おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

バッグデザイナーを目指したい!バッグデザインが学べるデザイン専門学校の選び方

   

トートバッグ ハンドバッグ ビジネスバッグ 2way かばん 手提げ 大容量 通勤 PUレザー アクセサリー付き レディース (ブラック)

ハンドバッグはデザインの美しさだけではなく、機能性も併せて考える必要があるアイテムです。

バッグデザイナーはデザイン性と機能性を併せ持つアイテムを作るというやりがいのある仕事ですが、バッグデザイナーを目指すなら、デザインのやり方やバッグを作るのに必要な高度な技術が身につくデザイン専門学校で学ぶことをおすすめします。

ここでは、バッグデザインが学べるデザイン専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

バッグデザイナーを目指すことのメリット

自分でデザインしたバッグが店頭に並ぶ

バッグが好きな方であれば、こんなバッグがあれば良いのにと、デザインのイメージを膨らませることがあるかもしれません。

洋服はデザイン画・型紙・ミシンがあれば自宅で作ることも可能ですが、バッグは革や厚手のナイロンなど独自の素材を使用して作ることから自分だけでは手軽に作ることができません。

しかし、バッグデザイナーになれば自分でデザインしたバッグが商品化され、店頭に並んで販売されることになるので大きな喜びがあります。

自分でデザインしたバッグを使うことができる

バッグデザイナーになれば、バッグデザインから商品企画などバッグ作りに関する現場に携わることができます。

バッグに欲しい機能を取り入れることも可能なので、自分ならではのアイディアを取り入れたバッグが完成したら、商品として販売されるのはもちろんのこと自分自身で愛用することができるので充実感があります。

オリジナルバッグをたくさんの人に愛用してもらえる

自分がデザインしたバッグが爆発的人気の商品となれば、社会現象を巻き起こすこともあります。

有名ファッション誌に取り上げられることになれば、芸能人やモデルの方にも愛用者が続出する可能性もあるのです。

自分のオリジナルバッグをたくさんの人に愛用してもらえるので、デザイナーとして活動することの喜びを実感することができます。

バッグデザイナーとして海外での活躍の可能性がある

デザインの世界は言葉の壁を越えるので、良質でお洒落なバッグが完成すれば国内だけではなく海外でも注目を浴びる可能性があります。

バッグのオリジナルブランドを立ち上げることも可能で、世界中の多くの方が自分のバッグブランドのファンになることを想像しただけでもワクワクした気持ちになります。

海外での活躍はデザイナーとしての成長に役立つので、新しいデザインを生み出すための基盤となるでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

バッグデザイナーに必要な要素

バッグデザインから製作までの知識と技術を身につける

バッグデザイナーはデザインの良さだけにフォーカスするのではなく、バッグの使い手のことを考えながらいかに使いやすい製品を作り出すかが重要なポイントとなります。

このことから、バッグデザイナーを目指すためにはバッグデザインから製作までの知識と技術をしっかり身につける必要があります。

バッグ作りの土台となるスキルを身につけておけば、アイディアを形にしやすくなるでしょう。

独自の美意識やセンスを磨き続ける意志を持つ

バッグの種類は豊富なのでアイディア次第で斬新な製品を作り出すこともできれば、使いやすさを重視したシンプルな製品を作り出すこともできます。

独自の美意識やセンスを磨き続ける意志を持つこともバッグデザイナーに必要な要素のひとつですが、幅広い分野に興味を持ち毎日の中でより多くの事柄をインプットする習慣を持つことが大切です。

時代が求める製品作りのためのリサーチ能力

時代の流れの中で流行は大きく変化していきますが、バッグもトレンドを意識したものを作ることがあるので、バッグデザイナーは時代が求める製品作りのためのリサーチ能力が必要となります。

バッグデザイナーを目指している場合には、多くの人で賑わう都市に積極的に足を運んでみたり、雑誌やネットを利用してどんな製品が多くの人の心を捉えているのか調べるなどして、毎日の中で様々な角度からリサーチする習慣を身につけると良いでしょう。

バッグ製作のチームで仕事を進めていくための協調性

製品としてのバッグを作り上げて多くのショップに取り扱ってもらうまでには、デザイン・製作・販売のチームが心をひとつにして同じ目標に向かって協力することが大切です。

バッグデザイナーはチームで仕事を進めていくための協調性が必要な職種で、自分のセンスを信頼する気持ちも大切ですが、周囲からより良い製品を作るための提案があれば柔軟に取り入れる器量も必要です。

まったく違う視点を持ったプロと組むことでより良い製品作りが可能となるので、コミュニケーション能力も磨いておくと良いでしょう。

バッグデザインが学べるデザイン専門学校の選び方

ファッションクラフトデザイン学科がある学校を選ぶ

バッグデザイナーを目指すためには、数あるデザイン専門学校の中からファッションクラフトデザイン学科がある学校を選ぶ必要があります。

この学科ではバッグデザインに関する基本から応用までを丁寧に学ぶことができるので、将来バッグ製作に携わりたい方におすすめです。

必要な事柄を掘り下げて学べるので、プロとして活躍する際の大きな力となるでしょう。

バッグに関する専門知識と技術が学べる学校を選ぶ

バッグデザイナーを目指す時、デザイン画さえ描ければ良いのではなく、デザインから製作までの一通りの知識と技術を身につけているほうが商品化がスムーズになります。

自由な発想でバッグのデザインだけを手掛けることは絵心があればさほど難しくないのですが、バッグ作りの基本が分かっているほうが自由な発想を取り入れつつ無理なく製品化できるデザインを生み出すことができます。

プロと同じ仕事の流れを経験できる学校を選ぶ

学生としてバッグ製作に携わるのと、プロとして売れる商品を作るためにバッグ製作に携わるのとでは製作のプロセスに大きな違いがあります。

デザイン専門学校を選ぶ時には、プロと同じ仕事の流れを経験できるカリキュラムが提供されているところを選ぶと良いでしょう。

バッグ製作の現場は即戦力を必要としているので、学生の時にプロに必要な経験を積んでおけばいざ働き始めた時に落ち着いて仕事に取り組むことができます。

オリジナルバッグを実際に製作する学校を選ぶ

バッグデザイナーを目指すためにデザイン専門学校を選ぶ時には、バッグデザインについて一通り学んだ後に実際にオリジナルバッグを製作する学校を選ぶと良いでしょう。

自分の手でデザイン画を描き、製作のプロセスを自分で手掛けることでバッグ作りの流れが頭の中だけの理解ではなく経験を通してしっかり身につきます。

また、製作したバッグの作品は大切な実績として就職活動の際に役立ちます。

デザイン専門学校在学中にしておきたいこと

デザイン専門学校在学中に、デザイン画や実際に製作したオリジナルバッグの作品などを自分の大切な実績としてまとめておくことが大切です。

作品をまとめたものをポートフォリオとして就職活動の際に担当者に見せることで、自分の能力をアピールすることができます。

バッグデザインのポートフォリオは採用のための大きなポイントとなるので、丁寧に製作しておきましょう。

まとめ

バッグデザイナーを目指すには、デザイン画を描くための技術やバッグ製作のための技術、日々センスを磨くために努力を積み重ねるなど様々な要素が必要となります。

デザイン専門学校の中にはバッグデザイナーに必要な知識と技術が身につくだけではなく、プロとしてどんな流れの中で仕事をするのか体験可能な学校もあります。

即戦力に繋がるスキルが身につくデザイン専門学校なら、安心してプロの現場で活躍することができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ