おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザインを学べる専門学校『HAL東京』の立地の良さは全国屈指?

   

日本には、デザイナーを目指す事できるカリキュラムを用意している専門学校が数多くあるので、デザイナーになりたい方は、専門学校へ学ぶ方法は有効です。

しかし、デザインを学べる専門学校を選んでも、立地がよくなければ、通学するのに時間をかけてしまいますし、プライベートの時間ではデザインを学べる機会が少なくなってしまいます。

そこで、おすすめしたいのが『HAL東京』です。

この専門学校は、東京の都心にある事から、全国屈指の立地の良さを誇っているのです。

そこで、これからデザインを学べる専門学校を探している方のために、本校について紹介するので、見ていきましょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

HAL東京の魅力

本校は、立地が良いだけではなく、安全や独自教育にも力を入れいている専門学校です。

そのため、本校について詳しく知りたい方には、興味深い所だと思うので、この専門学校の魅力に迫ってみましょう。

立地の良さ

本校は、東京の高層ビルが乱立るすほどの都心『新宿』に位置します。

実際に、日本の専門学校は、地方都市の駅の近くに位置している所は多いのですが、本校のように新宿に位置している専門学校はそれほど多くありません。

もしも本校に入学したら、授業が終わった後に、帰宅する前に東京の街へ遊びに行く事ができます。

その際には、デザインに関係する書籍を多く読む事ができますし、デザインに関連する製品も多く目にする事ができるのです。

そのため、プライベートでもデザインを多く目にしたい方は、新宿に位置している本校へ学んでみる事をおすすめします。

モード学園コクーンタワー

デザイナーになる方は、デザインを勉強できる専門学校へ通学する事が重要ですが、その際には安全設計になっている校舎を選ぶ事が重要になります。

なぜなら、災害によって大怪我をするケースは、自然災害が多い日本では多くあるからです。

東日本大震災が起きる前までは、多くの日本人たちが気にしていたのが『耐震設計』でした。

実際に、地震で倒壊さえなければ、地震による被害はあまり受けないと思っている方がいたのです。

所が、東日本大震災では、津波が多くの建造物を呑み込んでいきました。

そのため、高い建造物にいたほうが安全なのですが、本校は『モード学園コクーンタワー』というビルにあって、このビルは203.65mもあるのです。

このように高いビルにあるので、地震があった時でも簡単に避難する事ができます。

即戦力となる人材教育

多くの専門学校は、生徒たちが就職できるように教育をしているので、最低限の能力を身に付ける事はできます。

しかし、最低限の能力では、周りから求められる仕事を進めていく事が難しいので、注意しなければいけません。

そこで、本校では最低限の能力が身に付くような学習ではなく、デザイン業界で即戦力として活躍できるような授業を行なっているのです。

そのため、1日でも早くデザイナーとして、活躍したい方は、本校で学んでみる価値はあります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザインに関係する学科

本校には、デザインに関係する学科が3つあって、それが、ゲームデザイン学科・グラフィックデザイン学科・カーデザイン学科です。

ただし、この3つの学科では、学べる内容が大きく違っているので、どのような違いがあるのか説明します。

ゲームデザイン学科

昔のゲームは、単純なデザインをしていて、2Dになっていました。

所が、現在ではリアルな3D映像が映し出されるようになっていて、映画と見間違うほどの迫力があります。

その迫力あるCGを製作できるように教えているのが『ゲームデザイン学科』です。

ここでは、多くのゲームを開発してきた『任天堂』の開発や製作技術を授業に導入しているので、この学科で学んでおけばゲーム業界で即戦力として活躍できるのも夢ではありません。

グラフィックデザイン学科

ゲームデザイン学科と同じように『グラフィックデザイン学科』でも、CGデザイナーを目指す事はできます。

しかし、グラフィックデザイン学科では、DTPデザイナーやパッケージデザイナーなども目指せるように、多くのソフトが用意されています。

さらにデザイン技術を習得した後には、デザイン業界で必要となる『マーケティング』や『マネジメント力』も身に付くように勉強する事ができる学科です。

カーデザイン学科

日本は自動車産業が世界でもトップクラスという事もあって、車のデザインが好きな方は多いでしょう。

しかし、日本の専門学校はゲームや書籍のデザインを教える所は多くても、車のデザインを教える所は少ないのです。

所が、本校での『カーデザイン学科』では、カーデザインの経験が豊富な方が、スペシャルゼミを行なってくれます。

そのため、短期間でカーデザインの腕をあげる事が可能です。

充実した設備

本校は、立地が良いだけではなく、設備も充実しています。

その設備の中には、デザインの資料を見つけられる所や、学生が休む事ができる場所もあるので、詳しく紹介しましょう。

図書館

本校には、65,600冊もの書籍を揃えている『図書館』が用意されています。

この図書館であれば、デザインをする際に参考になりそうな書籍を見つける事は可能です。

ただし、デザインの参考にする程度であれば問題はありませんが、デザインをコピーするような事をしてしまえば、著作権侵害になるので注意しなければいけません。

最上階ラウンジ

本校でデザインを学んでいれば、デザイナーになれる日は近づきますが、デザインばかりを学んでいたら、気分が滅入ってしまう事はあり得ます。

所が、本校には『最上階ラウンジ』が用意されているので、生徒たちで世間話をしながら、気分をリラックスさせる事ができます。

そのため、本校でイメージ通りの作品が製作できなくて、スランプに陥った場合には、この最上階ラウンジで気分転換してみるのも悪くありません。

学生をサポートするシステム

本校では学生をサポートするシステムも導入されているので、経済的に余裕がない方や、自宅から本校が遠い方でも通学しやすくなっています。

そこで、本校のサポートシステムをいくつか紹介するので、確認してみて下さい。

奨学金&勤労学生支援

本校では、数多くの奨学金制度があって、その中には『HAL会奨学金制度』があります。

このHAL会奨学金制度では、経済的事情を考えて、学費を補う必要がある方に、卒業年次の学費を納入する際に50万円を支給されるものがあります。

ただし、そのためには、昼間コース・4年制学科の卒業前年次に在学中に生徒で、奨学生としてふさわしい人である事が認められた場合です。

そして『アルバイト進学制度』もあって、本校と提携している企業で働きながら学ぶ制度まであるのです。

このように、奨学金や勤労学生支援などが用意されているので、経済的に余裕のない制度でも、本校であれば、学びやすい環境が整っています。

学生寮

遠い所から専門学校へ通う事は簡単ではないので、本校では『学生寮』を用意しています。

その学生寮では、様々な家具が最初から用意されてあるので、学生寮を利用する方は、引越しにお金をあまり使わないで、学業に専念できるのです。

さらに本校の学生寮は、24時間のインターネットサービスに対応しているので、寮でも、インターネットを利用してデザインの勉強をする事が可能です。

そして、朝・夕の食事もついているので、初めて独り暮らしをする方でも、気軽に新生活を始める事ができます。

まとめ

本校は東京の都心に立地しているだけではなく、様々な学科が用意されていて、カーデザインを学ぶ事ができます。

実際にカーデザインを学べる専門学校は多くないので、他の専門学校では教えてもらえない事が、本校では学ぶ事ができるのです。

さらに本校が入っているモード学園コクーンタワーには、書店・カフェ・コンビニなども入っているので、時間を有効活用しながら学業に専念できます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ