おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザインを学びやすい専門学校『大阪デザイナー専門学校』を紹介!

   

デザイン関連の学科がある専門学校は多く存在しますが、学びづらい環境になっていたら、デザイナーになる事は難しいです。

そこで、おすすめしたいのが『大阪デザイナー専門学校』です。

この専門学校は、多くの生徒たちにとって、学びやすい環境になっているので、短期間でスキルアップする事ができます。

そこで、本校がなぜ学びやすい専門学校になっているのか紹介しましょう。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

大阪デザイナー専門学校の特色

本校が、学びやすい環境になっているのは、恵まれた『設備』になっている事が大きく関係しています。

さらに、信頼度の高い専門学校という事もあって、生徒たちはデザインの勉強に集中しやすいので、詳しく紹介しましょう。

恵まれた設備

本校には『インテリアCADルーム』が完備されていて、インテリアデザイナーにとって重要な『3D CADソフト』を利用して学ぶ事ができます。

さらに『CGルーム』もあって、CGを制作するために必要な物が揃っているので、CGやゲームなどに関連するデザインについて学ぶ事もできるのです。

『ファッション制作アトリエ』もあって、ファッションデザイナーを目指している方には、理想的な環境になっています。

このように、様々な設備を完備しているので、デザインを学びやすい環境の専門学校を探している方には、本校はおすすめです。

関西でも有数の伝統校

充実した設備を完備していても、途中で入学者数が減少していけば、専門学校は継続する事が難しくなってしまいます。

そのような事になれば、最悪のケースでは在学中に専門学校がなくなってしまう事もあり得るので注意しなければいけません。

ところが、本校は関西でも有数の伝統校で、開校してから56年もの歴史を誇っているのです(2018年時点)。

これほど長い間に渡って続けてこられた専門学校なので、途中で入学者数が極端に減少する可能性は低いので、学業に専念しやすい所です。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

本校のおすすめの学科

デザイナーを目指す方にとって、自分が学びたいと思える学科がない専門学校は、入学する意味がありません。

そこで、本校はデザインに関連する学科がいくつもあるので、詳しく解説しましょう。

CG・ゲームデザイン学科

CG・ゲームデザイン学科では、ゲームデザインコース・ゲームキャラクターコース・ゲームグラフィックコース・CGアニメーションコースなどがあります。

ゲームデザインコースではプログラムによってデザインをする事が可能で、ゲームキャラクターコースでは3DCGソフト『MAYA』を利用してキャラクターや背景を制作する事が可能です。

さらにゲームグラフィックコースでは2DCG制作でゲームに必要なキャラクターや背景を学べて、CGアニメーションコースでは『3ds MAX』や『After Effects』などを利用して、CGアニメーションを制作できます。

グラフィックデザイン学科

グラフィックデザイン学科では、グラフィックデザインコース・グラフィックアートコース・広告デザインコース・パッケージデザインコース・雑誌編集&ブックデザインコース・WEBデザインコースなどがあります。

グラフィックデザインコースではグラフィックデザインのスキルを習得できて、グラフィックアートコースでは文字・写真・イラストレーションなどを学べるのです。

広告デザインコースは広告に関連する制作や企画の仕方などを学べて、パッケージデザインコースでは企業から必要とされるようなパッケージデザインを学ぶ事ができます。

雑誌編集&ブックデザインコースは雑誌の装丁やレイアウトなどを学べて、WEBデザインコースではWEBサイトのデザインや運用に必要なスキルを習得する事が可能です。

インテリアデザイン学科

インテリアデザイン学科では、インテリアデザインコース・ショップデザインコース・ホームデザインコースなどがあります。

インテリアデザインコースは住宅やお店の設計技術を学べて、ショップデザインコースでは多くの方たちに注目してもらえるような空間を作るスキルを習得できます。

さらに、ホームデザインコースでは、住まいのインテリアについての専門知識を学ぶ事ができるのです。

プロダクトデザイン学科

プロダクトデザイン学科では、プロダクトデザインコース・生活雑貨デザインコース・家具デザインコース・アクセサリーコースなどがあります。

プロダクトデザインコースは家電製品や乗り物などの構造や機能をデザインする知識を学べて、生活雑貨デザインコースでは文房具やキッチン用品などの企画やデザインをするために必要なスキルを習得できるのです。

家具デザインコースは空間における家具についての知識やスキルを身に付けられて、アクセサリーコースではアクセサリーを制作する技法やアイディアを学べるのです。

ファッションデザイン学科

ファッションデザイン学科では、ファッションデザインコースとコスチュームデザインコースなどがあります。

ファッションデザインコースはファッションに関連のある知識や技術を習得できて、コスチュームデザインはCMに出演する芸能人やアーティストなどの衣装の制作を学ぶ事ができるのです。

本校の立地

本校は、様々な学科を用意しているだけではなく、立地にも恵まれた専門学校です。

実際に、本校は大阪府大阪市北区堂島2丁目にあって、JR大阪駅桜橋口・阪神梅田駅などから10分の所にあります。

そのため、大阪府に住んでいる方であれば、公共交通を利用して通学する事ができるのです。

そのため、車を所有していない方でも、電車を利用して通学する事ができるので、駐車代やガソリン代を気にする必要がありません。

本校の学生マンション&学生寮

本校は、大阪府に住んでいない方でも学びやすいように、様々なマンションや寮と提携しています。

そのため、遠くに住んでいる方でも通学する事が可能なので、どのようなマンションや寮があるのか紹介しましょう。

学生専用マンション

本校が提携している専用マンションは、入学者が学生限定になっているので、知らない方がいるマンションでは敬遠したくなる方でも、気軽に住む事ができます。

さらに、専用マンションから本校までの通学時間は30分程度で済むので、勉強する時間を確保しやすくなっているのです。

そのため、通学時間を短くした分を勉強時間にあてる事ができます。

そして、家具や家電などが付いているマンションもあるので、引越し費用を抑える事もできるのです。

学生寮

本校が提携している学生寮では、朝食と夕食が付いていて、その食事のメニューは栄養バランスが整っているのです。

そのため、学生寮に住んでいる時でも、あまり料理について悩む必要がありません。

さらに、学生寮でも家具が完備されているので、あまり家具を持ち運ぶ必要がないので、気軽に入寮できるのです。

寮長夫婦が常駐しているので、防犯対策を講じられている事から、女性でも気軽に住む事ができます。

そして、入館費や年間管理費などをまとめて、月間5万円の定額払いとなっているので、あまり経済的に余裕がない方でも気軽に入寮できます。

まとめ

本校は、様々な学科やコースが用意されているので、あなたが学んでみたいと思える学科やコースを見つけられる可能性は高いです。

さらに伝統のある専門学校なので、途中で学校経営を行き詰る可能性が低いので、学業に専念しやすい所です。

そのため、デザインを学びやすい専門学校を探している場合には、本校を検討してみる価値があります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ