おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザイナーに転職したい! デザイン専門学校で短期間で技術を習得する方法

   

デザインの分野に興味があり、今の職種からデザイナーへの転職をお考えの方の中には仕事をしながらどうやってデザインについて学べば良いか悩んでいる方もいます。

幅広い分野のデザインの技術を習得しようとすると長期間学校に通う必要がありますが、興味がある分野を集中的に学ぶことで短期間でデザインの技術の習得を目指せます。

ここでは、デザイン専門学校で短期間で技術を習得する方法をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザインの技術を短期間で習得することのメリット

現在の仕事をしながら効率良く学べる

デザイナーを目指している方の中には、幅広い分野に関する基礎を学んだ上でその中から自分に最適な方向性を定める方がいます。

高校を卒業後に専門学校に入学するのであればこの方法でも良いのですが、社会人としてすでに働いておりデザイナーへの転職を考えている場合、このやり方は必要な技術の習得までに時間がかかる場合があります。

デザイン専門学校の中には、進みたい方向性が定まっている方に対して必要な技術を短期間で集中的に学べるところがあります。

この方法なら、現在の仕事をしながら効率良くデザインの技術を学ぶことができます。

転職活動のための時間を効率良く使える

仕事をしながら転職活動をする場合、いかに時間を効率良く使うかに集中する必要があります。

職種によって忙しい時期とそうでない時期があるので、忙しくない時期を狙ってデザイン専門学校を受講するなど、転職活動に必要な準備を整えると良いでしょう。

短期間で集中的にデザインの技術を習得できれば、即戦力を身につけた上で早めに転職活動の準備ができるので時間を効率良く使えます。

早い段階で作品を制作できるようになる

短期間でデザインの技術を習得することで早い段階で作品を制作できるようになります。

一般的な会社の面接と違って、デザイン会社の面接は履歴書や職務経歴書のほかにデザインの作品を持参する必要があります。

自分の作品を見やすいようにファイルしたものをポートフォリオと呼びますが、クオリティの高い作品を制作しておくことで採用される可能性を高めることができます。

短期間で集中的にデザインを学ぶことでポートフォリオ制作に集中することができます。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイナーに必要な技術を短期間で学ぶための準備

進みたいデザインの方向性をしっかり定める

短期間でデザインの技術を学ぶためには、まずは自分が進みたいデザインの方向性を定めることが大切です。

デザインの分野は幅広く、グラフィックデザイン・イラスト・WEBデザイン・パッケージデザインなどがありますが、進みたい方向性を定めることでどんな技術が必要なのかが分かってきます。

あとは習得したい技術が学べるデザイン専門学校を探せば良いので、夢に向かって大きな一歩を踏み出すことができます。

社会人向けのコースに対応している専門学校を見つける

専門学校のコースの中には、高校を卒業したばかりの方を主に対象としている昼間の通学が必要なコースがあります。

仕事をしながらデザインについて学ぶなら、夜間に学べる社会人向けのコースに対応しているデザイン専門学校を選ぶことが大切です。

デザイン専門学校のホームページを参考にしながら、自分にとって最適なコースを提供しているところを見つけましょう。

短期集中コースを提供している専門学校を見つける

社会人向けの夜間コースを提供しているデザイン専門学校がありますが、学習期間はどのくらいなのか確認しておく必要があります。

夜間コースは社会人にとって受講しやすいというメリットがありますが、最短でデザインの技術を習得したい場合には短期集中コースを提供しているデザイン専門学校がおすすめです。

候補を絞り込んだら学校見学をしてみる

通いたいデザイン専門学校の候補をいくつか見つけたら、その中から自分に最適な専門学校を絞り込んで学校見学をしてみると良いでしょう。

ホームページを見るだけでは分からない、専門学校の雰囲気や生徒達の様子などを体感することができます。

また、専門学校が説明会を開催する時は参加してみて、分からないことについて質問して回答を求めることで安心して学校を選ぶことができます。

デザイン専門学校で短期間で技術を習得する方法

進みたいデザイン分野のコースを申込む

進みたい方向性が定まったらデザインコースの受講申込みをしましょう。

デザイン専門学校のホームページから手軽に申込み手続きをすることができます。

やり方は、ホームページ内の受講申込みボタンを押して、名前・性別・生年月日・住所・電話番号・メールアドレス・受講希望講座・受講費用の支払い方法・出身校・職業などを記入して、本人写真を添付したら送信ボタンを押します。

退社後の夕方からはデザインの学習に専念する

仕事をしている方が社会人向けのデザイン専門学校に通う場合、退社後の夕方からはデザインの学習に専念する必要があります。

短期間でデザインの技術が学べる専門学校のコースなら、集中的に技術の習得を目指せるので気持ちが緩むことなく一気に必要なスキルを身につけることができます。

短期間のコースなら楽しみながら学ぶという姿勢を保ちやすいので、無理なくデザインの学習に専念できるでしょう。

学んだデザインの技術を日常で使ってみる

デザイン専門学校で学んだ技術は、実際に日常で使ってみることで身につけた技術を馴染ませることができます。

グラフィックデザインコースで学んだら、自分のセンスを生かしたポスターの作品を作ってみることで仕事現場での制作のプロセスを把握しやすくなります。

自分のイメージに沿った作品作りを積み重ねることで、よりスキルアップを目指せます。

作品のポートフォリオを製作する

学んだことを日常で使いながらデザインスキルのレベルが上がってきたら、デザイン会社の面接の時に必要となるポートフォリオを制作しましょう。

完成度の高い作品を多くファイルしておけば、即戦力になる人材として注目される可能性があります。

ひとつのテーマで違った表現方法の作品をいくつか用意しておけば、人事の方の目に留まりやすくなります。

仕事をしながらデザイナーに転職する方法

デザイン専門学校を通して求人情報を集める

求人情報を集めるには求人雑誌やハローワークを利用するなどの方法がありますが、最もおすすめなのがザイン専門学校の求人情報を参考にする方法です。

中でもデザイン業界と太いパイプで繋がっている有名な専門学校は質の高い求人情報が多いので、学校選びの段階からデザイン業界への転職に有利なところを選んでおくと良いでしょう。

気になるデザイン会社のホームページに目を通す

入社したいデザイン会社を見つけたら会社のホームページに目を通して、どんな歴史を持つ会社なのかどんな仕事を手掛けているかなど、面接の際に困らないためにも会社に関する情報をしっかり覚えておくようにしましょう。

ホームページは会社のカラーが出やすいので、社内の雰囲気を掴むための参考になります。

現在の仕事のスケジュールを調整して面接を受ける

希望するデザイン会社を絞り込んだら、仕事のスケジュールを調整して面接を受けましょう。

競争率が高い会社の場合、書類選考から面接までに時間を要することもあるので面接の時期が現在の仕事の忙しい時期に被らないように注意する必要があります。

まとめ

仕事をしながらではデザイン専門学校に通えないとお悩みの方がいますが、短期間で集中的にデザインが学べるコースなら無理なく学校に通うことができます。

現在、デザインとはまったく違う職種に就いている方であれば、まずは即戦力をつけた上で転職活動をすることが大切です。

社会人向けのコースを提供しているデザイン専門学校で集中的に学べば、転職活動の流れがスムーズになります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ