おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザインを学べる専門学校『日本デザイナー学院』の魅力とは?

   

日本にはデザインを学べる専門学校は多くありますが、その中には技術を教えるだけで、オリジナリティーがあまりないデザイナーになってしまう場合があります。

所が、数多くある専門学校の中には『日本デザイナー学院』のように、オリジナリティーを重視している所もあるのです。

そのため、本校で学べばデザイン業界で活躍できる可能性は高いので、これからデザインを学ぼうとしている方のために、本校の魅力について詳しく紹介しましょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

日本デザイナー学院の特徴

本校は、オリジナリティーを重視した指導方法だけではなく、実践的な授業を行なっています。

さらに生徒たちが、あまりストレスを溜めないような学院生活を送れるようになっているので、本校の特徴について詳しく紹介します。

オリジナリティー

本校では、生徒たち一人一人に『伝える力』や『発想する力』が身につくように指導しています。

デザインを製作するための技術を身についたとしても、自分だけにしか考え付かないものがなければ、デザイン業界で活躍する事は難しいです。

実際に、数多くのデザイナーが考えつくようなデザインを製作しても、あまり魅力を感じられません。

さらに多くの方たちに、自分が考えたデザインの魅力を伝える力がなければ、デザイン業界で円滑に仕事をする事も難しいです。

そのため、デザイン業界で活躍したい方には、伝える力や発想する力が身につけられる本校で、学んでみる事をおすすめします。

実践的な授業

デザインを学べる専門学校では、知識や機材の名称を教える事を重視している所があります。

しかし、そのような読み書きができるだけでは、多くの方たちの心をとらえられるデザインを製作する事は難しいのです。

そこで、本校では実践的な授業を行う事によって、デザイン業界で活躍できるように指導しています。

実際に企業からデザインの仕事を任される時もあるので、学生のうちからデザイン業界で求められるスキルや知識を覚える事もできるのです。

メリハリのある学院生活

デザイナーを目指すために、デザインの勉強をする事は重要ですが、勉強ばかりではストレスを溜めてしまいます。

そのような日々を送っていたら、良いアイディアも浮かばなくなるので、注意しなければいけません。

そこで、本校では数多くのイベントを行なっているので、メリハリのある学院生活を送る事ができます。

そのイベントの種類は、学園祭・展示物・マーケットなどがあります。

このように様々なイベントが行われるので、他の生徒たちとコミュニケーションをとりながら、息抜きをする事もできるのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

本校の充実した設備

本校では、多くの生徒たちが勉強に集中できるように、充実した設備を完備しています。

そこで、この専門学校を詳しく知りたい方のために、どのような設備があるのか紹介するので、見ていきましょう。

資料や機材

本校では『図書館』が完備されていて、ここでは数多くの資料を見る事ができます。

そのため、デザインを製作する際の見本になるので、アイディアが思い浮かばない時には、生徒にとって重要な場所になります。

ただし、書籍や資料から、デザインの見本として利用する場合には、著作権を侵害しないように気を付けて下さい。

そして本校では『スタジオ』も完備していて、モデルや商品を撮影する事も可能です。

そのため、デザインを学びたい方にとって、必要な機材を扱う事もできる場所になっています。

憩いの場

数多くのイベントは、決められた期間しか行われないので、生徒たちがストレスを溜めてしまう可能性があります。

そこで、本校では生徒たちの憩いの場がいくつもあるのです。

そのうちの一つが『学生ホール』で、生徒たちが、くつろぎながら、デザインに関して話し合う事ができます。

さらに『エントランス』もあって、ここでは在学生や卒業生の作品が展示されているのです。

そのため、ここで他の生徒と一緒に作品鑑賞を楽しむ事ができます。

ただしエントランスなので、あまり騒がないようにしたほうが良いので、注意して下さい。

デザインに関係する学科

本校は、デザインに関係する学科が4つあって、それが、ソーシャルデザイン科・ビジュアルデザイン科・グラフィックデザイン科・インテリアデザイン科などです。

学科の種類が4つもあるので、どの学科を選んだら良いのか悩んでしまうと思うので、学科の特徴について詳しく紹介します。

ソーシャルデザイン科

ソーシャルデザイン科では、グラフィックデザイナー・映像クリエイター・地域コーディネーターなどを目指す事ができます。

この学科では、パソコンを操作して、Adobe社のソフト『Adobe CC』を学ぶ事ができるのです。

このソフトはデジタルによる作品を製作する事ができます。

実は日本のデザイン業界では、アナログからデジタルへ移行している所が多くなっているので、Adobe CCを学べるのは大きなメリットです。

さらに一眼レフの使い方や、撮影方法なども学ぶ事ができます。

そのため、一眼レフの使い方を覚えたい方には、ソーシャルデザイン科がおすすめです。

ビジュアルデザイン科

ビジュアルデザイン科では、デジタル映像クリエイター・3DCGデザイナー・デザインエンジニアなどを目指す事ができます。

ここでは、プロジェクションマッピング・AR・VRなどを利用する事ができるので、独学では覚えられない事も勉強できます。

さらにデザイン業界の企業と連携する事によって、産学協同授業も行なっているので、学生のうちからデザイン業界について知りたい方には、おすすめの学科です。

グラフィックデザイン科

グラフィックデザイン科では、文字を使うデザインについて学ぶ所です。

そのため、この学科で学べば、POPデザイナー・タイポグラファー・パッケージデザイナーなどを目指す事ができます。

さらに、様々な道具や画材を使用する事になるので、独学で学べなかった知識を短期間で習得する事が可能です。

そして、キャリアセンターで、個別指導が行われています。

そのため、高校のように授業に追いつけないという事がないので、しっかりとデザインのスキルを習得できます。

インテリアデザイン科

デザイナーを目指す方たちの中には、照明や住空間などをデザインしたい方もいるでしょう。

そのような方におすすめしたいのが、インテリアデザイン科です。

この学科で学べば、インテリアデザイナー・ショップデザイナー・住空間デザイナー・家具&照明デザイナーなどを目指す事ができます。

そして、空間を考える力が身につくように指導しているので、インテリア関連をデザインするスキルを習得できます。

学生寮を完備

本校は様々なデザインの学科を用意していますが、東京都渋谷区にあるので、多くの方たちは遠くから通学する事になってしまいます。

そこで、本校では『学生寮』を完備しているので、東京都民ではなくても学生寮を利用すれば、通学時間を短縮できるのです。

さらに本校の学生寮では、机やタンスなどの生活用品が揃えられているので、あまり家具を購入する必要がありません。

さらに朝・夕の2食も付いてくるので、生徒はデザインの勉強に集中できるようになっています。

まとめ

本校では、デザインを学べる学科が多いだけではなく、数多くの機材やソフトが用意されています。

そのため独学では学べないものを習得できる専門学校なので、デザイナーを目指すために、専門学校へ行くべきか悩んでしまう方でも、本校で学んでみる価値はあります。

そして本校では、オリジナリティーの高いデザインを製作する事はできますが、専門学校の学習期間は短いので、しっかりと勉強に集中する事が重要です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ