おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

プロフェッショナルを目指す!【悩み別】後悔しないデザイン専門学校の選び方

   

プロのデザイナーを目指すために、本格的にデザインの専門学校に通うことを考えている方がいます。

豊富な種類のデザイン専門学校があるので、その中から自分に最適な学校を選ぶにはカリキュラムや学校側が提供しているサービスなどを詳しく調べる必要があります。

いざ専門学校に入学して後悔しないためには、どのような点に気をつけながら学校選びをすれば良いのでしょうか。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

地元に通いたい専門学校がない場合はどうしたら良いか

住んでいる地域によっては近くに通いたい専門学校がない場合があります。

そんな時は、進みたい分野のデザイン専門学校がある場所まで時間をかけて通学する必要がありますが、気軽に通学できる範囲内に専門学校がない場合にはどうしたら良いのでしょうか。

上京をサポートしているデザイン専門学校を選ぶ

将来プロを目指すためにデザイン専門学校に通いたくても、地元に入学したい専門学校がない場合には思い切ってトレンド発信地でもある東京の専門学校に通うことを目標にするのも良いかもしれません。

デザイン専門学校の中には上京のサポート体制が整っており、上京して専門学校で学ぶことに関する悩みについて丁寧にアドバイスしてくれるところがあります。

専門学校を通して学べる環境を整えれば、安心してプロのデザイナーを目指すことができます。

寮完備のデザイン専門学校を選ぶ

上京してデザインについて学びたくても実家を出たことがなく、一人暮らしをしながら専門学校に通うことに不安がある場合には、寮完備のデザイン専門学校を選ぶのがおすすめです。

ほかの学生達と一緒に共同生活を楽しみながらデザインが学べるので、自分一人で暮らすよりも心強いでしょう。

食事が出る寮もあるので、健康管理を含めて安心して住める寮を選べばデザインの学習に集中することができるのでおすすめです。

各地で説明会を開催している専門学校を選ぶ

地方に住んでいる状態から、いきなり上京してデザイン専門学校に通うのはなかなか決心がつかない場合があります。

しかし、各地で定期的にきめ細やかな説明会を開催しているデザイン専門学校なら、学校のカリキュラム内容や設備などについて知ることができる上に不安に思うことについてアドバイスがもらえるのでおすすめです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

仕事と専門学校を両立したい場合はどうしたら良いか

専門学校でデザインについて学びたいのは学生の方ばかりではありません。

社会人の方の中にもデザインについて真剣に学んでデザイン業界への転職を考えている方もいますが、在学中は仕事と専門学校の両立を希望している方が多いかもしれません。

働きながら専門学校でデザインについて学ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

評判が高いカリキュラム内容の夜間専門学校を選ぶ

平日の昼に授業がある通常のデザイン専念学校では、社会人として働きながらデザインについて学ぶには時間的に無理があります。

その点、夜間クラスがあるデザイン専門学校なら仕事が終わった後に無理なく通えるので、安心してデザインについて学ぶことができます。

1週間に数日の通学で無理なく学べる専門学校を選ぶ

デザイン専門学校の中には1週間に3日程度の通学で無理なくデザインについて学べるところがあります。

毎日授業を受けるとなると仕事との両立が難しいですが、1週間に数日の授業で必要なスキルが学べるのであれば仕事と学業の両立がしやすいので充実した時間を過ごすことができます。

ただ、シフト制の仕事であればうまくスケジュールを組むことで両立が可能ですが、平日は毎日通勤する必要がある方の場合、夜間クラスを選択する方が授業に参加しやすいでしょう。

高い就職率を誇るデザイン専門学校を選ぶ

働きながらデザイン専門学校に通いたい方の多くが、現在の仕事からデザイン業界への転職を考えています。

転職を決心したら仕事と学業の両立も苦にならない場合がありますが、専門学校を卒業後すぐにデザイナーとして活動したい場合には高い就職率を誇るデザイン専門学校がおすすめです。

卒業生の多くがプロとして活躍していて質が高い求人が集まるデザイン専門学校なら、夢に向かって着実に進んでいくことができます。

十分な学費が準備できない場合はどうしたら良いか

専門学校に入学して本格的にデザインについて学びたいという希望があっても、必要な学費を準備できない方もいます。

特に社会人の方は生計を立てながらデザインを学ぶ必要があるので、お金にゆとりがない場合があるかもしれません。

どのような専門学校を選べば無理なくデザインについて学べるのでしょうか。

ローンで無理なく学費が支払える専門学校を選ぶ

学生の方であれば保護者の方に相談することでデザイン専門学校に通うための学費を出してもらえる場合があります。

しかし、社会人の方の場合、デザインを学ぶ際に自分で学費を準備する必要があるかもしれません。

そんな時は、教育ローンを通して学費を分割払いできるデザイン専門学校を選ぶと良いでしょう。

専門学校の学費はまとめて払うには高額ですが、分割払いなら綿密に計画を立てることで無理なく支払えるので専門学校に通うことを諦めずに済みます。

短期間で集中的に学べる専門学校を選ぶ

デザイン専門学校は通学する年数が多いほど学費が高い傾向がありますが、短期間の専門学校であればある程度学費を抑えることができます。

短期間でも高度なカリキュラムで必要なデザインのスキルが身につくところもあるので、学費の予算を立てた上で該当するデザイン専門学校を選ぶと良いでしょう。

就きたい職種がはっきりしない場合はどうしたら良いか

デザイン業界に進むことを決めていても就きたい職種がはっきりしていない場合、目標が定まらず悩んでしまうこともあるでしょう。

かといって迷ってばかりでは時間だけが経過してしまいますが、このような場合どのようにデザイン専門学校を選んだら良いのでしょうか。

途中でコース変更可能な専門学校を選ぶ

デザインについて学ぶ中で興味のある分野がより絞り込まれていくことがあります。

デザイン専門学校の中には在学途中で初期に選択したコースとは別のコースを選択することが可能なところもあるので、興味が湧いた分野の学習に集中することができます。

このような専門学校なら、入学当時は将来のはっきりした進路が見えてこない場合でも学びながら進路を定めることができるのでおすすめです。

1年目に幅広いデザインが学べる専門学校を選ぶ

将来就きたいデザインの職種がはっきりしていない場合には、1年目から一つの分野だけを専門的に深く学ぶタイプのデザイン専門学校はおすすめできません。

途中でほかの分野に惹かれたとしても基礎から学習し直す必要があるからです。

専門学校1年目で幅広い種類のデザインについて学び、2~3年目で専門的な内容を学べる専門学校なら在学中に効率良くデザインのスキルを習得しながら、最終的には進みたい方向性が定まるでしょう。

体験入学で本格的な授業が受けられる専門学校を選ぶ

体験入学の際に、専門学校内にある本格的な設備を使って授業が受けられるデザイン専門学校なら、進路を決める良いきっかけとなります。

就きたいデザインの職種がはっきり決まらない場合には、様々な授業を試しに受けてみて自分にとって最適なコースを選ぶと良いでしょう。

まとめ

デザイン専門学校は学費が高価なこともあり、あまりにもイメージと食い違った学校を選んでしまうと後悔することになります。

自分が迷っていることをうまく解決できる内容の専門学校を選ぶことで、安心してデザインを学ぶことができます。

幅広いタイプのデザイン専門学校があるので、自分に最適なところを選ぶことで将来に備えることができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ