おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

プログラミングスクールで学ぶべき言語はどんな言語?

   

プログラミングスクールでは、学べる言語が異なってきます。

それは、プログラミグスクール内でも異なりますし、当然プログラミングスクールごとにも異なります。

だから、どの言語を選択するべきなのかというのは、非常に難しい問題になるんです。

では実際、この言語を選択するべきだというような、おすすめの言語は何になるのでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

おすすめの言語は3つ

今からプログラミグスクールに通うのであれば、おすすめの言語は3つになります。

もちろん学べる言語はそれ以外にもたくさんありますが、今おすすめできるのは以下の3つです。

需要爆発のブロックチェーン

言語というわけではないですが、ブロックチェーン技術を学ぶことができるプログラミングスクールもあります。

そして、それを学べるスクールに通うのであれば、学ぶのはブロックチェーンがおすすめです。

ブロックチェーンは、まさに今、需要がすごく高いスキルになります。

今まさにトレンドといえる技術ですし、そして何よりまだ技術者の数が多くありません。

まだまだ歴史が長い技術ではないですから、人があまりいないんです。

その割に需要が高い。

だから、ここを狙わない手はないというくらいにもってこいのスキルになるんです。

ただやはり、ブロックチェーンを学ぶことができるプログラミングスクールは多くはありません。

やっとの思いでそれを見つけても、そこではすごく学費が高いという可能性もありますね。

PHPはこれからも効果的

PHPは比較的に前から人気の言語ではありました。

それは今でも変わりはありません。

そしてこれからもそれには変わりはなさそうです。

というのもやはり今の時代は、何を買うのにもネットで買う時代です。

つまり、大ECサイト時代なのです。

確かに今では、自分たちでサイトを作らなくても、アプリなどでWEBサイト、ECサイトを作ることができる時代です。

ただそれでも、自分たちでECサイトを作りたいと考えるところは多いんです。

それにはやはりPHPが役立ちます。

だから、これからもPHPを学ぶことはすごく役に立ちます。

学びやすさとのバランスでRuby

Rubyは、プログラミング言語の中では比較的に学びやすい言語になります。

実際、はじめてプログラミング言語を学ぶのであればRubyが良いといわれることも多いです。

それくらいに学びやすいんです。

それなのに意外と需要は高い。

学びやすくて需要が高いということはつまり、最終的に就職を目的としている人が多い上に、初心者の方が多いプログラミングスクールで学ぶにはもってこいなのです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

条件は需要が高いこと

プログラミングスクールで学ぶのにおすすめの言語は、上記の3つになりますが、別にそれしかないわけではありません。

あくまでもここでおすすめしているのがこの3つだというだけの話です。

だから、他にもこういうものはよいというものがあります。

それは、上記の3つに共通している条件を見るとわかるのではないでしょうか?

上記の3つに共通している条件はいくつかありますが、その中でも特に大きいのが、どれも需要がすごく高いということです。

つまり、プログラミングスクールで学ぶのにおすすめできる言語は、需要が高いものだということになります。

需要が低いと高いスキルが必要に

需要というのは、言い換えれば価値になります。

だから、需要がないスキルを学んでも、それはあまり価値がないんです。

活かせる場所がないのですから、価値が低くなってしまうのは仕方ありません。

それで就職するためには、かなり高いスキルが必要になります。

でも需要がすごく高い場合はどうでしょうか?

需要が高い場合には、そこまでのスキルがなくても採用される可能性は高くなります。

とにかくその言語が扱える人が欲しいというのが、需要が高い状態になります。

そんな状態であれば、別にそこまでスキルが高くなくても採用しないとならなくなることはあるんです。

そこまでハイスキルになることはない

プログラミングスクールで学んだくらいでは、そうそうハイスキルになることはありません。

あくまでもプロとしてぎりぎりやっていけるというくらいにしかならないことが多いです。

もちろん自主的に自分で努力をすれば、どんどん伸びていく可能性はあります。

しかしそれでも、プロとして実績を積んできているような人たちに勝てることはまずないです。

だから、スムーズに就職するためには、需要が高い言語を学んで、そこまでスキルを求められなくすることが大切なのです。

あまり難しすぎないこともポイント

プログラミングスクールで学ぶ言語は、そこまで難しすぎないことも大切になります。

難しい言語をプログラミングスクールで学ぼうとしても、それはなかなかうまくいかないことが多いです。

やっぱり、0から学んでいくことが多いわけですから、難しすぎると途中で心が折れてしまうんです。

簡単なものでも難しい

プログラミング言語には、比較的に簡単なものもあれば難しいものもあります。

ただ一つ言えるのは、たとえ簡単なものであっても、ものすごく簡単なわけではないということ。

つまり簡単だといわれているものであっても、途中で心が折れてしまう可能性はあるんです。

簡単なものでも心が折れてしまう可能性があるんですから、難しいものだったらますますその可能性は高くなります。

わざわざ高い学費を払ってプログラミングスクールに行っているのに、途中で心が折れて就職できなかったら、意味がなくなります。

いや、就職ができないくらいであればまだいいです。

スキルが身につかず、ただただお金の無駄になったらそれはすごくもったいないです。

だから、あまり難しすぎないものを選ぶこともポイントになるんです。

将来性が高いことも外せない

もう一つプログラミングスクールで学ぶべき言語の条件があります。

それが、将来性が高いことです。

プログラミングスクールで言語を学ぶのは、それを仕事にするため。

それは一時それで仕事ができれば良いということではないですよね。

そうではなく、これから先ずっとプログラマーとしてやっていきたいですよね。

最悪結果的にそうはならなかったとしても、そういう選択肢をもてることが大切になるんです。

だから、プログラミングスクールで学ぶ言語を決める際には、将来性の高さに注目することも大切になります。

これから先ますます需要は増えるのかとか、あるいはこれから先それの需要がなくなることはないのかなど、そういうことを考えて決めるようにしていけば、まず失敗はありません。

将来性が高ければそれ一つでいけることも

基本的にはプログラマーでもいくつかの言語を使える方が良いです。

それは、最悪何かの言語の需要がなくなったとき、まだ違う言語で働くことができるからです。

でも、将来性が高い言語であれば、それ一つでやっていける可能性も出てきます。

もしそうできるのであればそれに越したことはないですよね。

その方がスキルも高まりやすいですし。

そのためにも、将来性の高さに注目するのです。

まとめ

プログラミングスクールで学ぶべきなのは、基本的には需要、将来性、そして難易度という3つのポイントを抑えることができるものです。

あるいは、どれか一つないしは二つしか抑えることができなかったとしても、その抑えることができている条件のレベルはすごく高いことが求められます。

ここで紹介してきた3つの中から選ぶのも良いですし、それ以外からそういうものを探してみるのもありです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール