おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

プログラミングスクールは高い? 意外と高くないその理由

   

プログラミングスクールに行くとなれば、基本的には10万円を軽く超える料金がかかってきます。

高いところでは40万円近くになることも、あるいはもっと高くなることもあるんです。

それを考えると、プログラミングスクールというのはすごく高いように思えますよね。

でも実は、プログラミングスクールはそんなに高いものではないんです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

料金以上の価値がある

まず一つ言えるのは、プログラミングスクールに行くことには、大体の場合で料金以上の価値があるということです。

たしかに10万円以上のお金がポンと出ていくというのは、すごく高く思えても仕方ありません。

でも、プログラミングスクールでは、確実にプログラミングの知識をつけていくことができます。

もちろん、自分が折れたらその時点でそれはできなくなりますが、自分さえ折れなければ、まずプログラミングは理解できるんです。

プログラミングスクールであれば折れない

プログラミング初心者の人がどこでプログラミングに挫折してしまうのかというと、それはやっぱりわからない点が生じてきた際です。

わからないことがあると、それをなんとかして突破していこうと思うのは当然です。

でも、そのわからない点をわかろうとしても、独学ではどうしてもわからないこともあるんです。

そしてそのまま、わからないまま進んでいくしかなくなる。

だけどそれは、またしばらくして自分の前にたちはだかってくる。

しかもそれは次第に増えていきます。

わからないところは一つではないでしょうから、そういうところはどんどん増えていきます。

結果、いつしか全然進めなくなって心が折れちゃうんです。

でもプログラミグスクールであればそうなることはありません。

分からないところは分かるようになるまで質問することができますから。

かけた時間が無駄にならないのはすごく大きい

独学で勉強してきて心が折れたら、それまで一生懸命勉強してきたことはすべて意味がなくなってしまいます。

ということはつまり、それまでにかけてきた時間が無駄になるということ。

それまでにかけた時間が無駄になってしまうとすれば、その損失はすごく大きいですよね。

たとえば、人に1時間には、少なく見積もっても1,000円以上の価値はあるものです。

プログラミングスクールの料金を10万円とすれば、独学で100時間以上勉強していれば、プログラミングスクールの方がお得だということになるんです。

100時間以上の時間が無駄になれば、10万円が無駄になるのと同じですから。

そして実際100時間くらいはたつことも多いです。

1日2時間の勉強で1か月半くらいですから。

休みがあったとしても、2か月くらい勉強すれば100時間は超えます。

それくらいなら、している人も多いのではないでしょうか?

それを考えると、プログラミングスクールはむしろお得でおすすめできるものになります。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

就職しやすいから元を取り返しやすい

プログラミングスクールでは、就職支援があることも多いです。

たとえそれがないとしても、プログラミングを身に着けているということは、手に職がついているということです。

つまりスキルをアピールすることによって、就職がしやすくなるということ。

本来であれば就職活動や転職活動は、ほとんど人柄でするようなものになります。

でもそれは、たとえば人見知りの人にとってはつらいところがありますよね。

しかし、こうしてスキルで勝負することができれば、人柄で良いと思われなくても、採用される可能性は高くなるんです。

少なくともこのように武器が増えるわけなのですから、凄く就職はしやすくなります。

良い給料がもらえる仕事であることも多い

しかもプログラマーというのは、特殊スキルを必要とする仕事になります。

特殊なスキルを必要とする仕事というのは、えてしてまずまずの給料がもらえるものです。

だから、もしこれまでに違う仕事をしていたとしても、プログラマーとして転職していくことによって、より高い給料を得られるようになる可能性は高いんです。

もちろんこれまでに就職経験がない場合には、ぐっと年収も上がっていきます。

たとえばもしこれまでの給料よりも月に1万円高くもらえるようになったとします。

そうすれば、たとえプログラミングスクールに10万円かけていても、1年で元が取れるようになります。

それどころかプラスに転じるようになるんです。

このように比較的に簡単に元が取れるわけなのですから、やっぱりプログラミングスクールにかかる料金は高くはないということになるんです。

スクールに行きながら稼げるようになることもある

プログラミングスクールに行けば、プログラミングスクールに行きながら稼げるようになることもあります。

たとえば今では、クラウドソーシングサービスも発展していますから、クラウドソーシング、つまり外注でプログラミングの仕事を受けることが出来たりします。

ある程度基礎知識がついてくれば、これならば自分でも受けられそうだと思う仕事もみつかるものです。

それが見つかったら、あとはそれに応募していき、仕事をこなすだけになります。

そしてそれが出来れば当然報酬がもらえる。

それを繰り返していけば、プログラミングスクールにいきながら、そこで得た知識やスキルですぐに10万円を回収するということも夢ではなくなるんです。

ましてやプログラミングの仕事はある程度単価も高いことが多いですから、稼ぎやすいんです。

独学ではまずそれは難しいですよね。

そもそも自分がどのくらいの仕事をこなせるのかということもよくわからないはずです。

でも、プログラミングスクールであればそれも可能。

だからやっぱりお得なのはプログラミングスクールに通うほうだとなるんです。

アプリなどで稼ぐことも可能

別に稼ぎ方は、クラウドソーシングサービスだけではありません。

たとえば、プログラミングスクールに行きながらアプリを開発して、それを公開して稼ぐというやり方だってあります。

プログラミングスクールの中には、アプリ系の言語が学べるところもあります。

そういうところであればこういう稼ぎ方もできるんです。

もちろん確実に稼げるわけではないですが、早めにこうしたチャレンジができるようになるというのは、大きいです。

料金が安いところもある

このように、一見すると高く見えるプログラミングスクールの料金ですが、実は全然高くはありません。

でも、そもそも最初にこれだけの金額が用意できないという方もいますよね。

そんな方にとっては、いくら後々お得だといわれてもやっぱり高く見えるものです。

ただ、そんな方でも別にプログラミングスクールに通うことはできます。

プログラミングスクールの料金は、安いところもあるんです。

たとえば月額制で数千円とかそれに満たないところもあります。

それであれば、最初にそこまでお金を用意しなくても入れますから、なんとかなりそうですよね。

そして実際そういうところでも、ここまでに見てきたような効果はあります。

だから元も取れるんです。

ここまでのことを見てきても高く感じる場合には、そういうところを狙うのがおすすめです。

まとめ

プログラミングスクールは、このように実は高いものではないんです。

実際これだけの料金を払っても絶対に元が取れるという確証があるからこそ、ある程度高めの料金に設定しているということもあるでしょう。

だれもが損だと感じていたら、こんなにプログラミングスクールに人が来るわけもありませんし、長続きもしません。

それでも長続きしているし人がたくさんいるということは、この料金は実は高くないということになります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール