おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

タブレット端末にキーボードが便利な4つのわけは? 選び方のポイントを解説!

   

Bluetoothキーボード 折り畳み式Cozyswanワイヤレスキーボード 軽量 薄型 IOS/Android/Windowsに対応 スタンド機能付き

タブレット端末は各社から様々な製品が販売されており、モバイルやセカンドパソコンと言った目的で使用する方が増加しています。

快適な入力をするためには、欠かせないのがキーボードです。

キーボードを合わせて使う方が便利になる4つのわけを、今回は見て行きましょう。

その上で、どんなキーボードを選べば失敗しないのかも解説して行きます。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

タブレット端末にもキーボードを使う方が便利!その4つの理由

タブレット端末で入力作業を行うときに、タッチ操作をすればもちろん出来るのですが、スマホと違って画面も広いので、様々なテキストを入力する目的で使う頻度も多くなるでしょう。

入力作業を行うのに、タブレット端末にキーボードを合せて使うことを検討している方も、多くいらっしゃいますが、どうしてキーボードを使う方が便利だと感じているのでしょうか?

裏を返せば、タブレット本体だけタッチ操作だけで、入力作業を行うのにストレスを感じている可能性がありますね。

キーボードを取りいれることで便利だと感じるその理由を4つ、ご紹介します。

入力にストレスを感じない

そもそも、タブレット本体だけで入力をするのには、単語や短いSNSのやりとり程度であれば、それほど負担も感じないでしょう。

しかし、メールの返信をする時など、仕事上でやや文章が煩雑になったり長くなったりする時には、それだけストレスを感じるのも確かです。

やはり、入力にストレスを感じずに行えるツールと言えば、キーボードが必須となります。

長文でもスムーズに入力可能

長文の入力に適しているのは、やはり、キーボードです。

メールの返信、ワードやエクセルでの作成などの業務をキーボードがある環境でなければ出来ないとなれば、タブレット端末の意味合いが薄れて来ます。

タブレットを外出時に持つことで、社内での対応とほぼ同じように出来てこそ、効果を発揮できるのは確かだからです。

長文の入力をしてもタブレットは画面も大きく、普通のパソコンでの作業をしている時と何ら遜色はありません。

そのメリットを最大限活かすには、やはり、キーボードの導入は欠かせませんね。

慣れているキーボード操作の方が快適

タッチ操作でも使えないと言うことはありませんが、やはり、慣れているキーボード操作の方が快適な処理が行えるのは確かです。

入力に時間がかかってしまうと、ストレスを感じてしまうことも多いでしょう。

キーボード操作であればほとんどの方が慣れているために、処理効率もはるかに良くなるため、レスポンスや対応の速さが向上すれば、業務効率もアップできるようになります。

音声入力は場所次第

確かに、タブレットにも音声入力が使えるようになり、入力をしなくても声で認識が可能となって便利になりましたね。

ただし、音声入力は周囲に人がいないとか集中して入力できるとか場所や環境に制限が出て来てしまいます。

音声入力の精度も向上し、キーボードで入力するよりもはるかに早く効率よく入力可能だという方もいらっしゃるのですが、場所に拘らなければならないのはややネックになってしまうでしょう。

様々な環境の中でも音声入力で行おうと、マイクの工夫など様々な対処をしなければならなくなります。

まして、電車内など公共の場所では、はっきりとした声での入力もためらわれます。

やはり、そうなるとキーボードを保有しておく価値があるのは確かですね。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

キーボードは必須!ストレスを感じない選び方は?

このように、タブレット端末を最大限に活用するためには、キーボードは必須です。

しかし、そもそもタブレットがモバイルにより適していると言うことを考えると、キーボード次第ではストレスを感じるようになってしまうので、これでは本末転倒になります。

ストレスを感じない選び方はどうすれば良いのでしょうか?

タブレット専用のキーボード

各種のタブレットの中には、専用のキーボードを販売しているものもあります。

やはり、専用のキーボードなので、操作性も快適であるだけではなく、コンパクトに収まるというメリットもあります。

モバイルとして使う際にも、持ちづらさが出て来てしまうとストレスを感じてしまいますが、専用の商品であれば、快適な持ち運びも実現してくれるのでおすすめです。

さらに、キーボードとカバーがセットになっているものもあるので、タブレットを見る時に見やすく立てられる機能があるので、より入力しやすくなるメリットもあります。

折りたためるキーボード

また、コンパクトに折りたためるキーボードもおすすめです。

モバイルだけではなく、デスクワークでセカンドパソコンやモニターとしての役割を持たせられるようになり、あまり場所を取るものは使い勝手が良くないので折りたためるキーボードなら、扱いも便利になります。

軽さやサイズがポイント

キーボード選びでは、軽さを念頭におくのもポイントとして重要です。

タブレット端末が軽くても、キーボードが重くてはストレスを感じざるを得ません。

バッグの中に入れるにしても、あまりに重いのでは負担を感じて持ち運びすることになり、やはり、買い替えを検討せざるを得なくなるでしょう。

同じように、サイズも重要です。

収納しやすいサイズを考慮して選ぶのも忘れないようにしましょう。

ストロークのしやすさ

これまでは、サイズや扱いやすさを注意することをご紹介しましたが、キーボードとしての要はやはりストロークのしやすさも重要です。

通常、デスクワークなどで使っているキーボードのタッチに似ているものを選ぶようにすれば、モバイルなどで使っても遜色なく使えるでしょう。

サイズや専用キーボードだけに拘っていると、入力のしやすさが予想外で不満が出てしまうこともあるので、入念にチェックをしておくのはおすすめです。

キーボードの接続するタイプは?

タブレットにキーボードを接続するには、有線USB、無線USB、Bluetoothが主流ですが、それぞれにメリット、デメリットもあるのは確かですので、慎重に選ぶ必要があります。

広く使われているのは、無線USBでの接続です。

モバイル目的でなければ、パソコンで使用していた有線USBでも充分使えるものもあります。

Bluetoothの場合には、初期設定で接続がしづらいものもあります。

ただし、小型で軽量と言う面ではUSBよりも使い勝手の良さがあります。

長い目で見れば、ストロークの良さ、疲れにくさなども総合的に考えた上で、どの接続にするかを選んでみるのがおすすめです。

使用頻度に応じて、3000円以内で充分に購入出来る廉価なものを普段は使い、メインで使用するのにはある程度の満足感を得られるようなやや値段がするものを選ぶという方法もおすすめです。

いずれの場合も、タブレット端末の使用頻度や使用環境、内容、時間を考慮して絞り込んで行くようにしましょう。

より快適な入力を目指すためには、キーボード選びに関わる部分も大きいからです。

パソコンに使うキーボード選びには悩む方も多いですが、タブレット端末に関しても様々な商品が出ているので、自分の目的に合い快適に操作できるものを探すのにも事欠かないと言えますね。

まとめ

タブレット端末の入力にやや不満がある方、これから満足の行くタブレット端末の入力をしたいと思われる方は、ぜひ、参考になさってみてみてはいかがでしょうか?

タブレット端末の機能をいかんなく発揮させるために、キーボードは必須です。

もっとタブレット端末を活用させるためにも、キーボードは無くてはならない時代になっていますので、選び方にも注意をした上で快適な操作を手に入れましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末