おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

プログラミングスクールとはプログラミングを学ぶときに強い味方になる存在

   

私達の身近にあるスマートフォンやパソコンはプログラムという特殊な言語の命令によって動いています。

またインターネット上のサービスもプログラムならゲームもプログラムですし音楽を再生することだってプログラムが行っているわけです。

そんなプログラムを自分で書いてみたいと思ったときに頼りになるのがプログラミングスクールとなります。

今回はプログラミングスクールがどのようなものなのかチェックしていきましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

プログラムなしには生活も危うい

先述したように、パソコンやスマートフォンはプログラムの詰まった存在です。

もしプログラムが存在しなかったらただの冷たい箱にしか過ぎません。

デジタル世界ではプログラムが基本となっているのです。

例えば音楽を再生するときのことを考えて見ましょう。

音楽は音声ファイルという形でデジタル化されており、種類としてはWAVやAIFFのほか、MP3やOGGなどが存在します。

これらのデータはデータだけ存在しても意味はなく、再生ソフトウェアによって再生されることで初めて価値を有することができるのです。

さらに言えばこれらの音声ファイルもプログラムによって作成されています。

また、こうしたファイルの操作ができるのもプログラムの基盤となるオペレーティングシステムというプログラムが起動しているから成せる業です。

オペレーティングシステムとはWindowsやMac、LinuxにiOSやAndroidといったシステムの基盤となるプログラムとなります。

もっというならそれらのOSを起動するにはより低層のBIOSというプログラムが必要だったりするのです。

パソコンでなくても、キッチンタイマーや車の制御、炊飯器に工場の機械までありとあらゆるところでプログラムが活用されています。

それから年金や保険料などを管理するためにもプログラムは使われているほどです。

最早私達の生活にはプログラムは欠かせないものといえるでしょう。

プログラムは誰でもかける

そんなプログラムですが、実は私達でも自由に書くことができます。

きちんと実行環境を整えてやれば普通に書くことができ、様々なソフトウェアを作る事も可能なのです。

敷居がとても高いと思われるかもしれませんが、実際にやってみると意外と簡単だったりします。

例えばマイクロソフトが提供しているVisualStudioという統合開発環境と呼ばれるソフトウェアをインストールするだけでもある程度の環境はそろえられるでしょう。

統合開発環境として他にEclipseというものも良く使われています。

ともかく開発のハードルはかなり低いのです。

ですが自分の欲しいものや売れるものが直ぐに作れるかというとそんなことはありません。

思い通りにソフトウェアを作るにはそれなりの知識や技術が必要になるのです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

途轍もない種類のプログラミング言語

プログラムには様々な言語が存在します。

特にプログラム言語やプログラミング言語と呼ばれるのですが、その種類は膨大なものとなっているのです。

プログラミング言語の違いはその得意領域にあります。

ウェブ系に強いものから組み込み系に強いもの、ゲームに強いものからサーバーに強いものまで様々です。

特定の分野に特化した言語が存在すると考えておいて良いでしょう。

例えばC言語は家電などの組み込みに強い他、ゲームでも利用されることがあります。

ただゲームではC#やC++という言語が主流といえるかもしれません。

なおAndroid端末においてはJava、将来的にはKotlinが採用される予定です。

とここまで書いていることを読むだけでも頭痛がしてくるでしょう。

ウェブ系ではPHPにJavaScript、最近ではJavaScriptの派生系であるCoffeeScriptやTypeScriptが注目を集めるようになりました。

他にも主にPerlやRubyが用いられるようです。

それからもちろんブラウザに関する処理にはHTMLやCSSの知識も必要となってきます。

このように、プログラミング言語には無数の言語が存在し、それぞれ記法もルールも異なります。

初学者の場合はどこから手をつけていけば良いのか分からなくなるでしょう。

そんなときにはまず自分が何をやりたいのか、を決める必要があります。

どの言語を選んで極めるか

学習をするときにはプログラミング言語全般を学ぶのではなく、どれか1つの言語を極める形にすると良いでしょう。

それは結果的に他の言語を学ぶときの足がかりにもなりますし、作れるものの幅もどんどん広がっていくからです。

また無数にプログラミング言語が存在するからといってそれぞれの領域が浅いということはなく、むしろ1人で極めるには深く膨大すぎると言った方が正しいです。

まずプログラミング初学者がやることは「どの領域を専攻するか」ということです。

組み込み系をやりたいのか、ウェブ系に特化したいのか、もしくはサーバーの設定をしたいのか、はたまたゲームを作りたいのか、そういった自分のやりたい事を限定することが大事になります。

例えば「ケータイ端末のアプリが作りたい」という方の場合を考えてみましょう。

まず対象となるOSがAndroidならJavaないしKotlinとなります。

なぜならAndroid上のアプリはJavaないしKotlinで作られているからです。

アプリ以外の分野に進む場合、汎用性を考えるならJavaを極めたほうが良いですがAndroid一本ならKotlinを極めるべきでしょう。

もしiOSをターゲットにするならObjectiveCないしSwiftという言語も覚える事になります。

なかなか難しいですが、とりあえず的は絞れて行くはずです。

スクールの形は様々

プログラミングスクールではこうしたプログラムについて勉強をすることができます。

とかく複雑なプログラミングを専門的に勉強できるわけですから、人によっては独学よりも速いペースで学ぶことができるでしょう。

プログラミングスクールには様々な形態があり、教えてくれる言語や形式もバラバラです。

教室を選ぶまえにまずはそこで自分の学びたい言語を教えてくれるのかをチェックしておきましょう。

また月謝も5万円から中には20万円を越すところもあるため事前の確認が必要です。

質問に答えてくれることの強さ

形態としてはできるだけ講師に質問できるところを選ぶ事をおすすめします。

この「教えてくれる人がいる環境」というのは独学では得がたく喉から手が出るほど欲しいものだったりするからです。

例えば経験者からみればちょっとしたミスであっても初学者にとっては全く分からないという部分については質問して解決した方が独学よりもよっぽど捗ります。

またプログラムは孤独な作業であり、身近にプログラムについて知っている人が居ないと何となく心細くなるものです。

そんなときにも同輩や先生の存在は心強いものとなるでしょう。

勉強できる環境のありがたみ

独学で勉強しようとするとき、恐らく自宅で勉強することになるはずです。

ただ自宅が勉強に適している環境かというと必ずしもそうではない方もいるでしょう。

近所のバイクの音や工事の音はもちろん、実家の場合であれば身内が邪魔してくるかもしれません。

また誘惑するものも多く集中力が切れてしまう可能性も大きい。

自宅での勉強は必ずしも快適なものとはならないのです。

そんなとき、通学して通うタイプのプログラミングスクールは素晴らしい環境となるでしょう。

環境を得るための月謝

正直なところプログラミングは独学でも学習できます。

そのために月数万円を支払うのは抵抗があるかもしれません。

ですが勉強の環境を手に入れるという意味で通ってみるのは良い考え方といえるでしょう。

もちろん先述したように講師の方の存在も勉強にとってはプラスになるはずです。

もしプログラムについて集中して取り組みたいならプログラミングスクールを活用することを検討してみましょう。

まとめ

プログラムは私達のとても身近な存在です。

また始めるのも簡単で独学することもできます。

ただ立派なものをすぐに書けるかというとそれは難しいものです。

プログラミングスクールでは独学のデメリットを排除してくれますし、学習環境も提供してくれます。

気合を入れてプログラムの勉強をしてみたいなら通う価値はあるといえるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール