おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

バンタンデザイン研究所は生徒の夢を叶えられる専門学校?

   

日本人は安定志向の方が多くいますが、それでも平凡な人生を歩まないで、デザイン業界で活躍したいと思っている方も多くいます。

しかしデザイン業界で活躍するためには、プロとして認められるようなスキルが必要です。

そこで、東京や大阪にある専門学校『バンタンデザイン研究所』では、デザインに詳しくない方でも、プロに必要なスキルを身に付けられるような授業を行なっています。

そのため、今までデザインを勉強してこなかったので、デザインの道に歩むべきか悩んでいる方には、興味深い専門学校だと思うので詳しく紹介しましょう。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

バンタンデザイン研究所の特色

本校には、デザインを学んでこなかった生徒でも、高いスキルを身に付けさせる事ができるポイントがいくつもあります。

そこで、どのようなポイントがあって、短期間で高いスキルを身に付ける事ができるのか紹介するので、確認してみて下さい。

充実した設備

本校は生徒一人一人が、思う存分にデザインを勉強できるように、撮影スタジオやMacルームなどが完備されています。

実際に、日本国内にある専門学校の中には、設備が生徒の数に追いつけなくて、生徒一人一人がデザインについて勉強できない所もあるのです。

そのような所では、生徒二人が1台のパソコンを共有する事になるので、効率的にデザインを勉強する事ができません。

そのような事を考えたら、充実した設備を完備しているのは、本校の大きな魅力です。

在籍する講師

本校は、設備を完備しているだけではなく、優秀な講師陣がいます。

その講師陣の中には、デザイン業界で活躍しているプロが何名もいるので、本校で学べば短期間で高いスキルを身に付ける事ができるのです。

実際に高いスキルを身に付けている講師でも、デザイン業界の事をよく知らなければ、プロになるために必要なスキルが分からない可能性があります。

そのような事になれば、プロになるために専門学校でデザインを学ぶ意味がなくなってしまうので、注意しなければいけません。

そのため、デザイン業界でプロとして活躍したい方には、本校で学んでみる事をおすすめします。

少人数クラス制

高校で授業を受けていた時に、思ったように成績がよくなかった方は「自分がデザインを学んでもプロになれる訳がない」と思ってしまうかもしれません。

所が、本校では『少人数クラス制』を採用しているので、生徒一人一人にしっかりと指導する事を実現しています。

そのため、高校のように生徒が授業に追いつけないようなケースが少ないのです。

そのような授業方針を採用している専門学校なので、高校まで上手く成績を上げられなかった方でも、本校であればスキルアップできる可能性は高いです。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

息抜きもできる専門学校

専門学校は学習期間が短いので、集中的にスキルアップする必要があるので、詰め込み教育に近いものがあります。

所が、本校では生徒たちが息抜きできる『海外研修』や『年間行事』がいくつもあるので、適度に力を抜いて、授業に取り組めるようになっているので詳しく紹介します。

海外研修

本校の海外研修は、今まで様々な所で行われてきましたが、その中でも注目すべき所が『ニューヨーク』です。

このニューヨークは、アメリカ合衆国の最大の都市で、デザインの最先端の街でもあります。

そのような所で、海外研修を行えば、デザインを勉強できるだけではなく、ショッピングを楽しむ事もできるのです。

さらにアジアにも海外研修に行って、台湾・香港・韓国などでもデザインを学ぶ事ができます。

このように、海外でデザインと向き合う事もできるので、授業内容に退屈してきた方でも、気分転換する事によって勉強に集中する事ができるのです。

年間行事

本校では、海外研修の他にも、様々な年間行事が行われていて『夏祭り・BBQ緑のカレー大会』や『スポーツフェスティバル』など、身体を動かすイベントがあります。

実際に、デザインは身体をあまり動かさないので、運動不足になりやすいです。

そのため、適度に身体を動かすイベントを楽しんでおけば、運動不足の解消できますし、気分転換にもなります。

さらに『クリスマスパーティ』も行われているので、学生同士でコミュニケーションを取る事もできるのです。

実際にデザイン業界で仕事をする際には、多くの方たちとコミュニケーションを取る事も重要なので、本校のイベントは貴重な経験になります。

デザイン関連の学科

本校では、デザイン関連の学科が3つあって、それが、デザイン学科・フォトグラフィ学科・WSデザイン/フォト学科などがあります。

そのため、どこの学科を選べば良いのか、悩んでしまいがちです。

そこで、3つの学科の特徴について紹介するので、確認してみて下さい。

デザイン学科

デザイン学科では、グラフィックソフトを使用する事によって、映像や写真などを使用してデザインを製作していきます。

この学科で学べば、グラフィックデザイナー・Webデザイナー・イラストレーターなどを目指す事ができるのです。

そのため、パソコンを操作してデザインを製作したい方に合う学科になります。

そして2年次にはポートフォリオや就職対策講座もあるので、就職活動を有利に進める事ができます。

そのため、デザイン業界の就職活動について、不安を感じてしまう方でも、この学科であれば自信を持って取り組む事ができるのです。

フォトグラフィ学科

フォトグラフィ学科は、名前の通りで写真撮影について、詳しく学ぶ事ができる学科です。

実際に、この学科で学んで目指せる職業は、コマーシャルフォトグラファ・スポーツフォトグラファ・写真作家・ファッションフォトグラファなどです。

そのため、写真を撮る事が好きな方には、フォトグラファ学科で学ぶ事をおすすめします。

ただしカリキュラムの内容では、写真を撮影するだけではなく、デッサンも行うので、写真撮影だけを学びたいと思っている方は注意して下さい。

WSデザイン/フォト学科

WSデザイン/フォト学科では、他の学科と大きく異なっている部分があって、それは授業を行う日数です。

実は、この学科では週に授業を行うのは3回だけになっています。

そのため、授業料が払えない方でも、アルバイトをしながら学ぶ事もできるのです。

このように学べる内容は少なくなってしまう学科ですが、デザインと企画力の2つを学ぶ事ができます。

そのため、専門知識を集中的に学ぶ方よりも、デザインの知識を幅広く身に付けたい方に、おすすめの学科です。

魅力的な就職サポートシステム

デザイン関連の専門学校で、高いスキルを身に付けても、就職活動に失敗したら、デザイン業界で働く事ができません。

そこで本校では、生徒たちが希望する企業で働けるように『就職サポートシステム』を用意しているので、どのような内容のシステムなのか紹介します。

学内の就職説明会

多くの専門学校では、生徒たちが就職説明会へ参加する場合には、その企業まで足を運ぶ事になります。

しかし、そのような事をしていたら、時間をかける事になるので、ポートフォリオを作成する時間を確保できない上に、様々な企業の説明会へ参加する事が難しくなってしまいます。

所が、本校では、学内で『就職説明会』が行われているのです。

そのため、ポートフォリオを作成する時間を確保しやすくなりますし、様々な企業の説明会へ参加する事もできます。

スカウト制度

本校では、デザイン業界の企業の人事が特別な授業を行ってくれています。

さらに優秀な学生には、直にスカウトする制度まで用意されているので、就職活動を有利に進める事ができるのです。

そのため、本校の年間求人数は1,000件を超えています。

その中には人気企業も数多くあるので、あなたが働きたいと思っている企業で内定を貰う事も夢ではありません。

まとめ

本校は、設備が充実している専門学校なので、生徒一人一人が、短期間でスキルアップできる環境になっています。

さらに少人数制になっているので、多くの方が授業に追いつけるようになっていますし、分からない事があれば、講師に質問しやすくなっているのです。

そのため、デザインの仕事に就きたいと考えている方は、本校で学んでみる価値はあります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ