おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ファッションのデザインを学べる専門学校 ベスト4選!

   

日本ではファッションデザイナーを目指している方は多くいますが、競争相手が多いだけに、簡単にファッション関連の仕事に就く事はできません。

そのため、多くの方たちがファッションのデザインを学べる専門学校へ通学して、夢を叶えています。

しかしファッション関連の専門学校は数多くあるので、どの学校へ学べば良いのか悩んでしまう方は多いでしょう。

そこで、数多くある専門学校の中から、おすすめの4校を紹介するので参考にしてみて下さい。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

青山ファッションカレッジ

ファッションに興味がある方であれば、多くの方が『青山エリア』を憧れるでしょう。

その青山エリアからファッションのデザインを学べるのが『青山ファッションカレッジ』です。

この専門学校は、立地が良いだけではなく、ファッションのデザインを効率的に学ぶ事ができるので詳しく紹介しましょう。

学校の特徴

本校では『少人数制』を採用しているので、生徒一人一人がファションのデザインをしっかりと勉強できるようになっています。

実際に小学校から高校まで、授業についていけない方が多いのは、講師一人につき、30~40人もの生徒を受け持っていた事が大きな原因です。

このように大勢の生徒を全て把握する事は難しいのですが、本校のように少人数制であれば、しっかりと把握する事ができます。

さらに講師陣は優秀な方が多くいて、服飾デザインからカラーコーディネートの方までいるので、しっかりとファッションのデザインについて学ぶ事ができます。

そのため、今までファッションのデザインについて詳しく知らなかった方でも、本校で学べばファッションの仕事に就くのも夢ではありません。

カリキュラム

本校には、ファッションクリエーター科・ファッションビジネス科・ファッションモデル科・スタイリスト&コーディネーター科などがあります。

それぞれカリキュラムが大きく異なっていて、ファッションクリエーター科ではデザイン画からCADまで幅広く学ぶ事ができて、ファッションビジネス科ではマーケティングや語学などを学ぶ事ができるのです。

さらにスタイリスト&コーディネーター科ではスタイリストの仕事を学ぶ事ができて、ファッションモデル科ではモデルさんのスタイリングやヘアメイクなどのスキルを習得していきます。

このように、学科によって違いがあるので、あなたが目指したい職業に応じて、学ぶべき学科を選ぶようにして下さい。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

文化服装学院

ファッションデザイナーの仕事をしたいと思っていても、高校生まではファッションについて学べる機会は多くありません。

そのため、多くの方たちがファッションについて詳しく知らないので、ファッション関連の仕事に就けるか心配に思うでしょう。

所が『文化服装学院』では、初心者の方でもファッション業界で活躍できるようになるので、その秘密に迫ってみます。

学校の特徴

本校に入学してくる生徒は、90%の方がファッションに関しては初心者です。

それでも本校は、ファッション業界から信頼されていて、30万人以上もの卒業生を送り出してきた実績があります。

さらに本校は恵まれた施設を完備していて、地上20階・地下1階建の校舎になります。

それほどの規模を誇る校舎なので、フロアー数は15もあって、ファッションのデザインを学べる設備が充実しているのです。

実際に『コスチューム資料室』を完備していて、企業製品から学内のファッションショーに出された作品などが保管されているのです。

さらに『映像資料室』もあって、パリ・ミラノ・東京などのコレクションの画像を検索できたり、ファッション関連の映画を閲覧できたりします。

カリキュラム

本校には、服飾専門課程・ファッション工科専門課程・ファッション流通専門課程・ファッション工芸専門課程などがあります。

服飾専門工程は服飾に関係するデザイン製作から応用まで指導していて、ファッション工科専門課程はアパレル業界で活躍できる人材を育成してているのです。

ファッション流通専門課程はファッション流通に関連する知識や技術を指導していて、ファッション工芸専門課程はファッショングッズの基礎から応用を指導しているのです。

さらに本校は夜間部もあって、服飾専門課程部 服飾科やファッション流通専門課程 ファッション流通科などもあります。

そのため、昼間の時間帯に通学できない方でも、本校であれば夜間の時間帯に通学する事が可能です。

国際トータルファッション専門学校

ファッションのデザインを学べる専門学校は東京や大阪というイメージを抱いている方は多いかもしれませんが、新潟でもファッションを学べる所があるのです。

それが『国際トータルファッション専門学校』です。

この専門学校では、様々な取り組みが行われていて、短期間でファッションのスキルや知識を習得する事ができるので、詳しく紹介します。

学校の特徴

新潟は、秋田と同じように美人が多い事で有名です。

そのような事もあって、新潟県では『新潟美少女図鑑』という雑誌が存在します。

本校では、その新潟美少女図鑑やプライダル企業『アークベル』などと産学連携を行なっています。

そのため、本校がファッション業界と深い繋がりがある事から、生徒のうちから様々な経験を積む事ができるのです。

さらにファッション業界で活躍をしているファッションデザイナーやショップオーナーなどが、生徒に指導をしてくれます。

実際に第一線で活躍している方たちなので、ファッション業界で必要とされているスキルを知っているので、本校で学べばファッション業界で必要なスキルを習得できる可能性は高いです。

カリキュラム

本校には、数多くのファッションに関係する学科があって、ファッションビジネス科・国際ファッションビジネス科・ファッションプロデュース科・ファッションデザイン科・ファッション専攻科・プライダル&コスチュームデザイン科などがあります。

ファッションビジネス科は服の素材やコーディネート法などを学んで、国際ファッションビジネス科はショップの運営方法の知識や英語力などを習得する事ができるのです。

ファッションプロデュース科は商品を提案する企画力をアップする事ができて、ファッションデザイン科はプロのデザイナーと同じ仕事を学ぶ事ができるので即戦力として活躍できるようになります。

ファッション専攻科ではオリジナルブランドの立ち上げ方やショップ運営などを学ぶ事ができて、プライダル&コスチュームデザイン科はウェディングドレスの衣装製作を学ぶ事ができるのです。

マロニエ ファッションデザイン専門学校

日本でファッションを学ぶ専門学校の中には、生徒が服の生地に費用を負担する所があるので、経済的に余裕がない方には、辛い所がありまりす。

それに引き換え『マロニエ ファッションデザイン専門学校』では、経済的にあまり余裕がない方でも学びやすい環境を整えているので、その魅力に迫ってみましょう。

学校の特徴

本校が、経済的にあまり余裕がない方でも学びやすくなっているのは、数多くの企業から生地を提供されているからです。

そのため、本校で学べば、思う存分にファッションについて、学ぶ事ができるのです。

さらに生徒一人一人が勉強に集中できるように、設備や道具を用意しているだけではなく、作業スペースも広めに確保しています。

そのため、作業スペースが狭くて、勉強にあまり集中できないという事態を避けられます。

このように生徒にかかる負担が少ない専門学校なので、経済的にあまり余裕のない方には、本校はおすすめです。

そして本校では少人数制を採用しているだけではなく『少人数制ライブ授業』を行なっているのです。

この授業のお陰で、本校の講師は、生徒一人一人のスキルや作業の進み具合を把握する事ができます。

そのような専門学校なので、授業に追いつけないという事態を避ける事もできます。

カリキュラム

本校には、ファッションクリエイション学科・ファッションビジネス学科・ファッションマスター学科などがあります。

ファッションクリエイション学科では『ドレーピング』と呼ばれるカリキュラムがあって、ボディに布を当てる事によって、服を作り上げるために必要なスキルを習得する事が可能です。

ファッションビジネス学科では、ファッション業界で活躍できるようなスタイリストを育成しています。

さらに、この学科では関西地方の主要なファッションショーにアシスタントして参加できるので、学生のうちからファッション業界で求められているものを理解する事ができます。

ファッションマスター学科では、自由度の高いカリキュラムが用意されていて『自由研究』によって、自分の得意な科目について詳しく勉強する事ができるのです。

まとめ

ファッションの仕事と言っても、様々な職業があるので、自分が働きたい職業に必要なスキルを学べる専門学校を選ぶ事が必要です。

実際にアパレル業界で活躍する人材を育成している学校もあれば、ウェディングドレスの衣装製作を教えている学校もあるのです。

そのため、ファッションのデザインを学びたい方は、まずは自分が学びたいカリキュラムを用意している専門学校を見つけてから、進学先を決めて下さい。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ