おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザイナーになりたくても地元にデザイン専門学校がない場合はどうすれば良い?

   

イメージを形にする仕事をしたい方の多くが、デザイン専門学校を通してデザイナーを目指しています。

デザイン専門学校ではカリキュラムをもとにプロの講師から直接指導を受けられるので、高いスキルを身につけることができます。

しかし、身近な場所に必要なスキルが学べるデザイン専門学校がない場合、どうしたら良いのでしょうか。

ここでは、地元にデザイン専門学校がない時の対処法とそれぞれの対処法に関するメリット・デメリットを併せてご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

遠方にあるデザイン専門学校に通学する

地元にデザイン専門学校がひとつもない場合、遠方にあるデザイン専門学校に通学する必要があります。

専門学校によっては朝から夕方まで授業が入っているので、かなりの距離がある場合には早起きする必要があります。

メリット

実家から遠方にあるデザイン専門学校に通うことで、一人暮らしをするなどの余計な費用をかけることなくプロのデザイナーに必要なスキルを身につけることができます。

身近な場所に家族や友人がいることで、夢に向かって頑張っている自分を応援してもらえるので心強いでしょう。

また、実家であれば自分で生活費を捻出するためにバイトをしなくても生活できるので、デザインの学習に専念できるのでおすすめです。

デメリット

住んでいる地域から遠方にデザイン専門学校がある場合、通学にかなりの時間を費やすことになります。

デザイン専門学校では授業ごとに課題が出るので、決められた期日までに課題作品を制作する必要があります。

課題制作は授業で学んだ事柄をどれだけ身につけたか確認するためのものなので、真剣に取り組むことが大切です。

課題作品は放課後に手掛けることになるので、あまりにも通学に時間がかかる場合には課題に必要な時間を十分に取れない可能性がある点がデメリットです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校がある場所に引っ越す

自分が住んでいる地域から離れた地域にデザイン専門学校がある場合には、その地域に引っ越すことで長時間かけて通学せずにスムーズに学校で学ぶことができます。

実家を出て一人暮らしをする必要がありますが、自分一人の時間が増えて将来の夢に近づくために学業に専念することができます。

メリット

デザイン専門学校がある地域に引っ越すことで、通学に時間をかけずに済みます。

朝から授業がある時でも早朝に起きて移動する必要がないので、時間に追われることなく気持ちにゆとりを持って授業や課題制作に専念することができます。

放課後も自宅に帰ってすぐに課題制作に取り掛かれるので、納得がいくまで作品作りに集中できるところが大きなメリットです。

レベルの高い課題作品を提出すれば良い成績をキープできるので、就職活動の際に有利になります。

デメリット

実家を出てデザイン専門学校がある地域で一人暮らしをするとなると、学業のほかに生活にまつわるすべてのことを自分一人でこなす必要がある点がデメリットです。

栄養のバランスが良い食事をとるなど健康管理も自分でする必要があるので、慣れるまでは大変さを感じることがあるかもしれません。

また、生活費を捻出するためにアルバイトをする方の場合、アルバイトが生活の中心にならないように気をつける必要があるなど自己管理に十分気をつける必要があります。

デザイン専門学校の通信講座を利用する

どうしても時間をかけて通学できない方であれば、デザイン専門学校の通信講座を利用することで、自宅で必要なスキルを身につけることができます。

自分のペースで学べるところが大きな魅力で、デザイン専門学校が手掛けている通信講座はレベルが高いカリキュラム内容となっているので安心して学ぶことができるでしょう。

メリット

デザイン専門学校が手掛ける通信講座を利用することで、近くにデザイン専門学校がなくてもプロのデザイナーに必要なスキルを学ぶことができます。

自宅でいつでもレッスンできるので、自分が都合が良い時間に集中的に学べる点が大きなメリットです。

社会人としてほかの仕事をしながらデザイナーを目指す方でも無理なく学べるので、マイペースに夢に向かって準備を進めていくことができます。

また、学校を卒業したばかりの方であれば、デザイン会社でアルバイトをしながら通信講座を通してデザインについて学べるので、時間を効率良く使って必要なスキルを身につけることができます。

デメリット

デザイン専門学校が手掛ける通信講座は、学校に通うのと同レベルのスキルを身につけることができます。

しかし、デザイン専門学校のように身近なところにプロの講師や同じ夢を持っている仲間がいるわけではないので、人との交流を通して良い刺激を受ける機会が少ない点がデメリットです。

デザイン専門学校の講師の中には、現役のプロとして活躍している方もいるので学校での交流を通して貴重な話を聞くことができます。

通信講座は効率良く時間を使って学べますが、ワクワクする出会いを必要としている方には物足りなく感じることがあるかもしれません。

短期のデザイン専門学校に通うために一時的に上京する

通学できる範囲にデザイン専門学校がまったくない場合には、短期で必要なスキルが学べるデザイン専門学校に通うために一時的に上京するという方法があります。

上京して暮らすにはそれなりに費用がかかりますが、短期間だけデザインを学ぶことに集中するのであれば十分に準備することで実行可能です。

メリット

デザイン専門学校の中には、短期でプロのデザイナーに必要なスキルを集中的に学べるところがあります。

地元にデザイン専門学校がなく通学にかなりの時間がかかる場合には、短期のデザイン専門学校がある場所に上京して集中的にデザインについて学ぶのも方法のひとつです。

短期と長期のデザイン専門学校を比較した場合、短期の専門学校は短期間で凝縮したカリキュラム内容となっているので課題提出などがやや大変かもしれませんが、短期間だけの上京となるのでその分生活費を抑えることができます。

また、短期間でプロに必要なスキルを身につければ、デザイナーになるまでに時間がかからないので夢に近づきやすい点がメリットです。

デメリット

短期のデザイン専門学校がある場所に上京した場合、短期間でデザインについて学びながら就職活動の準備をするなど何かと時間に追われることが多くなります。

また、地元のデザイン会社に就職が決まった場合には、就職と引越しの準備を同時進行でするなど気持ちにゆとりが持てなくなる可能性があります。

短期間でプロのデザイナーを目指すなどの目的がある場合には最適ですが、そうでない場合にうまくスケジュール管理できなくなることがあるかもしれません。

知名度の高いデザイン専門学校に通うために上京する

東京はトレンド発信地であり数多くの知名度の高いデザイン専門学校があります。

東京で本格的にデザインを学びたい場合には、知名度の高いデザイン専門学校に通うために上京するのも良いでしょう。

メリット

知名度の高いデザイン専門学校がある地域に上京することで、ハイレベルな授業を受けることができます。

また、プロとして活躍中の講師や個性的なクラスメイトとの交流など、刺激的な出会いの連続となる可能性がある点が大きなメリットです。

ワクワクする環境の中でデザインについて学ぶことで、デザイナーになる夢に近づきやすくなります。

デメリット

知名度の高いデザイン専門学校は高額な学費がかかることが多いので、十分な費用を準備しておかなければなりません。

また、東京に上京すると生活費がかかるため、入学してからの生活費をどうするのかあらかじめ考えておくことをおすすめします。

十分な費用さえあれば恵まれた環境の中でデザインについて学びながら、たくさんの人との出会いの中で充実した時間を過ごすことができるでしょう。

まとめ

通いやすい場所にデザイン専門学校がない場合、負担がない方法でデザイン専門学校に通う必要があります。

いくつかの方法がありますが、自分に最適な方法を選べばデザイナーに必要なスキルを着実に身につけていくことができるでしょう。

上京するなど大きな決断をする場合には周囲の方に相談して理解を得ることが大切で、心から夢を応援してもらうことが大きな励みとなるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ