おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

プログラミングスクールとアルバイト、どちらの方がプログラミングを学びやすい?

   

プログラミングを学びたいと思った時、独学をしながら未経験OKのアルバイトをしていくという方法と、まずはプログラミングスクールに通ってみっちり知識をつけていくという方法があります。

もちろんほかにも方法はありますが、特に効率が良いのはこの二つになるんです。

では、この効率の良い二つの方法のうち、より効率が良いのはどちらになるでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

アルバイトで学ぶ際の問題点

まずは、独学プラスアルバイトでプログラミングを学ぶということの問題点から見ていきます。

独学プラスアルバイトで学ぶことの一番の問題点は、学べるスキルに限界があることが多いという点です。

アルバイトはあくまでもアルバイト。

社員とは違います。

なので、あまり責任の伴う仕事を任せることはできません。

ということはつまり、そこまで複雑なことはさせてもらえないのです。

ごくごく基本的な、誰でも出来るようなことをするのがメインとなると考えるのが正解です。

そんな風に誰でも出来るような基本的なことをするわけですから、当然そこまで爆発的にスキルや知識が身についていくということはありません。

もちろんその道中で多少なりとも知識やスキルが増えていくことはあります。

全てにおいて知識やスキルが完璧なわけはなく、アルバイトに採用されたとしても多少の抜けはあるものですから。

でも、そうして得られる知識やスキルは期待しているほどではないことが多いんです。

そもそも採用されるまでに時間がかかることも

また、プログラミングスクールに通うのとは違い、アルバイトプラス独学の場合は、採用されるまでに時間がかかることもあります。

プログラミングスクールは、行きたいと思った時にいつでも行くことが可能。

もちろんそれにはお金が必要なのですが、お金さえ払えばいつでもいくことが出来るんです。

しかし、アルバイトの場合はどうでしょうか?

アルバイトをするためには、当然それに採用されないといけません。

もちろん基本的に人材不足なことが多いので、採用もされやすいことはありますが、それでもある程度のスキルや知識がないとそれもむずかしい。

なので、場合によっては全然採用されないまま時間だけが過ぎることもあるんです。

そうなると独学で学ぶ意欲もどんどん衰えていきます。

結果プログラマーの仕事にはつけないままになります。

そうなる可能性があるのは大きなデメリットですね。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

プログラミングスクールの問題点はコスト

では、逆にプログラミングスクールの問題点はどこにあるでしょうか?

それはやはり、コストです。

プログラミングスクールに通うためには、10万円から30万円くらいはかかってきます。

大人の人で今は別の仕事についているという人であれば、そのくらいの金額は用意できるかもしれません。

でも、それが難しい人もいますよね。

実家暮らしであれば比較的に簡単に用意できる金額ではありますが、一人暮らしの場合はこのくらいの金額を貯めるのも大変。

結果、全然プログラミングスクールに通うことが出来ないまま時間が過ぎてしまうこともあるんです。

すぐに行けるのがメリットのはずのプログラミングスクールなのに、それが出来ない人もいるというのはつらいところです。

ただ無料のプログラミングスクールもある

ただ、すべてのプログラミングスクールでコストがかかるのかというと、そうでもないんです。

プログラミングスクールの中には、無料で通うことが出来るところもあるんです。

そうした無料で通うことが出来るプログラミングスクールであれば、だれでもすぐに通うことが出来ます。

だから、メリットは活かせるんです。

ただ無料のプログラミングスクールは、就職先が限られているというようなことがあるので、その点だけは注意が必要です。

就職先が限られているとなると、あまり良い条件ではないところにしか就職できないこともありますから。

アルバイトのメリットはたくさんのところで学べる点

ここまではそれぞれの悪い点を見てきましたが、もちろんそれぞれに良いところもあります。

アルバイトと独学でプログラミングを学ぶことのメリットは、いくつかありますが、まず挙げられるのはたくさんのところで学ぶことが出来るという点です。

もちろんプログラミングスクールだって、いくつかのところで学ぶことはできますが、それにはコストがかかりすぎます。

それに対してアルバイトであれば、全くコストをかけずにいくつかのところで学ぶことが出来る。

幾つかのところで学んでみるというのは大切なことです。

プログラミングのやり方は一つではありませんし、こういうやり方もあるのかと、違うところで学ぶが故の勉強になる点もあります。

そして、こうしてたくさんのところで学ぶことが出来れば、中には一つくらいすごくしっくり来るところも見つかるものです。

そういうところが見つかれば、あとはそこでそのまま社員登用できるように長く働くだけ。

そうしたメリットも、アルバイトプラス独学にはあります。

プログラミングスクールからの就職だとどうしても博打感は出てきますから。

お金までもらえるというのもメリット

またアルバイトプラス独学で勉強していくのには、もう一つメリットがあります。

それが、勉強をしながらお金までもらえるという点。

プログラミングスクールは、たくさんのお金を払って通うところになりますが、アルバイトプラス独学であれば、逆にお金をもらえるんです。

無料というのもうれしいですが、お金をもらえるとなればさらに嬉しいですよね。

それはアルバイトプラス独学ならではのメリットです。

スクールであればある程度の知識は網羅できる

もちろんプログラミングスクールであっても、完璧な知識を身に着けるのは難しいです。

1か月やそこらで完璧な知識なんて身につかないものです。

ただ単に、ぎりぎり就職してもなんとかやっていけるレベルの知識がつくだけ。

でも、少なくともそのレベルまでは持っていくことが出来るんです。

なので、就職したあげくお荷物になるということは避けることが出来ます。

もちろん、就職後の実際の働く内容次第では、多少のお荷物感が出ることはあります。

でも、独学よりもしっかりと学べていることは間違いありませんから、そうなるリスクが少ないのは確かです。

独学プラスアルバイトだと網羅は難しい

独学プラスアルバイトという場合には、やはり知識にムラがあるものなのです。

知識にムラがあると、基本的なことを抑えることが出来ていなかったりもしてきます。

となると、「そんなこともわからないのか」と思われたり、もしかしたら実際に言われてしまうこともあるものです。

そんな環境の中でやっていくのはメンタル的にしんどいこともある。

その点知識にムラがなければ、確かに通用しないこともあるかもしれませんが、あからさまに使えないと思われる可能性は少なく、メンタルは保ちやすいです。

しっかりとした基礎知識を身につけたいと思うのであれば、独学プラスアルバイトでプログラミングを学ぶよりも、プログラミングスクールで学ぶのがおすすめです。

まとめ

プログラミングスクールで学ぶのも、アルバイトプラス独学で学ぶのも、どっちにもメリット・デメリットはありますが、よりおすすめできるのはやはり基礎知識をしっかりと身につけやすい方。

つまりプログラミングスクールで学ぶ方が、多くの人にとって学び易いんです。

もちろんお金をかけられないという事情がある場合には仕方ありませんがそうではない場合はプログラミングスクールがおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール