おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

プログラミングスクールとは?おすすめプログラミングスクールランキングベスト3

   

これからプログラミングスクールで学習を始めたいと考えている方なら、スクールにはどのような種類があるのか気になるところだと思います。

またそれぞれのスクールでどのようなコースがあるのかも気になりますよね。

そこで、今回はおすすめのプログラミングスクールをランキング形式でご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

第1位 「TECH::CAMP」


公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

このスクールの一番の特徴は、カウンセリング(無料)が受けられるということです。

自分にスキルがつくのか、どのような仕事ができるのか、など不安が解消されないと、なかなか一歩踏み出しにくいですよね。

カウンセリングだけ受けるスクールは受講しなくても問題ありませんので、気軽に試してみて下さい。

スクールでは、実践で通用する技術を重視しているので、これからエンジニアとして活躍したい方に特におすすめです。

詳細はこちらから

スポンサーリンク

第2位 「侍エンジニア塾」


公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

このスクールは日本初のオンラインプログラミングスクールです。

専属の講師がマンツーマンで受け持ってくれるので自分の理解スピードに合わせて進めていくことができます。

また、フルオーダーメイドでカリキュラムの内容を立てることができるので自分の目的にあった技術を身につけることができます。

コース内容も「デビュー」、「フリーランス」、「ビジネス」とレベルや目的に合わせて選ぶことができるのもおすすめな点です。

詳細はこちらから

第3位 「WebCamp」


公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

このスクールでは、大きく分けて2つのWeb開発スキルを学ぶことができます。

一つ目は、 Webデザインです。

「今更Webデザイン学んで意味あるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、スマホが普及しアプリ経由でのWeb利用が一般的になった今でもWebデザインや制作の仕事は多くあります。

また、「レスポンシブ」といってWebサイトをスマホ対応にすることも一般的になってきました。

プログラミングを学ぶ第一歩としてもWebデザインを学ぶことはおすすめです。

二つ目がプログラミングを学ぶコースです。

このスクールでは、「Ruby」と「Ruby on Rails」のスキルを身につけることができます。

Rubyは日本人によって開発されたプログラミング言語であり比較的容易に習得することができます。

さらにRubyで構築されたWeb開発のための言語であるRuby on Railsは、TwitterやAmazoneなど日々多くのユーザーが使っているサイトに使用されています。

Web関連の技術を身につけたいならもっともおすすめなプログラミングスクールです。

詳細はこちらから

プログラミングスクールの種類

プログラミングスクールには、大きく分けて2つの種類があり、自分の目標や環境などに合わせて適したものを選ぶことが大切です。

プログラミングスクールの種類

プログラミングスクールは大きく分けて2つの種類があります。

主に通学制のものか通信制のものに分かれます。

通学のプログラミングスクール

各スクールに通い、主にクラス編成で受講するタイプで、目的に合わせたさまざまなコースが設けられています。

通学制のプログラミングスクールには、仕事と両立しながら無理なく通えるカリキュラムのものや、専門学校のように毎日受講するタイプのものもあります。

スクールによって設けられているコースやカリキュラムの内容が大きく異なるので、実際に受講を始める際には数件を比較検討することをおすすめします。

自宅で学習を進められる通信制のプログラミングスクール

自宅に教材などが届き在宅で学習を進めていくことができる通信制のプログラミングスクールもあります。

こちらは、自分の好きな時間に無理のないペースで学習を進めていくことができるので、仕事が忙しい方も安心です。

また、自宅から通いやすい場所にプログラミングスクールがない方にも、通信制のスクールはおすすめです。

スクールによってはWebでオンライン授業に参加できる場合もあるので、一人で学習を勧めるのが不安な方でも大丈夫です。

プログラミングスクールのコースの種類

各スクールによっても異なりますが、大抵のスクールで設けられている主なコースには次のようなものがあります。

Webデザインを学べるコース

専用ソフトを使用してデザインや画像加工、レイアウトなどをしっかりと学べるコースです。

Webデザインはそのサイトの印象を大きく左右する分野であるので、しっかりと基礎から学べるカリキュラムのものを選ぶようにしましょう。

スクールによっては初心者向けのコースと独立したい人向けの上級者コースを分けている場合もあります。

受講を終えたら起業にデザイナーとして就職するという他にも、フリーランスとして活躍するなどさまざまな道があります。

Webデザインは、将来的なキャリアアップにも有効なスキルです。

アプリ開発を学べるコース

スマートフォンが普及してからというもの、毎日さまざまな種類のアプリケーションが開発されています。

そのため、アプリ開発を学ぶとその後のビジネスチャンスが大きく広がることが期待できるでしょう。

アプリ開発コースは、自作のアプリを開発してみたいと考えておられる方や、自社や経営店舗のサイトをアプリとして新たにリリースされたい方にもおすすめです。

自作のアプリを販売し収入を得ることやエンジニアとして活躍することも可能。

アプリ開発の技術をぜひプログラミングスクールで習得してください。

Web制作を学べるコース

プログラミングの基礎とも言えるWeb制作を学べるコースです。

カリキュラム内容はスクールによって異なりますが、習得したい言語やスキルに対応しているか事前にしっかりと確認しておく必要があります。

将来エンジニアを目指している方はもちろんですが、これからのビジネスシーンではITに関する知識や教養は必要不可欠です。

Web制作に必要な基本的なプログラミングスキルを習得しておいて損はありません。

また、経営する店舗のサイトを自分で作りたいと考えておられる方にも最適なコースです。

エンジニアとして独立したい方向けのコース

将来的にエンジニアとして独立したい方やフリーランスとして活躍したい方を対象にしたコースです。

Webサーバーの構築の仕方を基礎からしっかりと学ぶことができ、サイトの制作など以外にも、保守やトラブル対応などより専門的なWebサービスに対応できるスキルを身に付けることができます。

一定のプログラミングに関する知識があり、さらなるスキルの向上と独立を目指す方には最適なコースと言えるでしょう。

マンツーマンとグループ、どちらが良い?

通学制のスクールにはマンツーマンレッスンのものとグループレッスンのものがあります。

自分に合わせたペースでひとつひとつしっかりと理解を深めていくことができるマンツーマンと、たくさんの人たちに刺激され影響されながらがんばれるグループ。

どちらにもメリットがあり、またデメリットもあります。

マンツーマンなら講師との相性や自分のレベルをしっかりと把握してくれているかが不安になりますし、グループであれば授業について行けなくなったらという不安があります。

自分の目的やレベルと合わせてどちらが適しているかしっかりと考えてみてください。

期間と予算を決めておこう

資格やスキルを習得するためには、かかる期間をどれくらいに定めるのかが重要になってきます。

スクールのコースによっても異なりますが、短期間で資格を取得したい人と仕事と両立させながら無理なくがんばりたい人とではカリキュラムの内容もかかる費用も変わってきます。

スクールの受講を始める前にどれだけの期間で目標を達成したいかを決め、予算と合わせて考慮しましょう。

プログラミング関係の資格はどれも難易度の高いものなので、全くの初心者から始めるのであれば長い時間を必要とすることも考えられます。

途中で断念してしまうことのないよう、最初にしっかりと期間と予算を決めておくことが大切なのです。

スクールによって受講期間というものは大きく異なるので、複数のスクールで迷ったときの比較検討のポイントにもなります。

最終的な目標をしっかりと定めること

数あるスクールの中から自分にぴったりなスクールを選ぶのにはどうしたら良いのでしょうか。

最適なスクールを選ぶには、まず最終的な目標をしっかりと定めることです。

今の仕事のキャリアアップに活用したいのか、それとも転職をしてエンジニアとして活躍したいのか。

また、サイトやアプリを制作したいだけなのか。

それぞれの目標がしっかりと定まれば、自ずとどのスキルやコースが必要なのかが的確に分かり、それに伴い自分に合ったスクールも見つけられるはずです。

複数のスクールが候補に挙がり比較検討する際には、金額と期間をしっかりとチェックしておきましょう。

通信制か通学制かで迷ったら、1日の学習時間の目安や生活環境、そして学習ペースなどを合わせて考えてみてください。

仕事が忙しい人でも好きな時間に学習を進めることが可能な通信制のスクールですが、その分強い意志と自己管理が必要になります。

自分一人で学習を進めていく自身がない、という方は通学制を選んだほうが無難でしょう。

キャリアアップや転職、または独立とこれからのビジネスチャンスを大きく広げるためにもぜひプログラミングスキルを身につけてください。

プログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールとは、スマホアプリの開発やWebサイトの作成・管理に必要不可欠なプログラミングについて学べる教室です。

全国に沢山のプログラミングスクールがあり、通う生徒も年々増加している今、一体どのスクールに通えば役立つ知識が身につけられるのか迷ってしまいますよね。

今回の記事では、プログラミングスクールを選ぶにあたって押さえておきたい選び方のポイントと、注意点について解説したいと思います。

受講するスクールのスタイルで選ぶ

プログラミングスクールには、実際に教室に通って授業を受けるオフラインスクールと、インターネットを通じて授業を受けるオンラインスクールがあります。

それぞれ、メリットとデメリットが存在し、人それぞれ合うスタイルが異なるので、自分のライフスタイルや住んでいる地域を考慮して受講スタイルを選びましょう。

オフラインスクール

オフラインスクールは実際に通学して授業を受けるプログラミングスクールで、学校のように決まった時間に講義を受けるスタイルや、自分で好きな時間に行って自主学習をするスタイルなどスクールによってさまざまな形式が用意されています。

予備校の講義と自習室をイメージしてもらえば、雰囲気がつかめるのではないでしょうか。

オフラインスクールのメリットは、身近に講師が常駐しているため、分からない点をすぐに質問できるというポイントです。

さらに、契約期間内はいつでも通い放題にしているスクールが多いので、空いた時間で積極的に勉強を進めることができます。

デメリットとしては、地域によってはオフライン形式のスクールが無く、通うために通学時間をかけなければならない点です。

あまりにも遠い場所にしかプログラミングスクールが無いという場合には、時間をかけて通う意味があるのかよく考えましょう。

オンラインスクール

一方でオンラインスクールは、パソコンでインターネットを介して授業を受けられる形式を指します。

オンラインスクールには、決まった時間にビデオチャットなどを使用して授業を受けるスタイルや、自身のペースで教材を進めて定期的にオンライン通信で授業を受けたり質問をしたりするスタイルがあります。

オンラインスタイルのメリットはやはりどこに住んでいてもプログラミングの学習ができるという点でしょう。

例え離島や交通の便がすこぶる悪い場所に住んでいたとしても、ネット環境とパソコン環境さえあればプログラミングを学ぶことができます。

授業を受ける時間を自由に選べるので、忙しくて常に一定の時間帯を確保できないという方にもおすすめです。

一方でデメリットは、自分のペースで勉強をしていくためやる気が無くなった時に学習効率が落ちてしまうという点です。

特に家には気が散るものがたくさんあるので、ついテレビを見たり本を読んだりしてしまった場合、本来進められるペースで勉強ができなくなってしまう可能性があります。

オフラインスクールを選ぶ時には、目標をしっかりもって集中できる環境を作りましょう。

支払いできる予算で選ぶ

3つ目のプログラミングスクールを選ぶポイントはスクールに通う際にかかる費用の予算です。

どんなに魅力的なプログラミングスクールを見つけたとしても、自分が払える予算よりも高い出費がかかる場合には通いきれませんよね。

自分がプログラミングスクールに対してどのくらいの予算を割けるのか家計を見直して、ある程度の金額を確定してからスクールを探すようにしましょう。

ちなみに、プログラミングスクールに通うことでかかる経費は主に以下のとおりとなります。

入学料金

プログラミングスクールの中には、入学料金を支払わなければならない教室もあります。

相場はスクールによって様々ですが、安いところで10万円、高ければ60万円以上というスクールも存在します。

中には入学料無料や、無料キャンペーンを行っているスクールもあるので資料をよくチェックしてみましょう。

受講料金

プログラミングスクールに通うための受講料金は、ほとんどのスクールで1ヶ月あたりいくら、という料金設定となっています。

一部のプログラミングスクールには3ヶ月、6ヶ月などまとめて支払える料金設定を設けているところもあり、期間が長い分お得な価格設定が多いようです。

受講料金もスクールによってまちまちですが、多くのプログラミングスクールは1カ月あたり10万~15万円程度の設定となっています。

これ以上高いスクールを検討する場合には、どんな特色が合って受講料金が高くなっているのかを確認しておきましょう。

交通費・通信費など

オンラインスクールの場合には交通費、オフラインスクールの場合には通信費も必要です。

通信費は通常支払っているインターネット通信費で賄えることが多いですが、交通費は意外に馬鹿にならないもの。

定期券内の駅でスクールを探したり、家から安く通える場所を見つけたりと言った工夫も大切です。

学ぶ目的で選ぶ

皆さんがプログラムを習いたい都思っている目的とはなんでしょうか?

今いる会社で新しい業務を任されるから、あるいは、転職してキャリアアップしたいから、中には就職活動で役立てたいからという若い方もいるでしょう。

プログラムスクールは目的によって教える言語や卒業後のサポートが大きく異なります。

もしも、自分がやりたいこととずれたスクールを選んでしまうと、せっかく学んだことが無駄になりかねません。

プログラミングスクールを選ぶ時には、まず自分が何をしたいのかを整理してそれに合ったスクールを探すようにしましょう。

フリーランスのプログラマーになりたい場合

ある程度の実務経験があり、フリーランスとして独立したいと思っている人はポートフォリオ作成に比重を置いているプログラミングスクールを選びましょう。

フリーランスで求められるのは、技術力はもちろん「こんな仕事をした」「こんな技術がある」という分かりやすい実績です。

実績が無ければ、相手も信頼して仕事を任せることができませんよね。

企業に自分の技術をアピールするのにふさわしいポートフォリオを作成できるかにポイントを絞れば、通うべきプログラミングスクールも見えてくるはずです。

転職でキャリアアップしたい場合

転職してキャリアアップするためにプログラミングを学びたい、という方は就職希望先で必要なプログラム言語や技術を学べることはもちろん、転職・就職サポートが充実しているプログラミングスクールを探しましょう。

中には、卒業後3ヶ月以内に就職できない場合は受講料返金といったシステムを導入しているスクールもあります。

そういったスクールはプログラミングの授業だけでは無く、転職や就職における選考や面接の対策も十分に行ってくれるので、一人で不安を抱えて仕事を探すというストレスから解放されるでしょう。

プログラミングスクールを選ぶ際の注意点

プログラミングスクールの選び方を説明してきましたが、選ぶ際には注意しておかなければならないポイントもいくつか存在します。

時間とお金を使って新しい知識を学ぶのですから、後悔しないプログラミングスクール選びのためにも以下の3つのポイントはしっかり覚えて、スクール選びの参考してください。

無料説明会にはなるべく参加する

資料や公式HPで見た情報だけでプログラミングスクールを決めるのではなく、無料説明会や体験入学に参加することも選ぶ際のポイントです。

実際のスクールの雰囲気や、学べること、講師のレベルなどは自分の目で見なければ分からないものです。

通う前のイメージと通った後の現実が違う!

なんてことにならないように、スクールが開催している無料説明会は積極的に利用しましょう。

ネット所の口コミやビューは真に受けない

インターネットでプログラミングスクールを検索すると、色々な口コミやレビューが出てきます。

しかし、こういった情報は個人の主観が大きく影響するため、あまり参考になるとは言えません。

例えば、教室がある建物の清潔さや立地、アクセスなどを参考にするのは問題ありませんが、受講料の高さや授業のレベルなどは感想に個人差があるのであまり真に受けないように注視ましょう。

現代社会のIT化において、プログラミングを学ぶことは自分のスキルを高め、キャリアアップにつなげる効果的な方法です。

今では子供をプログラミング教室に通わせる親も増え、今後の社会では必要不可欠な技術となっていくでしょう。

そんなプログラミングを学ぶためのスクールを選ぶ時には、今回説明した選び方のポイントを参考にして自分の今後に役立つ知識を得られる場所を探してください。

プログラミングスクールで学んだことは、きっと自分の自信、そして人生の糧となるはずです。

プログラミングスクールには何歳まで通える?年齢制限はあるの?

最近では、プログラマーの需要はすごく高くなってきています。

だから、未経験からでもプログラマーになりたいと考えている人も多いでしょう。

ただそこで気になるのは、やはり年齢です。

未経験からプログラマーになるのに手っ取り早いのはプログラミングスクールに行くことで間違いありませんが、プログラミングスクールには年齢制限はないのでしょうか?

プログラミングスクールには年齢制限があることがある

まず結論から言うと、プログラミングスクールには、残念ながら年齢制限があることがあります。

たとえば20代限定とか、そういうところは珍しくありません。

もちろん特に年齢制限がないところもありますが、年齢制限があるところもあるのは事実なので、もしプログラミングスクールに行きたいと思ったら、少しでも若いうちに動き出すのがおすすめです。

だいたいが20代までという年齢制限

プログラミングスクールの年齢制限は、大体の場合で20代限定というものです。

だからたとえば、25歳以下とか、そういう厳しめの年齢制限はあまりありません。

中には35歳くらいまでと比較的にゆるめにしてくれているところもありますが、それでも多いのは20代限定なので、やっぱり早めに動くに越したことはないんです

なぜ年齢制限があるのか

でも、そもそもどうしてプログラミングスクールに年齢制限があるんでしょうか?

別に何歳からだって学びたい人には学ばせてあげればいいじゃないかと思うものですよね。

プログラミングスクールに年齢制限がある理由の多くは、就職支援があるからです。

プログラミングスクールでは、多くのところで就職支援のサービスがあります。

つまり、せっかく覚えたスキルを使って就職しようということなのですが、そこで年齢がネックになってくるんです。

やっぱりプログラミング未経験の人を採用するときに、その人が40歳くらいだったら、将来性にはあまり期待できなくなります。

では逆に20歳だったらどうでしょうか?

20歳であれば、たとえ今はスキル的にそこまで優れていなくても、これからどんどん成長してくれることが容易に想像できます。

しかも、40歳の方と比べると、最長で20年も長くこの会社で働いてくれることになるんです。

もちろん実際には転職などをして、すぐにいなくなってしまう可能性もありますが、それを無視すれば倍近く勤めてくれる期間が違ってくるんです。

人を採用するのにも、それを育てていくのもコストがかかります。

コストをかけるのであれば、長くいてくれた方が良いと思うのは当然です。

だから、やっぱり若い人の方が採用しやすくなるんです。

体力的に若い人の方が採用されやすいことも

また、若い人の方が採用されやすいのは、体力的な問題もあります。

40代ともなると、やっぱり体力は衰えています。

20代と比べると比べ物にならないでしょう。

そしてプログラミングの仕事は、意外と体力を使います。

バグを発見して処理するなど、高い集中力を求められますし、ずっとパソコンの前に座っているのは意外とすごく疲れるんです。

だから、高い体力が求められます。

明らかに若い方が体力があるんですから、若い人の方が採用されやすいのは当然なのです。

採用されてなんぼの世界

プログラミングスクールは、採用されるとその採用した企業側から報酬がもらえるという仕組みであることが多いです。

ということは、採用されてなんぼなんです。

でも、年齢が高くなると、その分採用されない可能性も出てくる。

だから、あまり年齢が高い人をプログラミングスクールにいれても意味がないんです。

特に無料のプログラミングスクールではそうです。

有料のプログラミングスクールであれば、別に授業料も収入になりますから、採用されなくてもそこまで問題にはなりません。

でも無料の場合は、その報酬こそが収入源になるわけですから、採用されないというのは死活問題になるんです。

だから、無料のプログラミングスクールの場合には特に、年齢制限があることが多いです。

年齢が高い場合にはどうすればいいのか

では、すでに30代40代である程度年齢が高い場合、どうすればよいのでしょうか?

そこからプログラマーになるのはあきらめた方が良いのでしょうか?

そんなことはありません。

そこからプログラマーになりたいと思ったら、二つの選択肢があります。

まず一つはやっぱり、年齢制限のないプログラミングスクールに通うことですね。

年齢制限がないところもあるんですから、そういうところであればしっかりと通うことができます。

ただ、たとえそういうところでも、やっぱり若い人たちの中に混じって勉強することになるので、ちょっと抵抗がある方もいるでしょう。

では、その場合にはどうしたら良いのか。

それが二つ目の選択肢です。

その場合にはやっぱり独学で学ぶしかありません。

今の時代、独学でも学べる環境はすごく整っています。

ブログでの広告収入や動画サイトでの広告収入が当たり前となっている時代ですから、自分が持っているプログラミングのスキルを発信してくれている人はすごくたくさんいるです。

さらに、プログラマーの需要の高まりとともに、プログラミングを勉強するための本もたくさん出ています。

だから、そうした本とネット上の先生を併用していけば、独学でもなんとかなることはあります。

独学は効率はすごく悪くなる

このように確かに独学でも学ぶことはできますが、独学で学ぶことには大きなデメリットがあります。

それが、効率がすごく悪くなること。

独学で学ぶ場合には、わからないところは最悪わからないままになることがあります。

そうすると、後々出てくるところもわからないことが出てきたりと、謎が連鎖してしまいます。

結果、せっかく勉強したのに、その本の半分くらいしか身にならないということが出てくるんです。

それはすごく効率が悪いです。

だから、基本的には年齢制限がないプログラミングスクールに通うというのが一番おすすめです。

年齢が高くても採用されることはある

でも年齢が高いと、せっかくプログラミングを学んでも採用されないのではないか?

と思いますよね。

どうせ採用されないのであれば、学んでも意味がなさそうに思えるのは当然です。

ただ、別に年齢が高いからと言って、採用されないわけではないんです。

確かに若い人材と比べると採用されづらいのは事実です。

でも、年齢がある程度高くても採用されている人はたしかにいます。

実際、プログラミング業界は人手不足であることも多いですから、これからの将来性とかそんなことを言っていられないところも多々あるんです。

だから、別に採用されないわけではありません。

ということはつまり、お金を払ってプログラミングスクールに行くだけの価値はあるということなのです。

もちろんスキルはより必要になる

ただもちろん、そうして年齢がある程度高い中で採用されていくためには、高いスキルが必要にはなります。

プログラミングは技術職ですから、ある程度のスキルがないといけないのは当然です。

年齢が高いと、自然とその高いスキルを期待してしまうのもまた、事実なのです。

プログラミングスクールには、残念ながら年齢制限があるところがあります。

だからプログラマーになりたいと思ったら、1年でも早く行動に移した方が良いです。

ただ、だからといって年齢制限から漏れてもあきらめる必要はありません。

年齢制限がないところもたくさんありますし、年齢が高くても採用されることはありますから。

それが、ここでの結論になります。

プログラミングスクールは月額制のところと定額のところどっちがいい?

プログラミングスクールの多くは、料金が定額になっています。

たとえば、入学金と授業料を合わせて40万円で半年間という風に。

でもそれだけではなく、月額制のところもあるんです。

入学金プラス月額で、月額を払っている限り学べるというスタイル。

こうした月額制と定額制、どちらのプログラミングスクールが良いのでしょうか?

月額制は確実に満足いくまで学べる

まず月額制のプログラミングスクールのメリットから見ていきます。

月額制のプログラミングスクールのメリットとして挙げられるのは、確実に満足するまで学ぶことが出来るという点。

学習期間が決められていると、自分の物覚えの悪さもあって、期間内に完璧な知識にできないこともあります。

でも月額制であればそこを完璧にできるんです。

勿論その分学習期間が長くなり、コストがかかる様になるということはあります。

しかし、それでも満足できるまで学習できるというメリットは大きいです。

逆に早く終わることもある

学習に時間がかかる場合にメリットが大きい月額制のプログラミングスクールですが、逆にあまり時間がかからないときにもメリットはあります。

というのも、学習期間が定められている場合には、定められているわけですから、基本的には早く終わっても何もありません。

でも、本来であれば3か月かかるところを2か月で終わることが出来た場合、月額制の場合は1か月分料金が浮くことになるんです。

結果、月額制の方がお得になることもあるくらい。

物覚えが悪い方にもおすすめできる月額制のプログラミングスクールですが、逆に物覚えがすごく良いという方にもおすすめできるのです。

定額制のメリットは料金が確実なこと

月額制のプログラミングスクールであっても、だいたいこのくらいのレベルになるにはこのくらいの時間がかかるということは教えてくれます。

なので、ある程度の料金は把握できるものです。

でも、その金額は上記のように変動することがあります。

それがメリットにつながることでもあるのですが、それでも金額が変動するのを快く思わない方もいるものです。

もしそういう方には、定額制の方が合っています。

定額制は、まず料金が変わりません。

半年で40万円といわれたら、何があっても半年で40万円なのです。

それ以上増えるということはありません。

選択肢が多いのもメリット

また、こうした定額制には、金額に変動がないということと同じくらい、あるいはそれよりも大きいといえるメリットがあります。

それが、選択肢が多いという点。

月額制のプログラミングスクールは、まだまだ多くはありません。

しかし定額制のプログラミングスクールはたくさんある。

だからオンラインのところが良ければオンライン。

通学のところが良ければ通学のところと、比較的に選び放題になります。

プログラミングスクールにも相性はあります。

何となくここでは学び易いけどここではやりづらいということもあるものなのです。

そういうことがあるわけなのですから、当然選択肢は多いほうが良い。

自分にあったところで効率よく学びたいという方には、定額のところで探した方がおすすめできます。

月額制のデメリットは時間をかけすぎる可能性があること

では、逆にそれぞれのデメリットはどこにあるでしょうか?

月額制のデメリットは、学習に時間をかけすぎてしまう可能性があることですね。

学習に時間をかけることは別に悪いことではありません。

でも、それがあまり関係ないことの学習であればどうでしょうか?

こういうことを学びたいと思っていたけど、やっぱりこういうことも学びたいから、もうちょっとやり続けようと思ってしまう。

それがずっと続いて、いつまでもお金がかかり続けることになる可能性もあるんです。

でも、月額で支払っているわけですから、実際のところこれまでにどのくらいのコストがかかっているかはあまり意識しない。

その結果、すごく高いコストをかけてしまうことになるんです。

勿論かかるのはコストだけではありませんよね。

時間がかかりすぎるということは、当然いつまでもステータスも変わらないということ。

プログラミングスクールに行く目的の多くは、就職・転職をすることです。

でも、いつまでも時間を学ぶということは、それが出来ないということ。

期間が決まっているプログラミングスクールであれば、まずそうなることはありません。

しかし月額制の場合にはそうなってしまう可能性があるんです。

お金をケチりたくなる可能性もある

また、月額制にはもう一つデメリットがあります。

それが、お金をケチりたくなる可能性があるという点。

先に述べてきた通り、月額制は、本来3か月かかるところが2か月で終了したらその分だけお得になります。

でも、それが悪いほうに働くこともあるんです。

1か月分のお金がかからなくなるのであれば、まだ完ぺきではないけれど、もういいかなと思ってしまうこともありますよね。

そうして中途半端で終わらしてしまう可能性があるのが、月額制のデメリットなのです。

中途半端で終わってもいいことはあまりありません。

結果それではあとで壁につまずく可能性が出てきますから。

どうせ壁に躓くのであれば、別に最初から独学でもあまり問題はありませんでした。

そうならないように、強い意志を持って通わないといけません。

定額制は最初に多額のお金が必要

定額制のプログラミングスクールのデメリットは、何と言っても最初にコストがたくさんかかること。

定額制の場合には、入学金も授業料もまず最初に払います。

月額制の場合は月額制なのですから、最初に必要になるのは入学金だけになります。

その入学金が高いこともありますが、それでも定額制のトータルの料金と比べると安いことは間違いありません。

ほとんどの場合で定額制の初期費用の方が高くなります。

それだけのお金を最初に用意するのは難しいという方もいるのではないでしょうか?

お金を貯める時間がかかる

勿論分割もできることが多いですが、分割をするにしてもある程度余裕をもってお金は必要です。

なので、定額制の場合にはある程度お金を貯めておかないといけないということになります。

ある程度のお金を貯めるというのは、決してスピーディーにできるわけではありません。

人によっては3か月4か月ではたまらないこともあるものです。

貯めようとするのに半年くらいかかったとしたら、まず勉強を始めるまでにそれだけ時間を無駄にすることになります。

勿論勉強自体は、自分でやろうとすれば出来ることもある。

なのでお金を貯めながら勉強をして、たまったらプログラミングスクールに通い始めるというのもアリではあります。

でもより効率的なのは、さっさとプログラミングスクールに通いはじめることであることは間違いありません。

月額制であれば、入学金なんてせいぜい10万円くらいですから、長くても2か月あればたまるのではないでしょうか?

あまりお金の余裕がない人、貯めるのに時間がかかりそうな人には、月額制のプログラミングスクールがおすすめです。

月額制のプログラミングスクールがあっている人もいれば、定額制のプログラミングスクールが合っている人もいます。

なのでまずはこれらのことを参考に、自分にはどっちがあっているかなと考えてみてください。

そして実際に、自分が合っているほうのプログラミングスクールの中からよさげなところを探してみると効率的です。

「TECH::CAMP」の詳細

独学でのプログラミング学習は「9割の人が挫折する」と言われています。

プログラミングを学ぶことはそれほど難しいことなのです。

そこでおすすめなのが「TECH::CAMP」というプログラミングスクールです。

プログラミングスクールは数多くありますが、その中でもTECH::CAMPはもっともおすすめできるスクールです。

数多くあるプログラミングスクールの中からTECH::CAMPをおすすめする理由は3つあります。

TECH::CAMPをおすすめする理由その1

まず一つ目は、「目的別にコースが別れている」という点です。

一口にプログラミングといっても人それぞれ目的が異なるはずです。

Webサービスを作りたい方もいればスマホアプリを開発したい方もいると思います。

TECH::CAMPなら様々なコースが用意されているので自分の目的にあった学習をすることができます。

TECH::CAMPをおすすめする理由その2

TECH::CAMPをおすすめする二つ目の理由は「自分のペースで学習できる」という点です。

プログラミングスクールには、大人数での授業形式や講師とのマンツーマンでの学習など様々な学習方法があります。

TECH::CAMPではコースごとに用意されているカリキュラムを教材を用いて学習を行なっていきます。

どのような学習方法が適しているかは人によって異なりますが、プログラミング学習の理解スピードは学ぶ方によって差がててきます。

大人数での授業形式の学習では理解していないのに先に進んでしまう場合もあります。

また、マンツーマンでの学習では講師の方に気を使ってしまってきちんと学習できないと言う方もいるかもしれません。

プログラミングをゼロから学習する方にとって自分のスピードで学ぶことができるTECH::CAMPの学習形態はもっともおすすめです。

TECH::CAMPをおすすめする理由その3

そして、3つめの理由が「常にアップデートされている」と言うてんです。

プログラミングの世界は日々ま毎日のように進化していっています。

1年前まではスタンダードだったことが今ではマイナーになっていることもよくあります。

そのため、プログラミングを学ぶ際は常に最新の動向に気を配る必要があります。

ただ、プログラミングを学び始めたばかりの方には自分で最新情報を追いかけることはとても難しいことです。

TECH::CAMPのように常にコース内容なカリキュラムがアップデートされているスクールを選ぶことは実践的なスキルを身につける上でとても重要なことなのです。

プログラミングを学習するコツ

プログラミングを学習する際に大切なことは「目標をしっかり持つ」と言うことです。

最初に書きましたがプログラミングの学習を始めた方の9割近くは途中で挫折してしまいます。

その大きな理由はプログラミングを学習して何がしたいのかという目標を明確に持っていないからです。

これからプログラミング学習を始める方は「目標」を明確しておくことをおすすめします。

もう一つは、疑問に思ったことはしっかりと理解できるまで調べることです。

幸いなことにTECH::CAMPに疑問に思ったことを質問できるメンターと呼ばれる方がいます。

わからないことや疑問に思ったことはそのままにせずどんどん質問してみましょう。

それがプログラミングを上達する一番の近道になるはずです。

プログラミングは今やエンジニアや技術者だけのものではありません。

プログラミングスクールでは小学生から定年を迎えた方まで様々な人がプログラミングを学んでいます。

プログラミングを学ぶことは仕事に役立つことはもちろん日々の生活を豊かにすることにも役立つはずです。

最初は難しく感じてしまうかもしれませんが、プログラミングスクールには優秀な講師がたくさんいますので安心して楽しんでください。

「侍エンジニア塾」の詳細

プログラミングスクールは、どこに入学しても、同じとは思っていないでしょうか。

実は、数多くあるプログラミングスクールの中には『侍エンジニア塾』のように、プログラミングの知識が全くない方でも、飛躍的にプログラミングの知識を学べる所もあるのです。

そこで、これからプログラミングを勉強しようと考えている方のために、「侍エンジニア塾」の魅力を紹介しましょう。

マンツーマンレッスン

プログラミングの知識がない方は、勉強しようとしたら、その難しい内容が理解できなくて、授業についていけないケースがあります。

このようなケースで、プログラミングスクールへ通学していても、時間の無駄になってしまうので、プログラミングの仕事に就ける事は難しいので注意しなければいけません。

所が、「侍エンジニア塾」では『マンツーマン指導』を行なっているので、飛躍的にプログラミングの知識を吸収する事ができるのです。

そのため「自分でもプログラミングを理解できるのだろうか」と悩んでいる場合には、マンツーマン指導を行なっている「侍エンジニア塾」はおすすめです。

未経験でも就職活動が有利に

専門学校へ通学しても、多くの企業は即戦力となる人材を募集しています。

なぜなら、新入社員を指導している余裕がない企業が多いからです。

所が、「侍エンジニア塾」では『オリジナルWebサービス』が用意されていて、プログラミングの仕事をしてこなかった方でも、プログラミングの仕事に就く事が十分に可能です。

そのため、経験がない方でも、「侍エンジニア塾」で学べばプログラミングの仕事に就く事ができるので、力仕事が苦手な方は「侍エンジニア塾」で学んでみる価値があります。

無料体験レッスン

多くの専門学校では『無料体験レッスン』を用意している所もありますが、その数はあまり多くありません。

それでは、「侍エンジニア塾」はどうなのかと言えば無料体験レッスンを用意していて、入学する前から、どのようなプログラミングスクールなのか把握する事ができます。

実際に、希望を抱いてプログラミングスクールに入学しても、イメージしていたものと違っていたら後悔してしまいます。

そのような事を考えたら、まずは「侍エンジニア塾」の無料体験レッスンを受けてみて、気に入った場合には入学してみるのも良いでしょう。

工夫されたカリキュラム

プログラミンの知識がある方にとって、基礎から学ぶカリキュラムは退屈に感じてしまうでしょう。

それとは逆に、プログラミングの知識が全くない方が、基礎をあまり教えてくれないカリキュラムを勉強する場合には、授業についていけない場合もあるはずです。

そこで、「侍エンジニア塾」では多くの生徒たちに合うカリキュラムを学んでもらうために『フルオーダーメイドカリキュラム』を用意しています。

このサービスを利用すれば、あなたの好みに合うカリキュラムを勉強できるのです。

このようなサービスを実施しているプラグラミングスクールは少ないので、この辺りも「侍エンジニア塾」の大きな魅力です。

AIコース

現代は科学技術の進歩がめざましいものがあって『人工知能』が注目されるようになりました。

そのため、人工知能を利用した商品を販売している企業や、開発している企業が多くなっています。

そのような企業が多くなっている事から、人工知能を扱えるようになれば、就職活動が有利になりますし、待遇の良い企業に入社する事も十分に可能です。

「侍エンジニア塾」では『AIコース』が用意されていて、人口知能を扱えるようになります。

多くのプログラミングスクールは、JavaやC言語などの基礎ばかりを教える所が多いので、AIコースが用意されているのは注目すべきポイントです。

オンラインサービス

プログラミングスクールで通っていても、分からない事があった場合には質問する事が恥ずかしいと感じてしまう方は多いでしょう。

「侍エンジニア塾」では、そのような方のために『オンラインサービス』を実施しています。

このオンラインサービスでは、自宅からオンラインで分からない事を質問できるので、他の生徒たちから「そんな事も分からないのか」と思われる事もありません。

「侍エンジニア塾」では、マンツーマン指導を行なっていますし、オンラインで質問する事もできます。

そのため、分からない所を放置する事がないので、授業に追いつく事が十分に可能です。

そのような特徴があるプログラミングスクールなので、小学校から高校まで授業に追いつけなかった方でも、「侍エンジニア塾」であればプログラミングを理解しやすくなっています。

「WebCamp」の詳細

プログラミングに興味があるけれど、どう勉強して良いかわからないという方から、自分で開発をしてフリーランスやIT系企業に就職してみたいという方におすすめなのが、WebCampです。

プログラミングスクールのWebCampでは、未経験からプログラミングやWebデザインのスキルを短期間でも身に付けることが可能な環境が整っています。

転職保障付きのプログラミングスクール

プログラミングを学んで、就職や転職に活かしたいという方がほとんどのWebCampでは、転職成功率が98パーセントと高く、専門スキルを身につくだけでなく、それを活かせるキャリアを始めることができるのでおすすめです。

いわゆる学校のように、基礎だけを学ぶのではなく現場に入った時にすぐに活かせる知識が身につくようにカルキュラムが組まれているので、短期間であっても効率的に学ぶことができます。

受講すると、専属のキャリアアドバイザーがキャリアの設計から就職や転職までをサポートしてくれるので、初めての業界でも安心してチャレンジできます。

3ヶ月間しっかり学び、受講が完了してから3ヶ月以内に転職や就職ができなかったという場合には全額を返金してくれるのです。

ほとんどの方が転職や就職ができているということを証明しています。

実践的なカルキュラムで技術も身につく

実際にIT企業などで働くことになると、開発は1人だけでなく色々なメンバーと協力して行うことが多いです。

即戦力として働けるエンジニアになるにはそれらのスキルが必要になってきます。

WebCampでは、よくある独学学習だけでなく、受講者でチームとなりサイトの開発を行なっていくのです。

プロジェクトを通じてよりプログラミング能力や設計能力なども向上していきますからより実践的に学びたいという方にもおすすめです。

課題で実際に作ったサイトなどは、就職や転職の際にも有利に使うことができます。

ライフスタイルに合わせた学習が可能

WebCampの営業時間は11時から22時までで、自分の好きな時間に通うことができます。

その時間内であれば常に講師がいるので、わからないことがあればいつでも質問をすることができるのです。

人によって11時から19時までみっちりと学習することもできますし、アルバイトや働きながら夜間だけという利用の方法もあります。

自分のペースで勉強をすることができるので、無理のないカルキュラムで学ぶことが可能です。

就職を手厚くサポート

WebCampでは3000名のエンジニアが卒業しており、多くの卒業生はキャリアアドバイザーによって希望の企業に就職をしてきました。

キャリアアドバイザーとの面談で、自分の希望の生き方から最適なキャリアデザインができます。

紹介先企業は大手IT企業から未公開の紹介案件まで幅広くあるので、希望の就職先を見つけることも可能です。

一般的な転職サービスよりも、より自分のことを親身になって理解してくれる専属のアドバイザーがいるので安心して就職にチャレンジできます。

キャリアの悩みや希望する仕事など、特にエンジニアの専門知識を持っている専属のキャリアアドバイザーがいるので心強いです。

転職保障も整っているので、早く確実にエンジニアになりたいという方にはおすすめのプログラミングスクールになります。

未経験でもエンジニアになりたいという方は、独学よりもより効率的かつ実践的な学習ができるWebCampがおすすめです。

転職保障もついているので、スキルが身につくだけでなく希望の企業に就職や転職ができます。

教室は営業時間通い放題で質問も無制限にできるので、自分のライフスタイルに合う学び方を選べるのも特徴です。

98パーセント以上の方が転職や就職に成功している信頼できるプログラミングスクールなので安心して通えます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール