでその良さはしっかり実感できるはずです。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

タブレット端末の上手な選び方

まずは画面サイズを決める

タブレット端末を購入する場合、やはりまずは画面サイズを決めておくことが重要なポイントになります。

画面サイズは後から変更すると言ったことはできませんので、どのような用途で使用するのかをはっきりさせ、サイズを決めていきましょう。

まず、一般的なタブレット端末の画面サイズとも言える7インチサイズですが、このサイズは小さくて持ち運びに便利と言ったメリットを感じることができます。

しかし、最近はスマートフォンのサイズが大型化していると言ったこともあり、中途半端なサイズだと感じてしまうかもしれません。

動画を閲覧することについてはストレスを感じることはありませんが、書籍の閲覧などでは少し小さいと感じてしまうかもしれません。

タブレット端末を購入する場合には、やはり10インチほどのサイズが良いかもしれません。

動画についても、書籍についても、そしてオフィスなどの編集についてもストレスなく使用できるサイズだと感じるはずです。

1台しかタブレット端末を所有しないと考えている人であれば、この10インチサイズはおすすめできるサイズです。

OSを決める

タブレット端末ではAndroidとWindows、そしてiOSの3種類のOSを選ぶことができます。

それぞれメリットやデメリットがありますが、パソコンで使っていたソフトや周辺機器をそのまま使用したいと考えている場合にはWindowsのOSが最適だと感じるはずです。

また、電子書籍を中心とした使用を考えているのであればiPadのOSを、そして動画ならAndroidを選ぶことが良いでしゅう。

人気のタブレット端末3選

タブレットの代名詞とも言えるiPad

iPadは、誰もが知っている人気のタブレット端末です。

iPhoneと同じOSを搭載していると言うメリットもあり、まさに使いやすいのが一番のメリットと言えるでしょう。

AndroidのOSを搭載するタブレットと比べると、価格自体は少し割高な設定になっていますが、もともとのiPhoneユーザーであれば使い勝手がほぼ同じだと感じることができますので、タブレット選びの一番の候補になるでしょう。

また、ボディなどはアップルらしい高級感のあるデザインや質感の高さも魅力的です。

タブレット端末を楽しむには必須となるアプリケーションもとても豊富に揃っており、プライベートで使用することだけではなくビジネスシーンでも活躍してくれる存在です。

バリエーションが豊富なAndroid

多くの製品が揃っているのがAndroidの魅力です。

OSにAndroidを搭載するタブレットは、多くのメーカーから防水モデルや電話としても使えるモデル、そしてプロジェクターを内蔵している高性能なモデルなどバリエーションがとても豊富です。

また、価格のリーズナブルなモデルがとても多く、1万円以下で購入できるモデルもあるほどです。

予算を中心にタブレット端末を選んでいる人は、Androidはとてもおすすめできます。

仕事用ならやっぱりWindows

Windowsタブレットの魅力は、なんと言っても今まで使用していたパソコンの機能とほぼ同等として使用できることでしょう。

とくに注目するべき点はオフィスソフトであり、ビジネスシーンでよく使われるアプリケーションがそのままタブレット端末で使えるのが大きな魅力でしょう。

また、キーボードがそのままタブレットに設置できるモデルもあり、シーンに応じてノートパソコンのように使用することが可能となります。

タブレット端末はできるだけ高性能な物を選ぶ

多くのシーンで使用することを想定する

タブレット端末を購入するときには、さまざまなシーンで使用することを想定して購入しましょう。

ただ動画が見たい、書籍を閲覧したいと言うことだけではなく、ビジネスシーンではどのような使い方ができるのかなど、多くのことを想定して購入することが重要です。

まとめ

タブレット端末は、今ではなくてはならないアイテムになっているでしょう。

決して安い物ではありませんので、これからタブレット端末を購入することを考えている場合には、できるだけ多くのことを想定して選ぶことが大切です。

プライベートでも、そしてビジネスシーンでもストレスなく活躍させることができる物を上手に選んでいきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末