おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザイン専門学校を卒業したらすぐにフリーランスになれる?

   

デザイン専門学校ではデザインの基礎や応用だけではなく、学科の選択によって専門的な知識や技術を深く掘り下げて学ぶことができます。

プロのデザイナーを目指して専門学校で学ぶことを決めている方がいるかもしれませんが、中には卒業後すぐにフリーランスのデザイナーになりたい方がいるかもしれません。

ここでは、デザイン専門学校を卒業したらすぐにフリーランスになれるのか見ていきたいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

プロを目指す際に専門学校で学ぶことのメリット

プロに必要な知識と技術が段階に応じて学べる

プロのデザイナーを目指すには、デザインの基礎や応用を学びながらプロの現場で通用する技術を身につけることが大切です。

デザイン専門学校では独自のカリキュラムに沿って、プロに必要なデザインの知識と技術を段階に応じて学ぶことができるのでおすすめです。

初めてデザインを学ぶ方でも段階に応じた学習によって、無理なく必要な技術を身につけることができるのでプロのデザイナーを目指すことができます。

プロの講師に直接デザインの指導をしてもらえる

プロのデザインの現場は仕事内容によってはハードなスケジュールになることもあり、クオリティの高い作品を短期間で制作しなければならないこともあります。

プロの現場で活躍するには技術や知識を身につけるだけではなく、実際にプロの現場で活躍しているデザイナーとの交流を通して現場の厳しさや仕事の楽しさを知ることも大切です。

デザイン専門学校には第一線で活躍中のプロのデザイナーが講師として在籍しているので、講師とのコミュニケーションを通してプロに必要な心構えを身につけることができるのでおすすめです。

プロのデザイナーを目指す多くの仲間と出会える

デザイン専門学校にはプロのデザイナーを目指す多くの人が集まるので、同じ夢を目指す仲間と出会えます。

同じ時間を共有しながら夢について語り合うことは大きな刺激となり、デザインを学ぶ時のモチベーションが高まるのでおすすめです。

夢を目指す途中で悩みが生じた場合でも、信頼できる仲間がいれば悩みについて相談することができるので気持ちが前向きになります。

専門学校の求人情報をもとに就職活動できる

デザイン業界とのパイプが太いデザイン専門学校には質が高い求人情報が集まります。

正社員のデザイナーを目指している方にとって、理想的な求人情報が多く集まる専門学校であればプロへの道を着実に歩むことができるでしょう。

デザイナーとして就職すれば安定的に仕事をすることができるので、プロとしての実績を積むことができます。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

フリーランスのデザイナーに必要な要素

高い技術と独自のデザインセンス

フリーランスのデザイナーは会社に属せず仕事をすることになるため、高い技術と独自のセンスを磨く必要があります。

実績を積むことで過去の作品を見たクライアントの目に留まり、直接仕事依頼が舞い込む可能性がありますが、まったく実績がない場合には自ら営業をする必要があります。

安定的に仕事をするためには高いデザイン技術を身につけて、まずは小さな仕事の実績をコツコツ積み重ねていくことが大切です。

高いコミュニケーション能力と会話力

デザイナーは制作中は黙々とパソコンの画面に向かっていることが多いかもしれませんが、制作に入る前にクライアントや仕事に関係している多くのスタッフとコミュニケーションをとる必要があります。

仕事内容によってメンバーが変わるので、その都度知らない相手ともうまく意見を交換する必要があります。

クライアントの希望を把握しながらより良い作品を完成させるためには、高いコミュニケーション能力が必要なのです。

複数の仕事を同時進行できる処理能力

フリーランスのデザイナーは複数の仕事を同時進行で手掛けることもあるので、うまくスケジュール管理する必要があります。

スケジュール内容を把握した上で、同時進行で仕事を進めていくための処理能力が必要となるので、デザインセンスがあるだけでは仕事がこなせない可能性もあります。

知性と感性のどちらも必要な仕事だからこそやりがいを持って取り組むことができます。

デザインの仕事の納期を守る誠実さと体力

デザイナーは時間に追われることが多いですが、抱えている仕事が複数だと納期が重なり場合によっては徹夜が続くこともあります。

納期を守ることでクライアントからの信頼を得ることができるので、プロのデザイナーとして長く仕事を続けたい場合には納期を守る誠実さとハードな仕事をこなせる体力が必要となります。

デザイナーは、知性・感性・体力などの要素をバランス良く備えていることが大切なのです。

専門学校卒業後にすぐにフリーランスになれるのか

デザイン専門学校ではプロの現場で通用するデザインの知識や技術を身につけることができますが、卒業後にすぐにフリーランスのデザイナーになれないこともあります。

フリーランスのデザイナーとして継続的に仕事の依頼を受けるには、まずは確かな実績が必要となります。

専門学校を卒業した段階ではプロとしての仕事の実績がないため、どんな作品を制作するのか、納期をきちんと守れるのかまったく分からないため、仕事を依頼する側からすると不安になることがあるかもしれません。

デザイン専門学校では卒業するまでに自分の作品をファイルしたポートフォリオを制作しますが、クオリティが高いポートフォリオを制作することで仕事が依頼される可能性もゼロではありません。

しかし、安定的に仕事の依頼を受けることを望んでいる場合には、仕事の実績をアピールすることが最も効果的なので、まずは就職してプロの現場で腕を磨くことが大切です。

専門学校卒業後にフリーランスを目指す方法

就職してデザイナーの実績を積む

デザイン専門学校を卒業後にフリーランスのデザイナーを目指すには、まずは就職して仕事の実績を積むのが近道かもしれません。

デザイン専門学校には数多くの良質な求人が集まるので、自分にとって興味がある分野の理想的なデザイン会社に就職することで、やりがいのある毎日を過ごすことができるでしょう。

正社員としてデザインの仕事を手掛けることで、実績を積みながらお給料がもらえるので安定的に仕事を続けることができます。

プロ向けのデザインのコンテストに応募する

数多くのデザインコンテストがありますが、コンテストの中にはプロ向けのものもあります。

多くのプロのデザイナーが応募しているコンテストの中には注目度が高いものがあるので、受賞することで大企業のクライアントの目に留まり大きな仕事の依頼が舞い込む可能性があります。

大きな仕事に挑戦して大成功を収めることができれば、フリーランスのデザイナーとして独立するチャンスを得ることができる可能性があります。

尊敬するプロのデザイナーのアシスタントをする

尊敬するプロのデザイナーが個人の事務所を持っている場合には、アシスタントになることでプロの現場でクオリティの高い仕事のやり方を学ぶことができます。

才能豊かなデザイナーから学ぶことは、仕事の技術に関することだけではなく内面に関することも含まれているので学ぶことも大きいでしょう。

個人で仕事をすることがどういうことなのか体験から学ぶことができます。

まとめ

フリーランスのデザイナーとしてデザイン業界で仕事をするためには、高い技術やコミュニケーション力など様々な能力が必要となります。

デザイン専門学校ではプロに必要な知識や技術を身につけながら、講師や多くの仲間達との触れ合いの中で内面的成長を促すことができます。

自分の能力一本で仕事をしていきたい場合には、まずはプロの現場でコツコツと仕事の実績を積むことが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ