おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

プロを目指すなら『東京デザイン専門学校』がおすすめ!

   

日本ではデザイナーになりたい方は多くいますが、その中には漠然とデザイン業界で働きたいと思ってしまう方はいるでしょう。

実際にデザインに関係する職業はいくつもあるので、早い段階から、どの職業を目指せば良いのか決める事が重要です。

そこで、おすすめしたいのが『東京デザイン専門学校』です。

この専門学校では様々な職業を目指す事ができるので、早いうちから、目指すべき職業を決められるので詳しく紹介します。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

東京デザイン専門学校の施設

本校は生徒たちが環境の良い所でデザインを学べるように、充実した設備を整えています。

実際に『インテリアデザイン科』や『空間ディスプレイデザイン科』の生徒達は『製図室』で設計や図面などを学習する事ができるのです。

さらにデジタルでデザイン作品を製作したい生徒のために『Macルーム』まで用意されています。

このMacルームでは、業界で多くの企業が重宝しているMacが揃えられています。

その数は多くて、Macルーム7教室には、約300台もあるのです。

そして2号間では学生食堂があって、低価格で食事を楽しむ事ができます。

そのため、通学前に昼食を用意する必要がないので、落ち着いて通学する事ができます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

おすすめの学科

本校には、デザインに関係する学科が4つあって、それがビジュアルデザイン科・グラフィックデザイン科・インテリアデザイン科・空間ディスプレイデザイン科などがあります。

そこで、どの学科を選べば良いのか悩んでしまう方のために、詳しく紹介します。

ビジュアルデザイン科

ビジュアルデザイン科では、グラフィックデザイナー・Webデザイナー・アートディレクター・プロデューサーなどを目指す事ができます。

この学科では、わずか3年間でデザインの基礎から高度なスキルまで学ぶ事ができるので、デザインに関して知識がない方でも、しっかりとしたスキルを身に付ける事ができるのです。

授業内容も豊富な講座が用意されていて、ドローイングから、ビジュアルコミュニケーションまであります。

そのため、イラストからデザインまで幅広く学べる学科になっています。

グラフィックデザイン科

グラフィックデザイン科は、少しビジュアルデザイン科と似ている講座もありますが、デジタルのデザインをしっかり学ぶ事ができる学科です。

この学科では、Macオペレーションやドローイングなどの講座があって、グラフィックの技術だけではなく、表現能力も身に付ける事もできます。

そのため、この学科で学べば、グラフィックデザイナー・アートディレクター・広告ディレクター・Webデザイナー・パッケージデザイナーなどを目指す事ができるのです。

インテリアデザイン科

インテリアに関係するデザインを学びたい方におすすめしたいのが、インテリアデザイン科です。

この学科では、CADや生活デザインなどを学ぶだけではなく、デザインの基礎となるデッサン・スケッチなども学ぶ事ができるのです。

そのためインテリアのデザインを学びたくても、デザインの知識や技術を何も知らない方でも、この学科でしっかりと知識や技術を身に付ける事ができます。

そして、この学科で学習していけば、家具デザイナー・インテリアデザイナー・リフォームプランナー・建築士などを目指せます。

空間ディスプレイデザイン科

きらびやかなデザインを学べるのが、空間ディスプレイデザイン科です。

この学科では、様々な道具を使って、立体的な飾り付けを製作していきます。

さらに、この学科ではショップ企画・演習やエキシビション企画・演習などを学ぶ事できるので、装飾だけではなく、様々な分野の知識や技術を覚えていく事ができるのです。

そして、この学科で学べば、ショーイングデコレーター・ステージデザイナー・商空間プロデューサーなど目指せる事ができます。

数多くのイベントを開催

本校ではデザインを勉強するだけではなく、数多くのイベントを楽しむ事ができて、適度な息抜きをする事ができます。

そのため学生生活を楽しみながら、プロを目指せる専門学校へ通う事もできるので、数多くあるイベントの中から、特に楽しめそうなイベントをいくつか紹介します。

スポーツ大会

デザインで学ぶ場合には、身体をあまり動かす事がないので、運動不足に陥ってしまいます。

そこで本校では、スポーツ大会を6月ごろに行っていて、生徒たちは運動をする事によって、良い気分転換になっているのです。

さらに多くの生徒たちとコミュニケーションを取る事もできるので、学生生活の中でも貴重なイベントになっています。

さらに多くの生徒と一緒に運動する事によって、チームワークを育む事ができるので、デザイン業界で多くの方たちと連携する能力も身に付けられます。

海外研修旅行

専門学校の中で、デザインばかり勉強していても、実物の美を見なければ、気が緩んでしまいます。

そのような事になれば、向上心を持たないままで、専門学校で学ぶ期間が過ぎてしまう恐れがあるので注意しなければいけません。

ところが、本校では海外研修旅行が行われているので、世界でも進んだ美を直に見る事ができるのです。

実際に、本校は今までにイタリア(ローマ)やスペイン(バルセロナ)などを訪れました。

ヨーロッパは世界遺産が多い場所なので、デザインを勉強する方にとって、良い刺激になります。

学生を優しくサポート

デザイン業界で働きたい方でも、今まで何もデザインを勉強してこなかった方は「本校で学んでも無理ではないのか」と心配になってしまうかもしれません。

そこで、本校が学生をサポートしている制度を紹介するので、それが分かれば、自信を持って学習する事ができるはずです。

学生寮

学習意欲はあっても、通学時間の事を考えたら、学習する時間を確保できるのか心配になってしまう方はいるかもしれません。

ところが、本校では学生寮を多く備えているので、本校から離れた所に住んでいる方でも、学生寮に住めば通学時間をあまり気にする必要がありません。

実際に本校は東京都渋谷区にあって、学生寮からは電車を利用したら、短時間で本校に到着できるようになっています。

そして学生寮では、家具が備え付けられているので、あまり引越し費用もかからないようになっているのです。

奨学金

本校は学生寮を備えているだけではなく、奨学金制度も用意しています。

そのため、経済的に苦しい方でも、奨学金制度を利用する事によって、学費を準備しやすくなります。

実際にAO入学や再入学支援制度を利用した場合には、入学金を50,000円も免除してくれるのです。

ただしAO入学を利用する場合にはAO入学者が対象で、再入学支援制度は本校が第一志望の方で2017年3月以前に高等学校を卒業した方に限るので、注意してください(2017年12月時点)。

就職サポート

専門学校で知識や技術を習得しても、面接で上手く自己アピールできなければ、採用される事は難しいので、注意しなければいけません。

そこで本校では、様々な就職サポートを行っていて、デザイン業界セミナーを行ったり、個人面談などを行ったりしています。

デザイン業界セミナーを受ければ、少しはデザイン業界について知る事ができるので、面接でアピールできる情報を増やす事ができます。

さらに個人面談をすれば、生徒だけが悩みを抱え込む事もないので、自信を持って就職活動を行う事ができるのです。

まとめ

本校ではデザインに関係する学科がいくつも用意してあるので、多くの方たちが学びたいと思える学科があります。

さらに本校は、学生をサポートできるように、学生寮が備えてありますし、奨学金や就職サポートなども利用できるのです。

そして東京都心に位置する専門学校なので、授業が終わった後は、東京の美術館で展覧会を見る事もできます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ