おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

パソコンが苦手でもデザイン専門学校でデザインは学べる?

   

プロのデザイナーを目指すためにデザイン専門学校で学ぶ方が数多くいますが、中にはパソコンの操作が苦手であることからデザイナーになれるかどうか不安な方もいるようです。

パソコンが苦手でもデザイン専門学校の授業についていくことはできるのでしょうか。

ここでは、デザインにおけるパソコンの重要性やパソコンが苦手な方でもデザイナーを目指せるのかを見ていきたいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザインにおけるパソコンの重要性とは

デザイン業界ではパソコンはなくてはならないもののひとつで、パソコン抜きで仕事をすることはできません。

パソコンを使ってどのようなプロセスを経てデザインが仕上がるのでしょうか。

さっそくデザインにおけるパソコンの重要性について見ていきたいと思いますす。

デザインは複数の素材をひとつにまとめる必要がある

デザインの作品を完成させるには文字や写真をレイアウトする必要があるので、複数の素材をひとつのデザインにまとめる必要があります。

パソコンとソフトは複数の素材をひとつにまとめる作業に適したものなので、デザインの仕事には必ずパソコンが必要となるのです。

パソコンとソフトがあれば、それぞれの素材をひとつにまとめる段階で大きさや色などを自由自在に調節できるので修正の必要がある場合でも作業が簡単です。

アナログのイラストでもパソコンで取り込む必要がある

デザインの中に手描きで描いたようなイラストが使われることがあります。

イラストを描く段階では手描きのアナログな素材だったとしても、イラストや文字をはじめとするすべての素材をまとめる段階では手描きのイラストを一旦パソコンに取り込んでデータ化した上でデザインに取り入れます。

デザインを手作業で完成させることはほとんどないので、デザイナーはパソコンのスキルを必ず身につけておく必要があるのです。

複数のプロがひとつの作品に携わることがある

デザインのすべてのプロセスを一人のデザイナーがすべてこなすこともありますが、デザインの仕事によってはデザイナーやイラストレーター、ライターなどの複数のプロがチームを組んで作品を完成させることがあります。

それぞれのプロが自分の仕事に集中することになりますが、互いにパソコン上でデータのやり取りを行うのでパソコンが使えないとなると仕事が滞ることになります。

プロのデザイナーとして幅広く仕事をするためにも、パソコンのスキルを身につけておく必要があります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

パソコンが苦手でもデザイナーを目指せるのか

デザイナーを目指すなら、デザイン専門学校で基礎から応用までをしっかり学ぶのがおすすめです。

ほとんどのデザイン専門学校ではパソコンを使った授業を実施していますが、果たしてパソコンが苦手な場合でも授業を通してパソコンのスキルを身につけることはできるのでしょうか。

デザイン専門学校で必要なスキルを身につければ可能

デザイン専門学校に入学する方の中には、もともとパソコンの操作が得意な方もいればほとんどパソコンを使ったことがない方もいます。

デザイナーを目指す場合パソコンのスキルが必要ですが、授業の中で段階に応じてパソコンのスキルを磨いていくので、パソコンが苦手な方でもデザイナーを目指すことができます。

パソコンを使って作品を作る時間を多く持つことで可能

パソコンが得意な方と苦手な方ではスタート地点でスキルに差があります。

パソコンが苦手でもデザイナーになりたいという意志が固い場合には、パソコンのスキルの上達を早めるためにもパソコンを使って作品を作る時間を多く持つことが大切です。

その日に習った内容をその日のうちに復習するなど、日々パソコンに触れることで使い方のコツが掴めてくるでしょう。

パソコンが苦手な方のデザイン専門学校の選び方

パソコンが苦手だったとしても、デザイン専門学校のカリキュラムの中にパソコンを使ったデザインの授業が組み込まれているので安心して学ぶことができます。

パソコン初心者の方がプロのデザイナーに必要なスキルを身につけるには、どのような専門学校を選べば良いのでしょうか。

パソコン初心者でも学びやすいデザイン専門学校を選ぶ

デザイン専門学校の中には、授業を通してパソコンのソフトの使い方を学べるので練習を重ねるうちにデザイン分野でのパソコンの操作ができるようになります。

しかし、初心者の方がより安心してパソコンが扱えるようになるためには、基礎的な授業をしっかり時間を取って学べるデザイン専門学校がおすすめです。

このような専門学校なら、初歩的なところから応用に至るまで、段階に応じて無理なくデザインのスキルを身につけることができるでしょう。

最新の機材が揃っているデザイン専門学校を選ぶ

デザイン専門学校には最新の機材が揃っていて、整った環境でデザインを学べるところがあります。

プロの現場と同じ環境でデザインが学べる専門学校なら、プロに必要なスキルを効率良く身につけることができます。

授業を通してプロがどのようにデザインの仕事をするのか、実践で理解することができればパソコンが苦手だという意識も薄れていきます。

パソコンのことがまったく分からない場合の対策

パソコンをまったく使ったことがない方の場合、いざ入学してもデザイン専門学校の授業についていけるか不安が大きくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、いくつかの対策をとることでパソコンに慣れることができます。

その対策法とはどのようなものでしょうか。

専門学校入学前にパソコンの基本的操作を学んでおく

デザイン専門学校に入学する前の春休みを利用して、パソコン教室に通って基本的な操作方法を学んでおくことでパソコンに対する苦手意識を克服することができます。

一般的なパソコン教室では、最新のソフトを使ったデザインのスキルを学ぶことはできませんが、パソコンそのものに慣れることが可能です。

ある程度の操作方法をマスターしておけば、安心してデザイン専門学校の機材を使った科目に取り組むことができるでしょう。

専門学校とCGデザイン通信講座のWスクールを実践

デザイン専門学校でパソコンを使った授業がスタートした時に、クラスについていけるかどうしても不安な場合には、専門学校とCGデザインの通信講座のWスクールを実践すると良いでしょう。

通信講座の中には、CGソフトの使い方など必要な講座だけを選んで受講できるリーズナブルなものがあるので、パソコンを使ったデザインのスキルが磨かれていきます。

パソコンを持っていない場合はどうしたら良いのか

デザイン専門学校に入学してデザインを学ぶ際に、科目ごとに課題提出があります。

自宅で課題に取り組んだり、専門学校によっては開放教室もあるので学校の機材を使って課題制作に取り組むこともできます。

パソコンを持っていないと課題作品を制作できないので、入学前に学校が推進するパソコンを調べておくなどして必要な機材を揃えておきましょう。

パソコン・ソフト・ペンタブレットなどデザインに必要なものをしっかり準備しておけば、安心して授業を受けることができます。

まとめ

パソコンが苦手でも入学前にいくつかの対策をとって実践しておけば、心の準備ができるのでリラックスした気持ちで授業を受けることができるでしょう。

デザイン専門学校では初心者の方でも無理のないペースでデザインを学べる授業内容となっているところがあるので、自分に最適な学校を選んでデザイナーになる夢に近づいていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ