おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザイン専門学校ならWebデザイン専門学校へ? Webデザイン専門学校に行くメリットとは

   

デザイン専門学校にも、いろいろなデザインの専門学校があります。

たとえばインテリアデザインもそうですし、グラフィックデザインもそうです。

また、プロダクトデザインの専門学校もありますし、選択肢はさまざまです。

そんな中、特におすすめなのはWebデザインの専門学校になります。

ここではそんな、Webデザイン専門学校に行くメリットについてみていきます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

就職できる可能性がすごく高い

Webデザイン専門学校に行くメリットとして一番大きいのは、就職できる可能性がすごく高いということです。

いまは、Webデザイナーというのは、なくてはならない存在になっています。

Webサイトなしに何かをやっていくのは難しい時代になっていますから、素敵なサイトをつくりたいと思っている企業や個人はすごく多いです。

そうして素敵なサイトをつくりたいと思っている方が多いということは、Webデザイナーの需要が高いということになります。

なので、基本的にはWebデザイナーというのは就職しやすいのです。

他のデザイン系は就職しづらい

たいして、Webデザイン以外のデザイン専門学校に行った場合は、就職もなかなか厳しくなります。

それはたしかに、まったく就職ができないということはありません。

しかし、思ったような仕事ができないところにしか就職できなかったり、あるいはあまり条件が良くないところにしか就職できなかったりします。

せっかく高いお金をかけてデザインの専門学校にいっているのに、そうしていいところに就職できないのであれば、それはすごくもったいことになります。

でもWebデザインの専門学校ならそうなる可能性は少ないです。

需要が高いということは、条件の良い会社も多いということになりますから。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

しっかりとレベルが上がりやすい

Webデザイン専門学校がおすすめなのは、何も就職しやすいからということだけではありません。

それはたしかに、一番大きいのは就職しやすいからになります。

就職ができないのであれば、デザイン専門学校にいっても意味がありませんから。

でも、それだけではなく、Webデザイン専門学校には、レベルが上がりやすいというメリットがあるのです。

Webデザイン専門学校では、デザインのレベルが上がりやすいです。

なぜなら、他のデザインとは違い、スキルが必要になるからです。

もちろん他のデザインだったスキルは必要です。

でもそれは、デザインをする上でのスキルになります。

たいしてWebデザインのスキルというのは、デザインをする上でのスキルではなく、もっと根本的な、そのデザインをしっかりとWeb上で公開するためのスキルになります。

それは、デザインのレベルとは違い、学べば学ぶだけみになるものであり、スキルを上げてくれるものになります。

だから、Webデザインの専門学校ではスキルが上がりやすいということになります。

デザインだけなら独学でも学べる

これがたとえば、そういう特殊なスキルを身につける必要がない、ただデザインを学ぶだけのことなのであれば、それは別に独学でもできます。

デザイン性というのは結局のところはセンスになります。

だから、デザインのやり方の基礎や機材の扱い方を学んだだけでは、たいして高いレベルにはなれないこともあります。

それならば独学で学んだ方が良いこともあります。

でも、Webデザインのように、デザインのこと以外でのスキルを身につけることができるのであれば、通う意味はあります。

そして、そういうデザインのこと以外でのスキルに関しては、独学で学んでいってもわからないところが出てくるものです。

そうしてわからないところが出てきても、独学の場合ではどうすることもできなかったりします。

しかし学校に通っていれば、そこでわからないことを質問できます。

わからないことをわからないままにしていたらいつまでもスキルは上がりませんが、わからないことを一つ一つ解決していければ、その分だけスキルは上がることになります。

だからやはり、Webデザイン専門学校にいけば、スキルは上がっていくのです。

世界中どこでも求められるスキルが身につく

Webデザイン専門学校では、世界中どこでも求められるスキルが身についていきます。

Webデザイン以外のデザインのスキルは、日本以外ではあまり行かせないことも多いです。

たとえばエディトリアルデザイン。

日本の雑誌と海外の雑誌ではつくりが全然違いますから、専門学校でそれを学んでもあまり海外では活かせません。

そして何より、海外では需要がありません。

でも、Webデザインはそうではないです。

Webデザインのセンスは、日本でも海外でもあまり変わりません。

そしてサイトのつくりも日本でも海外でもあまり変わりません。

だから、日本の専門学校で学んだことは、そのまま海外でも活かしていけるのです。

さらに、海外でもWebデザイナーの需要はすごく高いです。

Webデザインが欲されているのは、なにも日本だけではありません。

当然ながら海外の企業や個人でも、Webデザインは欲しているのです。

ということは当然、Webデザイナーの需要が高いことになり、海外で就職したり、あるいは海外で起業したり、あるいはフリーランスとして海外で活躍することもできるようになったりします。

実際そうするかどうかはさておき、そういう選択肢も選ぶことができるようになるというのが大きいのです。

どこででもいきていけるということ

そうして海外でも仕事ができるということは、どこででも生きていけるということになります。

たとえば日本よりもずっと物価が安いところに暮らして、まるでセレブのような気分を味わうこともできるようになるのです。

理想の暮らしを体現しやすいのは、デザイン系の中では間違いなくWebデザインが一番です。

比較的に楽に通える

Webデザイン専門学校のメリットとして、比較的に楽に通うことができるということもあります。

デザインの専門学校では、それがなんのデザインの専門学校であっても、だいたいの場合で課題がたくさん出ます。

そうして課題がたくさん出るのであれば、それはやはり通うのがしんどくなります。

でも、Webデザインの専門学校の場合は、課題が出てもそれほどしんどくはなりません。

なぜならそこまで難しいことをさせられることが少ないからです。

Webデザインの場合は、他のデザインとはちがって、あまり実用的ではないものを作ることは少ないです。

ということは、あまりデザインに時間をかけたり、細かい作業に時間をとられたりすることがないということです。

もちろん、決してすごく楽なわけではありません。

でも少なくとも、他のデザイン専門学校と比べると楽なことが多いです。

通えなくなるのが一番問題

デザイン専門学校にせっかく入っても、そうして課題についていけず通えなくなる方もいます。

そうなるのは一番問題です。

かけたお金ももったいないですし、その辞め方は心にも響きます。

だから、そうならないようなデザイン専門学校を選ぶことも大切。

Webデザイン専門学校はまさに、そうならないような学校なのです。

まとめ

Webデザイン専門学校のメリットについては、以上のとおりになります。

もちろん、たとえメリットがあるからといって、まったくWebデザインに興味がないのにWebデザインの専門学校に行くのは、あまりおすすめしません。

多少なりとも興味があるからこそ行くべきではあります。

でも、もしそうして多少興味があれば、すごくおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ