おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

バッグ選びも重要!タブレット端末を入れるのに適切なバッグとは?

      2017/09/08

Amazonベーシック タブレットスリーブバッグ8.0インチ for iPad Mini / Samsung Galaxy

タブレット端末を使用するのであれば、当然そのタブレット端末を入れるバッグも持ち歩かないとならないでしょう。

これがスマートフォンであればポケットの中にいれることもできますが、タブレット端末の場合はそうはいきません。

まずポケットには入りませんから、バッグは必須です。

そこでここでは、タブレット端末を入れるのに適切なバッグについて紹介します。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

タブレット端末を入れるならクラッチがおすすめ

まず最初におすすめしたい、タブレット端末を入れる為のバッグは、クラッチバッグです。

クラッチバッグはタブレット端末を入れるのにまずちょうど良いサイズだと言えるでしょう。

大きすぎるバッグにタブレット端末を入れると、中で沢山揺れてしまい、やはり心配になります。

そして当然荷物が多くなるので、必然的に荷物も増えていくと言えるでしょう。

そうして荷物が増えていくと、タブレット端末を取り出す際にすごく取り出しづらくなります。

それが問題なのです。

使いたいタイミングで取り出せないとダメ

スマートフォンは、取り出したいタイミングですぐに取り出すことが出来たでしょう。

なので、タブレット端末でも取り出しタイミングですぐに取り出せないとイライラしてしまいます。

そうしてイライラしながら使うというのは、当然ながらよくないと言えるでしょう。

だから、おすすめなのはクラッチバッグになるのです。

クラッチバッグは、サイズ的にあまり大きくないので、タブレット端末を入れたらそれだけでかなりスペースはうまるものがほとんどになるでしょう。

ということはつまり、他にものが入らないので、取り出す際に手間取ることが無くなります。

だからすごく使いやすいのです。

手に持っているのでスピーディーに取り出せる

またクラッチバッグは、他のバッグとは違い、ただ唯一、手に持って使うバッグになります。

他のバッグの場合は、肩にかけたりしょったりして使います。

なので、中身を取り出す際には、そこから一旦おろさないとならないでしょう。

でも手に持って使うクラッチバッグであれば、まずそうなることはありません。

ただただそのままチャックを開けたりボタンをはずしたりして中身を取り出すだけです。

タブレット端末の使いやすさに関しては群を抜いているでしょう。

もちろん常に手に持っていないとならないという邪魔巻はありますが、それも慣れてしまえばどうということはありません。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

中にクッションがあることは必須

(クチュリオール) COUTURIOR 選べる 見つかる レザー クラッチバッグ ブラック (編み込み medium)

形状はクラッチバッグがおすすめですが、その機能性においても必要な機能があります。

それが、クッションです。

クラッチバッグは、他のバッグに比べると落としやすいバッグだと言えます。

ほかのバッグはストラップが切れない限り落としてしまうということはまずないでしょう。

しかし、クラッチバッグの場合は、ちょっと手を滑らせただけで落としてしまうことになります。

それはやはりいささか問題だと言えるでしょう。

なので、万が一落とした時の為のクッションというのは必須になります。

クッションがないと一発でアウトなことも

もちろんクッションがあったからと言って、落としても大丈夫と言うわけではありません。

クッションがあろうがなかろうが、落としたらそれによって壊れてしまう可能性はあります。

でも、もしクッションが無かったら、一回落としただけで一発アウトになることが多いです。

それはやはりすごく問題だと言えるのではないでしょうか?

どれだけ気を付けていても、落としてしまうことはあります。

それは仕方がないことなのです。

なので、落とさないように気を付けるというよりは、落としても最悪なんとかなるようにするのが適切だと言えるのです。

では、クラッチバッグを落としても中に入っているタブレット端末を壊さないようにするためにはどうしたらよいでしょうか?

それは、クッションを入れることに他ならないでしょう。

だからクラッチバッグにはクッションが必要だと言えるのです。

タブレット端末を持ち運ぶ用のクラッチバッグも最近ではたくさんありますから、そういう物を探すと良いでしょう。

あるいは、タブレット端末を入れる用のクッションでなくとも、そのクラッチバッグに入れることが出来るクッションがあればそれで良いので、そういうクッションを探すのもアリです。

クラッチバッグでも大きいクラッチはダメ

クラッチバッグをおすすめした理由の一つに、クラッチバッグならば余計なスペースがないので、荷物が増えないという点がありました。

しかし、最近ではすごく大きなタイプのクラッチバッグもたくさんあります。

そしてそういう物はえてしてデザイン的にも優れているものが多いです。

なのでついついそういう物を買いたくなることもあるでしょう。

でもそれは良くありません。

クラッチバッグでも、大きいクラッチはダメなのです。

あくまでも、ちょうどタブレット端末が入るクッションつきの物か、あるいはクッションとタブレット端末を入れてちょうど良くなる位のものを買うようにしてください。

大きいクラッチはそもそも持ち運ぶの面倒になる

大きいクラッチがダメな理由は、荷物が増えてしまうことなどが挙げられますが、意外と大きな理由として、大きすぎるとそもそも持ち運ぶのが面倒になるという点もあります。

大きいクラッチは、持ち運ぶのがすごく面倒になるはずです。

手に持って運ぶのにそれが大きいと、今日はいいかなと思うことも絶対に出てくるのです。

そうして今日はいいかなと思う日が出てきたら、また次の日にも持ち歩かない可能性が高くなります。

そうやってどんどんタブレット端末を外で使わなくなるのです。

でも、外で使わないのであればやはりタブレット端末が勿体ないです。

もちろん絶対に外で使わないとならないというわけではありませんが、それでも外で使った方が契約の元をとれることは間違いありません。

なので、持ち歩きやすい小さいサイズのクラッチが適切なのです。

防水のクラッチだったらなお良い

タブレット端末を入れるクラッチバッグは、防水仕様だったらなお適切だと言えるでしょう。

クラッチバッグは手に持って運ぶバッグになります。

ということは、雨風も比較的に当たりやすいと言えるでしょう。

サイズ的に服の中にいれて隠すということも出来ますが、やはりいちいちそうするよりも、そもそも防水のクラッチバッグを買うのが一番適切でしょう。

もちろん防水だからと言ってもソレをうのみにしてガンガン雨風にさらしていいわけではありません。

いくら防水をうたっていても、どんな環境でも必ずしも防水が出来るというわけではないでしょうし、水が入らなくても何らかのトラブルに見舞われる可能性はありますから。

なので、たとえ防水のクラッチを使っていてもなるべく雨風が当たらないように持つ必要はあるでしょう。

しかし、防水仕様のものとそうでないものでは安心感が桁違いなことは間違いありません。

だからやはり、タブレット端末の為にクラッチバッグを買うのであれば、防水仕様になっているものを買うのがおすすめです。

まとめ

(クチュリオール) COUTURIOR レザー クラッチバッグ 黒 ボーダー型押し メンズ

タブレット端末の為に使用するのは、クラッチバッグがおすすめです。

そしてそれは、防水仕様で、クッションがついていて、さらにタブレット端末がちょうど入るくらいの大きくないサイズ感であればさらに完璧です。

是非そういうクラッチバッグを一度探してみてください。

するとタブレット端末をより積極的に使えるようになるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末