おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

テレビ好きな方必見!液晶テレビの画面を最適な明るさに調整するメリットとは?

   

液晶テレビを見ることは、多くの人の生活の一部となっています。

液晶テレビは、画面の明るさを変えることができますが、明るさを調整しないで初期設定のままで見る方もいます。

ですが、液晶画面を最適な明るさに調整することは大切で、最適な明るさにすることには様々なメリットがあります。

ここでは、そのメリットを中心に紹介していくので、テレビ好きの方はぜひご覧ください。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

最適な明るさに調整すると画像が見えやすくなる

あなたの液晶テレビの画面は眩しくないですか?

または、暗くないですか?

眩しかったり暗かったりすると、液晶テレビの画像は見えにくくなります。

画像が見にくいということは、その液晶テレビの明るさは最適ではないということになります。

そのため、液晶テレビの画像が見にくいと感じることが多い方は、液晶画面の明るさを調整することをおすすめします。

眩しいと感じる場合は明るさを抑え、暗く感じる場合は明るくすると良いでしょう。

そうすることによって、液晶テレビの画像は見えやすくなります。

画面が明るすぎても、「画像がくっきり見えるから良い」という方も中にはいますが、明るすぎると目にかかる負担が大きくなるのでおすすめできません。

液晶テレビの種類によっては、「標準モード」や「映画モード」、「ダイナミックモード」などから選ぶことができるので、明るさの調整に悩んでいる方はそれらのモードの中から選んでも良いでしょう。

また、部屋の明るさに合わせて、液晶画面の明るさをセンサーによって自動で調整できるテレビもあります。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

目にかかる負担が少なくなる

液晶テレビの画面が明るすぎると、眩しく感じます。

その眩しい画面を長い時間直視していると、目には大きな負担がかかり、眼精疲労を起こしてしまいます。

そのことは、当然目の健康を害していることになるので、液晶画面が眩しいくらい明るくなっている場合は、明るさを調整して抑える必要があります。

明るすぎる画面は目に良くないですが、画面が暗くて見にくいのも良くありません。

画面が暗いことで画像が見にくいと、目は一生懸命見ようとします。

その行為は目が非常に疲れる行為であり、眼精疲労の原因になります。

液晶画面を最適な明るさに調整すれば、目にかかる負担は少なくなり、長時間楽しくテレビを見ることが可能になります。

時折休憩をいれましょう

液晶テレビの画面の明るさが適切でも、長時間画面を見続けると目には大きな負担がかかってしまいます。

目の健康のためには明るさを調整するだけでなく、時折、休憩を入れることが大切になります。

テレビゲームでも、「1時間やったら10分~15分休憩しましょう」といわれており、休憩を入れないで液晶画面を見続けると健康上好ましくありません。

そのため、普通に液晶テレビを見る時でも、時折休憩を入れることをおすすめします。

テレビを凝視していると、目はずっと緊張し続け、こわばった状態になり、視力が悪くなってしまう可能性があります。

それを防ぐためには、時折、目を休ませる必要があり休憩することが大切です。

では、休憩している時は、どのように休憩すれば良いのでしょうか?

次は、そのことについて説明していきます。

目の休憩中にすると良いこと

目の休憩をしている時は、遠くを見る・まばたきをする・眼球を上や下、左や右に動かすなどをすると良いです。

遠くの方を見ることによって、ちぢこまっていた目の筋肉を伸ばすことができます。

リズムをとってまばたきをパチパチとすることによって目が潤い、目周辺の筋肉をほぐすことができます。

眼球を上や下、左や右に動かすことによって、目の疲れを緩和する効果を期待することができます。

どれも簡単にできることなので、目を悪くしないために、それらを目の休憩中に行うことをおすすめします。

ブルーライトによる影響を軽減できる

多くの人は液晶テレビを何気なく普通に見てますが、画面からはブルーライトが多く出ています。

ブルーライトとは、その名の通り青い色の光のことになりますが、蛍光灯や太陽の光にも含まれています。

それらの光が白色に見えても、青い光や赤い光など様々な光が混ざることにより白く見えています。

要するに、青色の光だけにブルーライトが含まれている訳ではありません。

ブルーライトは、液晶テレビだけでなく、パソコン・スマートフォン・携帯ゲーム機などからも発生しています。

では、ブルーライトは人間にどのような影響を与えるのかというと、眼精疲労を起こしたり、体内リズムが乱れたりなどの影響を受けることがあります。

ブルーライトを長時間浴びることにより目は疲れ、眼精疲労を引き起こしやすくなります。

そして、ブルーライトを夜浴びることによって、脳は昼だと思い込み、寝つきを良くするメラトニンが分泌されにくくなります。

そのことにより、体内リズムが乱れてしまうのです。

これらのことから、ブルーライト対策をすることは大切で、液晶テレビの画面の明るさを調整することはブルーライト対策になります。

ブルーライトは、液晶画面が明るければ明るいほど多く出るので、画面の明るさを調整して抑えることはブルーライト対策になるのです。

液晶テレビの寿命が長くなる

液晶テレビの明るさに大きく関わっているのはバックライトです。

そのバックライトは、明るさを強くするほど劣化していきます。

そのため、明るすぎる場合は明るさを抑え、最適な明るさに調整することで液晶テレビの寿命を長くすることができます。

テレビの画像を見るにはバックライトが大切で、バックライトが切れてしまうと液晶画面は真っ暗になってしまい、見ることができなくなります。

そのことを避けるためにも、眩しいと感じるくらい明るい場合は、明るさを抑えることをおすすめします。

必要ない時はつけないこと

明るさを調整し、バックライトの明るさを抑えても、毎日の使用時間が長いとバックライトの寿命は短くなってしまいます。

「帰宅したら、なんとなくテレビをつける」や、「家にいる時は、見たい番組がなくても必ずテレビをつける」という習慣があると、自然にテレビの使用時間は長くなるので、バックライトも当然劣化していき、テレビの寿命は短くなってしまいます。

テレビをできるだけ長く使いたいのなら、見たい番組がない時はテレビをつけないことです。

そして、頻繁に電源を入れたり切ったりすることもテレビに負担がかかるので、頻繁な電源の切り替えは避けるようにしましょう。

液晶テレビを購入したら明るさを調整しよう

液晶テレビの画面が明るいと、画像は綺麗に見えやすくなります。

ですが、明るすぎると目に負担がかかり、体調が悪くなることもあります。

そのため、最適な明るさに調整して見ることが大切です。

液晶テレビを購入してチャンネル設定などをして見られるようになったら、明るさを調整すると良いでしょう。

使用する部屋の明るさによって、液晶テレビの明るさの調整は違ってくるので、使用する場所に適した明るさにすることが大切になります。

多くの人は、テレビを見る時は比較的長い時間見るので、目にかかる負担が少なく、画像が見えやすい明るさに調整することをおすすめします。

まとめ

液晶テレビを最適な明るさに調整することにより、画像が見えやすくなる・目にかかる負担が少なくなる・液晶テレビの寿命が長くなる、などのメリットを得ることが可能になります。

ですが、液晶画面が明るすぎたり暗すぎたりすると、目に負担がかかってしまうので注意しましょう。

テレビは、ついつい見過ぎてしまいますが、テレビを長時間見たら目を守るためにも休憩を入れることをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ