おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザイン専門学校の選び方!デザイン専門学校に行くなら有名なところがいい?

   

デザイン専門学校には、有名なところもあれば、名前自体はそこまで知られていないようなところもあります。

そうして知名度に差があると、有名なところに行くべきか、それともあまり名前の知られていないところに行くべきか悩むものです。

実際、デザイン専門学校に行くなら、有名なところとそうでもないところ、どちらに行くべきなのでしょうか?

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

有名なところは先生も有名なことが多い

デザイン専門学校として有名なところは、やはり先生も有名な方が多いです。

もちろん必ずしもそうだというわけではありませんが、あまり有名でない専門学校に比べて、知名度のある先生が集まりやすいのは間違いないでしょう。

ある程度の知名度がある学校であれば、働く方も伯がつきます。

あまり有名でない専門学校で講師をしていると、やはり落ちぶれたと思われてしまうでしょう。

もちろんあまり有名でない専門学校で講師をしているからといって、落ちぶれているとは言えません。

でも、周りにはそう思われてしまう可能性が高いのです。

誰だってそう思われるのは嫌でしょう。

だから、名のある先生であればあるほどに、それなりの知名度のある学校に集まりやすくなると言えるのです。

モチベーションが上がりやすい

ある程度知名度のある先生がいる専門学校の方が、モチベーションが上がりやすいことは間違いないでしょう。

あまり知名度のない先生であっても、その先生と相性がよければ、自然とモチベーションも上がっていくはずです。

でもその相性というのは、実際に通ってみないとわからないところがあります。

だから、いざ入ってみたら、いまいちな先生ばかりでモチベーションが上がらないということも出てくるでしょう。

モチベーションがあがらないと、やはりデザインの専門学校ではついていけなくなるでしょう。

シンプルに課題も多いですし、自主的に学んでいかないとならないことも少なくないです。

でもモチベーションがあがらないと自主的に学ぶのは難しくなりますし、課題もただこなすだけになるでしょう。

それでは成長しないです。

デザインの専門学校で成長して行くためには、モチベーションがあがる鍵は少しでも多い方が良いのです。

先生が有名であれば、一つその鍵が増えるでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

有名なところは生徒数が多いことか多い

ある程度有名な専門学校であれば、生徒数も多いことかおおいです。

あまり有名でない専門学校の場合には、そこに通う前に色々と情報を集めるのが難しいと言えます。

でもやはり、そうしてあまり情報がない専門学校に通うというのは、通う方からしてみるとリスクが大きいことになります。

先の先生の問題もそうですし、授業の内容や設備など、色々な面でリスクを背負うことになります。

でも誰だって、そういうリスクは少ない方が良いと思うものです。

有名なところであれば、そういう情報もたくさん手に入りやすいです。

だから通うに際してリスクがあまりないと言えるのです。

リスクが少なければ、やはりそこに通いたくなるでしょう。

そうして有名なところに人が増えて行くのです。

刺激的な環境であるということ

人が多いということは、それだけ刺激的な環境であるということになります。

人が多いと、その分だけレベルが高い人も多くなるでしょう。

もちろん全体的な数が多い時点で、レベルの低い方もそれなりの数出てくると言えます。

しかし、レベルの高い人も増えてくるのです。

レベルの高い人が増えてくれば、その分やはり自分にとっての刺激になります。

つまり、モチベーションが上がりやすいのです。

そういうところからもモチベーションが上がっていくので、やはり有名なデザイン専門学校は、モチベーションが上がりやすいと言えるでしょう。

有名でないところは指導が細かいことかおおい

では逆にあまり有名でないデザイン専門学校にはどんなメリットがあるでしょうか?

有名なところに比べると、なんとなくメリットが少ないのでないかと思っている方もいるでしょう。

しかしデザイン専門学校では、あまり有名でないデザイン専門学校であっても、それなりにメリットは大きいと言えます。

たとえば、あまり有名でないデザイン専門学校の場合、有名なデザイン専門学校と比べて、指導が細かいことが多いのです。

それは一つのメリットだといえるでしょう。

生徒数が少ないので時間をかけられる

先述の通り、有名なデザイン専門学校には、生徒数がたくさんいると言えます。

そこに生徒が集まって行くということはつまり、あまり有名でないデザイン専門学校には、あまり生徒数がいないということになります。

でもそうして生徒数が少なくなれば、先生1人につきみないといけない生徒の数も少なくなると言えます。

だから基本的には生徒1人1人にたいしてより時間をかけることができるようになるのです。

分からないことが多い方にあっている

そうして細かい次第が受けられる、あまり有名でない、生徒数がそこまでいないデザイン専門学校は、分からないことがおおい方にあっていると言えるでしょう。

分からないことが多い場合、色々なことを質問していかないとなりません。

でも、生徒数が多くて細かい指導が受けづらい場合、なかなかそれも難しいでしょう。

しかしそうして分からないところがわからないままになってしまうと、なかなか成長できなくなります。

成長できないのであれば、デザイン専門学校に通う意味もなくなってしまいます。

それならば独学で勉強していても大差なかったということになってしまうでしょう。

そうなってしまっては残念です。

だからそうならないように、分からないことが多い方は、あまり有名でないデザイン専門学校に通うのがおすすめになります、そこで細かい指導を受けて、一つ一つわからないところを解決していった方が、最終的に就職しやすくなるでしょう。

デザインのレベルが高い方が就職しやすいことは間違いありませんから。

有名でないところはコネクションがあることもある

あまり有名でないデザイン専門学校では、独自のコネクションがあることもおおいです。

たとえば、地元のデザイン関連会社とつながりが深かったりすることもあるのです。

だから、就職時にそのコネクションを活かしていくこともできるでしょう。

デザイン専門学校に行くからには、最終的な目標は、デザイン関係の仕事に就くことでしょう。

あまり有名でない専門学校の場合は、その最終的な目標も比較的に叶えやすいと言えるのです。

有名なところでも就職しづらいわけではない

ただもちろん有名なところでも、就職しづらいわけではありません。

有名であることによってむしろ、勝手に実力を過大評価してくれることもあるかもしれません。

しかし、独自のコネクションのような深いつながりはないことが多いです。

有名なデザイン専門学校もたくさんありますから、なかなか深いつながりはできづらいのです。

だから、最終的には高いデザイン力で勝負していくことにはなるでしょう。

そう考えるとやはり、あまり有名でない専門学校の方が就職しやすいと言えます。

まとめ

有名なデザイン専門学校には、それのよさがあり、あまり有名でないデザイン専門学校にもそれのよさがありました。

なので、これらのそれぞれのメリットをよく見比べて、自分にとってはどっちの専門学校の方があっているか、よく考えてみてください。

大切なことは、自分にとってあっていると思える環境に身を置くことであるということは間違いありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ