おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

プログラミングスクールとは?おすすめプログラミングスクールランキングベスト3

   

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

プログラミングスクールの種類

これからプログラミングスクールで学習を始めたいと考えている方なら、スクールにはどのような種類があるのか気になるところだと思います。

またそれぞれのスクールでどのようなコースがあるのかも気になりますよね。

プログラミングスクールの種類と主なコース、そして自分に合ったスクールの選び方や比較検討のポイントなどをご紹介します。

プログラミングを習得するなら

Webサービスを提供する上で必要不可欠なスキルがプログラミングです。

サイトやアプリを作るのに必ず必要になるものであり、IT業界だけでなくさまざまな業界でのビジネスで求められるスキルです。

プログラミングを習得するのなら、プログラミングスクールの利用をおすすめします。

プログラミングスクールには、大きく分けて2つの種類があり、自分の目標や環境などに合わせて適したものを選ぶことが大切です。

プログラミングスクールの種類

プログラミングスクールは大きく分けて2つの種類があります。

主に通学制のものか通信制のものに分かれます。

通学のプログラミングスクール

各スクールに通い、主にクラス編成で受講するタイプで、目的に合わせたさまざまなコースが設けられています。

通学制のプログラミングスクールには、仕事と両立しながら無理なく通えるカリキュラムのものや、専門学校のように毎日受講するタイプのものもあります。

スクールによって設けられているコースやカリキュラムの内容が大きく異なるので、実際に受講を始める際には数件を比較検討することをおすすめします。

自宅で学習を進められる通信制のプログラミングスクール

自宅に教材などが届き在宅で学習を進めていくことができる通信制のプログラミングスクールもあります。

こちらは、自分の好きな時間に無理のないペースで学習を進めていくことができるので、仕事が忙しい方も安心です。

また、自宅から通いやすい場所にプログラミングスクールがない方にも、通信制のスクールはおすすめです。

スクールによってはWebでオンライン授業に参加できる場合もあるので、一人で学習を勧めるのが不安な方でも大丈夫です。

プログラミングスクールのコースの種類

各スクールによっても異なりますが、大抵のスクールで設けられている主なコースには次のようなものがあります。

Webデザインを学べるコース

専用ソフトを使用してデザインや画像加工、レイアウトなどをしっかりと学べるコースです。

Webデザインはそのサイトの印象を大きく左右する分野であるので、しっかりと基礎から学べるカリキュラムのものを選ぶようにしましょう。

スクールによっては初心者向けのコースと独立したい人向けの上級者コースを分けている場合もあります。

受講を終えたら起業にデザイナーとして就職するという他にも、フリーランスとして活躍するなどさまざまな道があります。

Webデザインは、将来的なキャリアアップにも有効なスキルです。

アプリ開発を学べるコース

スマートフォンが普及してからというもの、毎日さまざまな種類のアプリケーションが開発されています。

そのため、アプリ開発を学ぶとその後のビジネスチャンスが大きく広がることが期待できるでしょう。

アプリ開発コースは、自作のアプリを開発してみたいと考えておられる方や、自社や経営店舗のサイトをアプリとして新たにリリースされたい方にもおすすめです。

自作のアプリを販売し収入を得ることやエンジニアとして活躍することも可能。

アプリ開発の技術をぜひプログラミングスクールで習得してください。

Web制作を学べるコース

プログラミングの基礎とも言えるWeb制作を学べるコースです。

カリキュラム内容はスクールによって異なりますが、習得したい言語やスキルに対応しているか事前にしっかりと確認しておく必要があります。

将来エンジニアを目指している方はもちろんですが、これからのビジネスシーンではITに関する知識や教養は必要不可欠です。

Web制作に必要な基本的なプログラミングスキルを習得しておいて損はありません。

また、経営する店舗のサイトを自分で作りたいと考えておられる方にも最適なコースです。

エンジニアとして独立したい方向けのコース

将来的にエンジニアとして独立したい方やフリーランスとして活躍したい方を対象にしたコースです。

Webサーバーの構築の仕方を基礎からしっかりと学ぶことができ、サイトの制作など以外にも、保守やトラブル対応などより専門的なWebサービスに対応できるスキルを身に付けることができます。

一定のプログラミングに関する知識があり、さらなるスキルの向上と独立を目指す方には最適なコースと言えるでしょう。

マンツーマンとグループ、どちらが良い?

通学制のスクールにはマンツーマンレッスンのものとグループレッスンのものがあります。

自分に合わせたペースでひとつひとつしっかりと理解を深めていくことができるマンツーマンと、たくさんの人たちに刺激され影響されながらがんばれるグループ。

どちらにもメリットがあり、またデメリットもあります。

マンツーマンなら講師との相性や自分のレベルをしっかりと把握してくれているかが不安になりますし、グループであれば授業について行けなくなったらという不安があります。

自分の目的やレベルと合わせてどちらが適しているかしっかりと考えてみてください。

期間と予算を決めておこう

資格やスキルを習得するためには、かかる期間をどれくらいに定めるのかが重要になってきます。

スクールのコースによっても異なりますが、短期間で資格を取得したい人と仕事と両立させながら無理なくがんばりたい人とではカリキュラムの内容もかかる費用も変わってきます。

スクールの受講を始める前にどれだけの期間で目標を達成したいかを決め、予算と合わせて考慮しましょう。

プログラミング関係の資格はどれも難易度の高いものなので、全くの初心者から始めるのであれば長い時間を必要とすることも考えられます。

途中で断念してしまうことのないよう、最初にしっかりと期間と予算を決めておくことが大切なのです。

スクールによって受講期間というものは大きく異なるので、複数のスクールで迷ったときの比較検討のポイントにもなります。

最終的な目標をしっかりと定めること

数あるスクールの中から自分にぴったりなスクールを選ぶのにはどうしたら良いのでしょうか。

最適なスクールを選ぶには、まず最終的な目標をしっかりと定めることです。

今の仕事のキャリアアップに活用したいのか、それとも転職をしてエンジニアとして活躍したいのか。

また、サイトやアプリを制作したいだけなのか。

それぞれの目標がしっかりと定まれば、自ずとどのスキルやコースが必要なのかが的確に分かり、それに伴い自分に合ったスクールも見つけられるはずです。

複数のスクールが候補に挙がり比較検討する際には、金額と期間をしっかりとチェックしておきましょう。

通信制か通学制かで迷ったら、1日の学習時間の目安や生活環境、そして学習ペースなどを合わせて考えてみてください。

仕事が忙しい人でも好きな時間に学習を進めることが可能な通信制のスクールですが、その分強い意志と自己管理が必要になります。

自分一人で学習を進めていく自身がない、という方は通学制を選んだほうが無難でしょう。

キャリアアップや転職、または独立とこれからのビジネスチャンスを大きく広げるためにもぜひプログラミングスキルを身につけてください。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

プログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールとは、スマホアプリの開発やWebサイトの作成・管理に必要不可欠なプログラミングについて学べる教室です。

全国に沢山のプログラミングスクールがあり、通う生徒も年々増加している今、一体どのスクールに通えば役立つ知識が身につけられるのか迷ってしまいますよね。

今回の記事では、プログラミングスクールを選ぶにあたって押さえておきたい選び方のポイントと、注意点について解説したいと思います。

受講するスクールのスタイルで選ぶ

プログラミングスクールには、実際に教室に通って授業を受けるオフラインスクールと、インターネットを通じて授業を受けるオンラインスクールがあります。

それぞれ、メリットとデメリットが存在し、人それぞれ合うスタイルが異なるので、自分のライフスタイルや住んでいる地域を考慮して受講スタイルを選びましょう。

オフラインスクール

オフラインスクールは実際に通学して授業を受けるプログラミングスクールで、学校のように決まった時間に講義を受けるスタイルや、自分で好きな時間に行って自主学習をするスタイルなどスクールによってさまざまな形式が用意されています。

予備校の講義と自習室をイメージしてもらえば、雰囲気がつかめるのではないでしょうか。

オフラインスクールのメリットは、身近に講師が常駐しているため、分からない点をすぐに質問できるというポイントです。

さらに、契約期間内はいつでも通い放題にしているスクールが多いので、空いた時間で積極的に勉強を進めることができます。

デメリットとしては、地域によってはオフライン形式のスクールが無く、通うために通学時間をかけなければならない点です。

あまりにも遠い場所にしかプログラミングスクールが無いという場合には、時間をかけて通う意味があるのかよく考えましょう。

オンラインスクール

一方でオンラインスクールは、パソコンでインターネットを介して授業を受けられる形式を指します。

オンラインスクールには、決まった時間にビデオチャットなどを使用して授業を受けるスタイルや、自身のペースで教材を進めて定期的にオンライン通信で授業を受けたり質問をしたりするスタイルがあります。

オンラインスタイルのメリットはやはりどこに住んでいてもプログラミングの学習ができるという点でしょう。

例え離島や交通の便がすこぶる悪い場所に住んでいたとしても、ネット環境とパソコン環境さえあればプログラミングを学ぶことができます。

授業を受ける時間を自由に選べるので、忙しくて常に一定の時間帯を確保できないという方にもおすすめです。

一方でデメリットは、自分のペースで勉強をしていくためやる気が無くなった時に学習効率が落ちてしまうという点です。

特に家には気が散るものがたくさんあるので、ついテレビを見たり本を読んだりしてしまった場合、本来進められるペースで勉強ができなくなってしまう可能性があります。

オフラインスクールを選ぶ時には、目標をしっかりもって集中できる環境を作りましょう。

支払いできる予算で選ぶ

3つ目のプログラミングスクールを選ぶポイントはスクールに通う際にかかる費用の予算です。

どんなに魅力的なプログラミングスクールを見つけたとしても、自分が払える予算よりも高い出費がかかる場合には通いきれませんよね。

自分がプログラミングスクールに対してどのくらいの予算を割けるのか家計を見直して、ある程度の金額を確定してからスクールを探すようにしましょう。

ちなみに、プログラミングスクールに通うことでかかる経費は主に以下のとおりとなります。

入学料金

プログラミングスクールの中には、入学料金を支払わなければならない教室もあります。

相場はスクールによって様々ですが、安いところで10万円、高ければ60万円以上というスクールも存在します。

中には入学料無料や、無料キャンペーンを行っているスクールもあるので資料をよくチェックしてみましょう。

受講料金

プログラミングスクールに通うための受講料金は、ほとんどのスクールで1ヶ月あたりいくら、という料金設定となっています。

一部のプログラミングスクールには3ヶ月、6ヶ月などまとめて支払える料金設定を設けているところもあり、期間が長い分お得な価格設定が多いようです。

受講料金もスクールによってまちまちですが、多くのプログラミングスクールは1カ月あたり10万~15万円程度の設定となっています。

これ以上高いスクールを検討する場合には、どんな特色が合って受講料金が高くなっているのかを確認しておきましょう。

交通費・通信費など

オンラインスクールの場合には交通費、オフラインスクールの場合には通信費も必要です。

通信費は通常支払っているインターネット通信費で賄えることが多いですが、交通費は意外に馬鹿にならないもの。

定期券内の駅でスクールを探したり、家から安く通える場所を見つけたりと言った工夫も大切です。

学ぶ目的で選ぶ

皆さんがプログラムを習いたい都思っている目的とはなんでしょうか?

今いる会社で新しい業務を任されるから、あるいは、転職してキャリアアップしたいから、中には就職活動で役立てたいからという若い方もいるでしょう。

プログラムスクールは目的によって教える言語や卒業後のサポートが大きく異なります。

もしも、自分がやりたいこととずれたスクールを選んでしまうと、せっかく学んだことが無駄になりかねません。

プログラミングスクールを選ぶ時には、まず自分が何をしたいのかを整理してそれに合ったスクールを探すようにしましょう。

フリーランスのプログラマーになりたい場合

ある程度の実務経験があり、フリーランスとして独立したいと思っている人はポートフォリオ作成に比重を置いているプログラミングスクールを選びましょう。

フリーランスで求められるのは、技術力はもちろん「こんな仕事をした」「こんな技術がある」という分かりやすい実績です。

実績が無ければ、相手も信頼して仕事を任せることができませんよね。

企業に自分の技術をアピールするのにふさわしいポートフォリオを作成できるかにポイントを絞れば、通うべきプログラミングスクールも見えてくるはずです。

転職でキャリアアップしたい場合

転職してキャリアアップするためにプログラミングを学びたい、という方は就職希望先で必要なプログラム言語や技術を学べることはもちろん、転職・就職サポートが充実しているプログラミングスクールを探しましょう。

中には、卒業後3ヶ月以内に就職できない場合は受講料返金といったシステムを導入しているスクールもあります。

そういったスクールはプログラミングの授業だけでは無く、転職や就職における選考や面接の対策も十分に行ってくれるので、一人で不安を抱えて仕事を探すというストレスから解放されるでしょう。

プログラミングスクールを選ぶ際の注意点

プログラミングスクールの選び方を説明してきましたが、選ぶ際には注意しておかなければならないポイントもいくつか存在します。

時間とお金を使って新しい知識を学ぶのですから、後悔しないプログラミングスクール選びのためにも以下の3つのポイントはしっかり覚えて、スクール選びの参考してください。

無料説明会にはなるべく参加する

資料や公式HPで見た情報だけでプログラミングスクールを決めるのではなく、無料説明会や体験入学に参加することも選ぶ際のポイントです。

実際のスクールの雰囲気や、学べること、講師のレベルなどは自分の目で見なければ分からないものです。

通う前のイメージと通った後の現実が違う!

なんてことにならないように、スクールが開催している無料説明会は積極的に利用しましょう。

ネット所の口コミやビューは真に受けない

インターネットでプログラミングスクールを検索すると、色々な口コミやレビューが出てきます。

しかし、こういった情報は個人の主観が大きく影響するため、あまり参考になるとは言えません。

例えば、教室がある建物の清潔さや立地、アクセスなどを参考にするのは問題ありませんが、受講料の高さや授業のレベルなどは感想に個人差があるのであまり真に受けないように注視ましょう。

現代社会のIT化において、プログラミングを学ぶことは自分のスキルを高め、キャリアアップにつなげる効果的な方法です。

今では子供をプログラミング教室に通わせる親も増え、今後の社会では必要不可欠な技術となっていくでしょう。

そんなプログラミングを学ぶためのスクールを選ぶ時には、今回説明した選び方のポイントを参考にして自分の今後に役立つ知識を得られる場所を探してください。

プログラミングスクールで学んだことは、きっと自分の自信、そして人生の糧となるはずです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール