おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

プロへの近道に!イラスト専門学校の選び方とメリット

   

将来イラストレーターになりたいけど、何を勉強したらいいのかわからないという人もいます。

そんな人はイラストの専門学校に通って、必要な知識を得るのが一番の早道です。

今はイラストレーターの専門学校もたくさんありますから、選び方のポイントを押さえた学校選びが必要です。

それと共に専門学校に通うメリットについて、紹介しましょう。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラスト専門学校の特徴

イラスト専門学校とは、デザインやデッサン、イラストなどに関する知識や技術など、必要なスキルをまとめて学べる学校です。

絵を描くスキルも学ぶことができますし、最近人気のパソコンやソフトを使ったデジタル系のスキルも身に付きます。

画力ももちろん上がりますし、道具やデジタル機器の使い方まで全般的に教えてもらえます。

キャラクターのデザイン方法やキャラを活かす方法、色使いなど、あらゆることをカリキュラムに沿って学習していけます。

プロの先生が初心者の人にもわかりやすく教えてくれますから、イラストの経験がない人でも大丈夫です。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラスト専門学校の選び方

イラスト専門学校も、全国各地にたくさんあります。

将来を左右する重要な学校選びですから、ポイントを押さえて選ぶのがおすすめです。

豊富で充実したカリキュラム

学校ごとに特徴がありますし、カリキュラムにも違いがあります。

必要なスキルをしっかりと身に付けるためにも、カリキュラムに注目しましょう。

特にイラスト経験が少ない初心者の人は、カリキュラムが豊富で幅広く、充実している学校がおすすめです。

また、教えてくれる講師の先生が経験豊富だったり、実績のある人だとなおよしです。

学びたいジャンルが確定しているなら、そのジャンルに特化したカリキュラムを取り入れているかどうかに注目しましょう。

広告などのデザインをメインしている学校もあれば、普通のイラストメインだったり、マンガ系に力を入れている学校もあります。

自分の学びたいものがしっかり学べるかどうかが重要ですから、学校の傾向なども探っておく必要があります。

道具や設備が充実しているかどうか

アナログでもデジタルでも必要な道具を使ってたくさん描いてこそ、レベルも上がってきます。

時代が進むにつれて使う道具や設備も進化してきていますから、最新の道具や設備が充実している学校がおすすめです。

どんな道具や設備が導入されているかを確認してみて、納得できるところが良いでしょう。

体験授業などで確かめる

最近は専門学校でも体験授業を受けられるところがあります。

パンフレットや公式サイトだけではわからないことを、実際に体験してから入学を決められます。

いくらカリキュラムなどが充実していても、学校の雰囲気が合わないとか、想像していたのと違うという場合もあります。

体験授業を受けておけば、何となく雰囲気や講義の様子などもつかめます。

失敗しない学校選びのためにも、体験授業があるならぜひ参加しておきましょう。

イラスト専門学校のメリット

イラストレーターになるには、専門学校に通わなくてもなれます。

わざわざ学校に通うメリットは何なのかを知っておきましょう。

好きなことを勉強できる

将来イラストレーターになりたい人にとっては、イラスト関連の勉強は苦になりません。

好きなことを基礎から教わって上達していくわけですから、学びがいがあります。

好きこそ物の上手なれで、新しいことを教わるのも楽しいですし、どんどんスキルアップしていて達成感があります。

楽しみながら勉強できますから、続けやすいです。

目標が同じ友達ができる

学生時代の友人は一生物だとよく言われます。

専門学校に通って来ている生徒達は、将来はデザイナーやイラストレーターなどを目指している人ばかりです。

共通の目標を持って勉強しているわけですから、志を同じくした友達ができやすいです。

お互いに励まし合いながら勉強することができて、学校通いも楽しくなります。

独学だと1人ですから挫折しやすく、勉強するのも嫌になりがちです。

友達ができて仲間がいますから、挫折しにくいのがメリットです。

趣味が同じですから仲良くなりやすいですし、プライベートでも仲良くできる友人が見つかります。

デジタル系の技術に詳しくなれる

学校のコースなどにもよりますが、たいていのところはデジタル技術についても勉強することになります。

イラスト系のソフトなどは高いものが多いですから、個人ではなかなか購入しにくい場合もあります。

そんなデジタル系のソフトの使い方や技術についても学べてますから、将来使うことになった時に困りません。

複数のソフトなどを扱いますから、ドロー系や加工系など様々なソフトがスキルアップします。

専門学校を出て別の道を進むにしても、ソフトを扱えるというだけで就職にも有利になります。

プロへの道が開かれやすい

学校によっては専門の会社と提携していたり、就職相談なども行っています。

個人で独学で勉強してプロを目指すよりも、はるかに効率よくやりたい仕事をゲットしやすいです。

すんなりイラスト系やデザイン系の会社に就職できたり、進みたい道やプロへの道が開かれています。

在学中に成績が優秀だと、プロとして仕事をしている講師の人からお声がかかる可能性もあります。

イラストのスキル以外も磨ける

専門学校で学ぶことができるのは、単に道具の使い方やデッサンなどの技術力だけではありません。

他社との会話を大切にしたり、自分がいかに優れているかなどのアピール方法なども学べます。

今はネットを使った広報活動も主流になってきて、そんな方法についても教えてもらえます。

社会人として必要なスキル全般を身に付けられて、将来に役立つことを学べるのが大きなメリットです。

始めの一歩から必要なことを必要に応じて学べる

初心者向けのカリキュラムを採用している学校なら、イラストの右も左もわからない人でも安心です。

始めの一歩から丁寧に教えてもらえて、カリキュラムに沿って無駄なく最短コースで技術を身に付けていけます。

独学だと回り道したりわからないこともありますが、学校ならそんな心配がありません。

プロ視点の話が聞ける

専門学校の講師の中には、現在プロとして一線で活躍している人もいます。

リアルな現場の話が聞けたり、プロとしての心構えなども教えてもらえます。

専門学校に行かないと聞けないようなプロ視点のリアルな話が飛び出したり、将来役に立つ話が聞けたります。

イラスト専門学校のデメリット

専門学校はメリットばかりではありません。

専門学校に通ったからと言って、みんながみんなプロになれるとは限りません。

イラストレーターは狭き門ですから、学校を出た人がプロとして成功する保証はどこにもないのが現実です。

大学でも同じことですが、学校は楽しいところですから、つい講義をさぼってしまったりすることもあります。

遊びすぎてしまって講義に付いて行けないと、上達するものも上達しなくなってしまいます。

本人のやる気次第でせっかく専門学校に入ったのに、スキルが身に付かなかったというケースもあります。

まとめ

プロのイラストレーターになるための近道は、やはり専門学校に通うことです。

学校も色んなタイプがありますから、事前の学校選びが重要です。

専門学校には様々なメリットがありますが、それを知った上でモチベーションを高めて学校通いを始めましょう。

効率よく必要なことが学べて、将来の夢への近道になります。

本人のやる気次第ですから、モチベーションを高めてしっかり通うのが一番重要です。

参考URL・参考文献・根拠など

https://shingakunet.com/bunnya/w001…
http://pentabu.it-kaden.com/デザ…
https://ima-color.net/2018/06/17/sc…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ