おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザインの専門学校を選び基礎から能力を高めることの重要な意味

   

今まで独学でデザインを学んできた人でも、これからデザインを学んでいく人でも、専門学校を選ぶことはとても重要な意味を持っています。

趣味でデザインを学ぶのではなく、将来性を考慮して学んでいくのであれば、なおさら専門学校で基礎から習得しておくべきです。

有名な専門学校を選ぶことで就職も有利になることを知っておきましょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザインを独学で学ぶデメリット

同じようなデザインになってしまう

デザインを独学で学んでいる人は多く、こうした人は自分のデザインに自身を持っている傾向にあります。

確かにこうした独学で学んでいる人は、独自の手法で勉強をしてデザインを学んでいるため、独特な世界観を生み出している傾向もありますが、多くの場合は何かを参考にして描いているため、同じようなデザインになってしまいます。

インターネットなどを参考にしている場合、どれも同じようなデザインになる傾向があり、独学でデザインを学んでいる場合は独自性が薄くなってします傾向にあるのです。

こうしたデザインになってしまえば、すぐに見飽きてしまうようなデザインになってしまい、多くの人の目を引くようなデザインを描くことは難しくなります。

デザインを独学で学んでいくメリットもありますが、デメリットもあることを理解しておきましょう。

基礎が崩れてしまう

また、デザインに限らず、デザインを描くときには基礎がしっかりしていなければイメージ通りに描くことは難しくなります。

独学でも驚くほど上手なデザインは多くありますが、同じように目を引く別のデザインを描くことは難しくなります。

また、そのデザインにもバラつきが起こりやすくなり、上手なデザインをそうではないデザインとかが混在してしまうことになります。

独学で学んでしまった場合、どうしても基礎がしっかりとしていませんので、こうしたバラつきが起こるのです。

こうした状態を防ぐためには、やはりプロによる指導を一度でも受けておくことをおすすめします。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザインの専門学校に通うメリット

デザインの基礎から学べる

デザインの専門学校に通うことで、自分がイメージしているまさに想像通りのデザインを描くことができます。

これは、自分が求めているデザインを基礎から学ぶことができるからです。

デザインを描くことは、当然もともと持っているセンスもありますが、基礎をしっかり体に叩き込んでおけばどのような人でも上達させることができます。

しかし、この基礎こそが最も重要なポイントになり、デザインの専門学校ではまずこの基礎をベースに学ぶことができますので、将来性のあるクリエーターなどになれるのです。

無理に独学で目指すのではなく、デザインの基礎から学べる専門学校を選ぶようにしましょう。

多くのコースでサポートをしてくれる

デザインの専門学校には、とても多くのコースがあるのが一般的です。

例えばデザインの総合コースでは、デザインに関する知識や技術を総合的に学ぶことができ、オールマイティに活躍できる人材になることができます。

手書きのデザインからCGデザインまで幅広い知識を習得しておくことで、そこから独自性を生み出すことができるのです。

また、CGデザインに特化しているコースもあります。

現在とても注目されているこのCGによるデザインは、日本人だけではなく海外の多くの人からも注目されています。

将来性がとても高く、高いニーズが常に見込まれていますので、CGデザインを基礎から学ぶにはやはり専門学校が有利になってきます。

そして、やはりデザインのベースとなるイラストレーターコースは、新たなキャラクターのデザインを生み出すためには欠かせない能力を習得することができます。

表現力などを学ぶことができるようになりますので、イラストレーターはデザインだけの業界だけではなく、他の業界での活躍もできる能力を習得できる可能性があります。

こうしたさまざまな専門学校のコースを上手に活用して、自分が目指している将来に向かって進んでいきましょう。

デザインの専門学校の選び方

サポート能力は必ずチェックする

デザインの専門学校を選ぶときには、必ずサポート能力が優れているかどうかをチェックしておきましょう。

どのような有名な専門学校でも、しっかり最後までサポートを行ってくれるかどうかは大きなポイントになります。

教材を購入して、そのまま後は独自で勉強を行うと言うスタイルではなく、専門の講師が最後までしっかり教育を行ってくれるかどうかなどのポイントは、将来の自分の能力を左右してしまことです。

こうした部分を見極めて、選ぶことができる知識を習得しておきましょう。

卒業生の就職先もチェックしておく

また、卒業生がどのような就職先に就いているかどうかも事前にチェックをしておきましょう。

いくら優れた知識を習得できる専門学校でも、この知識が就職先で活用できる能力かどうかは分かりません。

将来、就職先でしっかり活用できる能力であれば、その専門学校の卒業生は有名な就職先に就いていることが多くなります。

また、専門学校の中には有名な就職先を紹介してくれるようなこともありますので、卒業生がどのような職場に就けることができたのかは必ずチェックしておくべきポイントです。

プロのクリエーターなどが講師であることも重要

そして、教えてくれる講師が現役のプロのクリエーターなどであることも選ぶ基準としておきましょう。

現在プロで活躍していることで、現在のトレンドなどに詳しく、こうした知識も習得することができます。

また、デザインを描くことの能力だけではなく、将来、希望する就職先での実際の仕事内容などの知識なども習得することができるようになりますので、こうしたプロの現役のクリエーターが専門学校に常駐していることはとても有利になります。

こうした専門学校であるかどうかは、インターネットなどの情報からでも得ることができます。

おすすめのデザインの専門学校2選

東京デザイン専門学校

東京デザイン専門学校は、デザインに興味のない人でも知っているほど有名な専門学校です。

基礎から学ぶことができることは当たり前であり、さらに高い能力を身に付けることができる専門学校としても有名です。

とても多くのコースがありますので、自分が目指す道が自ずと見えてきます。

他の専門学校よりも学費などが少し高いと感じるかもしれませんが、将来性を期待して専門学校を選ぶのであれば、東京デザイン専門学校はとてもおすすめできます。

穴吹情報デザイン専門学校

穴吹情報デザイン専門学校は、まさにトレンドと呼ばれる最新のデザイン技術を習得できる専門学校です。

とくにCGデザイン学科に力を入れており、最新の情報を元に能力を向上させていくことができます。

こうしたCGデザインの能力をゲームなどでも生かすことができる能力など、さらに幅を広げた能力までも身に付けることができますので、将来の就職などにとても役に立つことは間違いありません。

穴吹情報デザイン専門学校は、知名度もとても高い専門学校なので、卒業してからの就職にも有利となります。

将来性も考慮して選ぶのではあれば、穴吹情報デザイン専門学校はとてもおすすめです。

まとめ

デザインを学ぶことはとても難しく、とくに独学で学んでしまった場合には独自性が生まれるメリットもありますが、基礎がしっかりしていないデザインになってしまう可能性もあります。

一からしっかり学ぶことを考えた場合には、やはり専門学校などで基礎から習得することが一番です。

費用がかかったとしても、将来性を考慮すれば専門学校で学ぶことは重要です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ