おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デスクワークに丁度良い液晶モニタとは?5つの液晶モニタのポイント

   

Acer モニター ディスプレイ KA240Hbmidx 24インチ/HDMI端子対応/スピーカー内蔵/ブルーライト軽減

デスクワークをされる方は、ほぼ一日中パソコンに向かっていることになります。

また、職場や自宅でデスクワークをした後も、スマートフォンや携帯電話を日常的に操作する機会はありますので、デスクワークをされる方は目に物凄い負担がかかっている場合が多いです。

自身の目の健康を守るためにも、せめてデスクワークで使用するパソコンの液晶モニタは、目に優しいものを選んで行きましょう。

その他仕事によっては、液晶モニタの性能や機能は選んだほうが作業も捗ります。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶モニタとは

液晶モニタとは、パソコン等で画面を映し出す表示装置の事を言います。

また、パソコンの場合は液晶ディスプレイと呼ばれる事も多く、パソコン本体と液晶ディスプレイが別々に販売されています。

液晶モニタによって、解像度や色合いが異なり、見た目も大きく違ってきますので、購入予定の方はよく見ていきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶モニタが目に与える影響

また、デスクワークで普段から液晶モニタを見る機会の多い方は、液晶モニタが目に与える影響を考えなければいけません。

一般的な液晶モニタはバックライトで、明るく表示させていますので、長時間のデスクワークは目に毒です。

よく液晶モニタを選んでいかないと、目の病気になったり視力低下を引き起こしたりします。

仕事でパソコンを使用するなら、そんな目の影響を考えて、目に優しい液晶モニタを購入するのがおすすめです。

どんな液晶モニタが目に優しいか

目に優しい液晶モニタとしては、以下のようなものがあります。

液晶モニタの購入時にチェックして見て下さい。

画面サイズが大きいもの

画面が小さければ、必然的に文字サイズも小さくなってきます。

設定で大きくすることは出来ても、デスクワークで使用する事を考えると、小さな画面を頻繁にスクロールさせて読むのは実用的ではありません。

また、画面サイズが小さく文字が小さくなると、それだけ画面と目の位置を近くしなければ見にくくなりますので、近視になってしまう原因にもなります。

目に優しい液晶モニタということを考えるなら、なるべく画面サイズは大きいものをチョイスしたほうが良いです。

解像度の良い液晶モニタ

画面サイズの他には解像度も、見ておきたいポイントとなります。

画面サイズが大きくても解像度が極端に低ければ、文字や画像の視認性が悪くなります(細かい字が潰れて読みにくくなるなど)。

また、解像度が低ければ低いほど、画面に映し出した時の品質も悪くなってきますので、ストレス無く快適にパソコンを使いたいなら、解像度はよく見ていきましょう。

最近はSDよりも更に高解像度の、HDやフルHD液晶モニタも販売されています。

フルHDにもなれば、1920×1080もの高解像度ですので、細かい文字も見やすくなり目にかかる負担も少なくなってきます。

ノングレア液晶

液晶モニタには2つのタイプがあります。

一つは光沢液晶、もう一つはノングレア液晶です。

前者の光沢液晶は発色が良いという長所はありますが、画面が光沢していますので、画面に室内の明かりが映り込みやすいと言った短所があります。

デスクワークをしている時に、画面に蛍光灯や室内証明の光が写り込んでしまうと、気が散ってしまいます。

一方、ノングレア液晶は発色面では光沢液晶に負けてしまいますが、映り込みが少なくなるメリットがあります。

チョ時間のデスクワークをする時に、画面に強い光が写り込んでいると、それもまた目に悪影響を及ぼす可能性がありますので、デスクワーク向けのパソコンを選ぶのなら、光沢液晶ではなく映り込みの少ないノングレア液晶がおすすめです。

ちなみに、ビジネスシーンやオフィスでよく使われている法人向けパソコンは、このような理由もあってノングレア液晶がよく採用されています。

見た目の迫力や臨場感、綺麗さを優先させたい時や、オンラインゲームをプレイする時には、光沢液晶のほうが良いこともありますが、ビジネスで使うならノングレア液晶が活躍してくれます。

チラツキの少ない液晶モニタ

液晶モニタはバックライトによって明るさを調整していますが、そのバックライトの寿命が近くなると、寿命がきれかけの蛍光灯のようにチラツキとして現れることがあります。

画面のチラツキも目には良くなく、眼精疲労の他、視力低下を引き起こす原因です。

現在は中古パソコンを安価で手に入れることが可能ですが、バックライト方式の中古パソコンを購入する時には、チラツキがないかも見ていくと良いです。

また、チラツキという観点からは、パソコン画面のリフレッシュレートも見ていくことが大切となります。

リフレッシュレートとは一秒間に画面を何回書き換えることが出来るかを表す単位です。

一秒間に60回画面を書き換える(更新)することが出来る液晶モニタのリフレッシュレートは60hzで表わされます。

液晶モニタのリフレッシュレートは60hz前後あれば、普通の人が見てチラツキを感じる事は少ないと言われますが、低すぎるとチラツキを感じるようになってしまいますので、選ぶ時には高いものを見ていきましょう。

明るさやコントラスト等を調整できる液晶モニタ

デスクワークをする時に、画面の明るさを細かく調整することが出来たり、細かいコントラストや色調の調整ができたりする液晶モニタのほうが目には優しいです。

例えば、太陽の光が照っている日中は、パソコンの画面は明るく設定したほうが見やすくなりますが、暗くなってくると画面の明るさを暗く調節しないと、画面が明るすぎて目が痛く感じてしまう人もいます。

ですから、目を保護したいのなら、部屋の明るさに合わせて明るさやコントラスト、色調を変更できたほうが良い訳です。

最近の液晶モニタの中には、ナイトモードやブルーライト軽減モードに切り替えられる機能が付いているものもありますので、疲れ目を軽減したい方や目を守ってデスクワークをしたい方はそんな液晶モニタもおすすめ出来ます。

その他に見ていきたいポイント

目に優しい液晶モニタを選ぶ際には蒸気のようなポイントをまずはチェックしていくのがおすすめです。

また、その他にも液晶モニタには種類があり、見ていきたいポイントがありますので、もっとこだわりを持って液晶モニタを選びたい方は参考にしてみて下さい。

見やすく目に優しい液晶モニタにすることで、目を保護することが出来ますし、仕事もストレスなく快適に行うことが出来ます。

角度や位置の調整が出来るもの

目の負担だけではなく、体の負担を軽減するためには、細かい角度調整が出来る液晶モニタがおすすめです。

見やすい角度や位置に、画面を調節出来る液晶モニタを使いましょう。

広視野角液晶

視野角は見やすさに影響するポイントです。

広視野角の液晶モニタは、どの角度から見ても綺麗に見えるようになりますので、見たときのストレスが減ってきます。

液晶モニタ本体の機能にも注目

液晶モニタを選ぶ際には、目に優しい事はとても重要ですが、その他の機能面も見ていったほうが良いです。

特にデスクワークで利用する時、ビジネス目的で使う時にはHDMI端子が付いていたほうが外部機器との接続もしやすくなります。

目の保護とは直接的には関係有りませんが、使い勝手に影響してくる部分も見る必要があります。

まとめ

液晶モニタにはこのような見ていきたいポイントがありますので、商品説明に書かれているスペック情報は良く見ていくようにしましょう。

お店の店員さんに、目に優しいおすすめの液晶モニタはどれか聞く手もあります。

また、インターネット通販等で書かれている内容だけでは分からない部分も多いので、実際に家電量販店へ出かけて見比べるのがおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ