おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブ『BambooFun CTH-461/W0』の魅力とは?

   

デジタルのイラストを製作できるペンタブレットは様々な機種が販売されていて、値段の安い製品から値段の高い製品まであります。

値段の高い製品のほうが高機能になっていますが、今までペンタブを利用した事がない方は、気軽に購入できないでしょう。

そこで、値段が安くても、ある程度の機能が搭載されている『BambooFun CTH-461/W0』を紹介するので、参考にしてみて下さい。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

BambooFun CTH-461/W0の特徴

本製品は値段が安くなっている製品でも、デジタルのイラストを製作しやすいポイントがいくつもあります。

そこで、これからデジタルのイラストを製作しようと考えている方のために、どのような特徴があるのか紹介するので、確認してみて下さい。

筆圧レベル

ペンタブを選ぶ際には、最も注目したほうが良い機能として『筆圧レベル』が挙げられます。

実は、筆圧レベルは、線や色の太さを調整できるので、効率よくデジタルのイラストを製作するために必要不可欠な機能です。

そして、本製品の筆圧は1024レベルもあるので、極細から極太まで描き分ける事が可能です。

実際に数多くあるペンタブの中には、筆圧が512レベルしかない機種があります。

それを考えたら、本製品は低価格なペンタブの中では、筆圧レベルがあるほうなので、お買い得な機種です。

コンパクトなサイズ

ペンタブで、デジタルのイラストを製作するためには、専用ペンを本体へ引いていく必要があります。

そのため、ペンタブ本体がある程度まで大きくなければ、効率よく作業を進める事ができません。

しかし、上位機種のペンタブでなければ、パソコンを併用する必要があるので、パソコンデスクにはPC(パソコン)・キーボード・ペンタブなどを設置する必要があります。

そのため、コンパクトなサイズのペンタブを利用するメリットは大きいです。

そして本製品の読取可能範囲は、わずか147.2×92mmしかありません(本体全体のサイズではないので注意)。

このようにコンパクトなサイズなので、大きなパソコンデスクを持っていない方には、おすすめのペンタブです。

マルチタッチ

通常タイプのペンタブでは、専用ペンを引いて操作していきますが、本製品は『マルチタッチ』機能が搭載されているので、指で操作する事もできるのです。

このマルチタッチでは、指をスライドさせる事によって、画像のスクロール・ズーム・回転などを行う事ができます。

そのため、左手の指でスライドさせながら、右手で専用ペンを引いていけば、短時間で作業を完了させる事が可能です(左手が利き手の場合は、この操作とは逆の方法で行う事もできます)。

読取速度

数多くあるペンタブの中には、専用ペンを上手に引いても、なめらかな線を引く事ができない機種もあります。

このような機種があるのは、読取速度が遅い事が大きく関係しているのです。

所が、本製品の読取速度は最高で『133ポイント/秒』もある事から、なめらかな線を引く事が可能です。

実際に、なめらかな線を引く事ができない場合には、線がカクカクとしてしまうので、作業に集中する事が難しくなります。

そのため、作業に集中したい方は、本製品を検討してみる価値があります。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

製品情報の詳細

本製品の特徴を紹介してきましたが、このペンタブの魅力はそれだけではありません。

そこで、製品情報の詳細も紹介するので、本製品を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

デザイン性

数多くあるペンタブのカラーは、ホワイト・ブラック・グレーなどが多いので、どの製品も似たようなデザインばかりです。

そのため、個性的なデザインをしたペンタブを探している方は、どの製品も物足りなく感じてしまうでしょう。

所が、本製品はツートンカラーになっていて、ホワイトとイエローになっています。

実際に、イエローになっているペンタブは多くないので、個性的なデザインをしているペンタブを探している方であれば、本製品に満足できる可能性が高いです。

コストパフォーマンス

本製品のように、機能やデザインが優れている機種は、多くの方たちが「本当に値段が安いペンタブなのだろうか」と半信半疑になったかもしれません。

所が、本製品は本当に低価格なペンタブになっていて、Amazonでは送料無料で税込価格12,800円で購入する事ができるのです(2018年5月31日時点)。

実は、数多くあるペンタブの中には、200,000円を超えてしまう機種がいくつもあります。

そのため、値段が安くなっているペンタブを探している方にも、本製品はおすすめです。

本製品の利用方法

本製品の魅力が理解できた方たちの中には、このペンタブを検討しようかと考え始めた方もいるでしょう。

そこで、このペンタブを利用する方法も説明するので、見ていきましょう。

画像加工

ペンタブはデジタルのイラストを製作する物と思っている方は多いかもしれません。

所が、本製品はデジタルのイラストを製作できるだけではなく『画像加工』も可能になっているのです。

そのため、デジタルカメラやスマホで写真撮影した画像をパソコンに取り込む事ができたら、本製品で写真加工まで可能になります。

そのため、風景や家族を写真撮影するだけでは、物足りなく感じていた方でも、本製品を利用すれば様々な楽しみ方があります。

デジタルのイラスト

アナログのイラストばかりを製作してきた方は、デジタルのイラストを利用するメリットが分からないかもしれません。

実は本製品を利用して、デジタルのイラストを製作しようとしたら、線だけではなく色まで簡単に消す事が可能です。

さらに着色した場合では、アナログとは違って、瞬間的に色が乾燥している状態なので、短時間で何色も重ね塗りする事ができます。

ただし、デジタルのイラストを製作する場合には、専用ソフトが必要になるので注意して下さい。

利用者たちの口コミ

本製品は値段が安くなっている上に、機能やデザインが両立しているので、コストパフォーマンスの高いペンタブです。

しかし、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方までいたのです。

そこで本製品を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品はコンパクトなサイズになっている事から、作業しやすくて満足している方がいました。

そのため、ある程度まで大きめのパソコンデスクを持っている方であれば、本製品の隣にイラストを描くための資料を置く事も可能です。

そうすれば、効率よくイラストを完成させる事ができるので、コンパクトなサイズになっているのも本製品の大きな魅力です。

さらに筆圧が1024レベルもある所を気に入っている方もいたので、ある程度まで機能の高いペンタブを探している方は本製品を検討してみる価値があります。

悪い口コミ

本製品を半年ほど利用していたら、専用ペンを引いていっても、本体が反応しないケースがありました。

そのため、本製品は耐久性が優れていない可能性が高いので、取り扱いには注意して下さい。

さらに本製品の専用ペンの芯先の磨耗が早くて、落胆している方までいたのです。

実際にペンタブの専用ペンの芯は磨耗品なので、本製品にように磨耗が早い場合には、維持費にお金をかける可能性があるので、気を付けて下さい。

まとめ

本製品の筆圧は1024レベルもありますが、実は2048レベルの機種もあります。

しかし、筆圧が2048レベルもある機種は、高額なペンタブが多いので、注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、コンパクトなサイズになっている上に、ある程度の筆圧レベルになっている本製品は多くの方が検討してみる価値があります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)