おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブ『Parblo A610』はマウス並みにリーズナブルな価格

   

Parblo A610 ペンタブレット ペン入力専用モデル お絵描きタブレット10" x 6" 2048 (ペンタブレット)

ペンタブは短時間で、イメージ通りにデジタルのイラストを製作できる事から、多くのイラストレーターたちが利用している周辺機器です。

そのため、趣味でデジタルのイラストを製作しようと考えている方たちの中にも、ペンタブを検討している方もいるでしょう。

しかしペンタブは高額な機種が多いので、気軽に購入できる物ではありません。

所が『Parblo A610』は、ペンタブなのに、マウス並みにリーズナブルな価格になっているので、本製品のコストパフォーマンスについて詳しく紹介しましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

製品情報の内容

マウスはペンタブに比べたら、なめらかな線を引く事ができない事で有名な周辺機器です。

それなのに、ペンタブである本製品が、マウス並みの価格になっている事について、多くの方は半信半疑でしょう。

そこで、このペンタブの製品情報について紹介するので、確認してみて下さい。

リーズナブルな価格

日本で販売されているマウスは、多くの機種は3,000円前後になっている物が多くて、高い機種になれば5,000円前後の物があります。

それに引き換え、ペンタブは高額な物になれば200,000円を超えてしまう物がいくつもあるのです。

それを考えたら、高額な物に比べてみたら、ペンタブはマウスよりも、値段が40倍もの高さになっています。

所が、本製品はペンタブなのに、Amazonでは送料無料で、税込価格4,888円にしかしなりません(2018年3月13日時点)。

それを考えたら、マウスとペンタブのどちらを購入するべきか悩んでいる方は、本製品を試してみる事をおすすめします。

付属品

本製品のようにリーズナブルな価格になっていたら、多くの方たちは、付属品が充実していないように考えてしまうかもしれません。

所が、本製品は付属品も充実していて、ペンタブ本体の他にも、専用ペン・ペンホールド・USBケーブル・ドライバCD・ユーザーマニュアル・指グローブなどがあります。

専用ペンやUSBケーブルなどは最低限でも揃えなくてはいけない物ですが、指グローブなどはペンタブ本体に汚れを着きづらくする物になります。

そのため、本製品は清潔な状態で利用しやすい物まで付いてきて、お買い得なペンタブです。

対応可能なOSの種類

本製品はコストパフォーマンスの高いペンタブですが、デジタルのイラストを製作するためには、パソコンと併用する必要があります。

ペンタブとパソコンを併用する際には、対応可能なOSなパソコンにインストールする必要があるので注意しなければいけません。

そのOSの種類とは、WindowsはXP・7・8・8.1・10・Vistaなどがあって、MacはOS X 10.5以上になります。

そのため、本製品を購入する際には、このようなOSがパソコンにインストールされているのか確認して下さい。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

Parblo A610の特徴

本製品は、付属品が充実しているだけではなく、ペンタブとしての機能も充実しています。

そこで本製品の機能は、どのようなものが搭載されているのか紹介するので、見ていきましょう。

筆圧レベル

ペンタブを利用する際には、専用ペンを本体部分に接していく事になります。

その時に専用ペンにかける力加減によって、線や色の太さを変えられる機能を『筆圧レベル』と呼ばれています。

本製品の筆圧は2048レベルもあって、極細から極太までコントロールしやすくなっているのです。

そのため、イラストを製作する際に必要な『入り』や『抜き』なども製作しやすくなっています。

そのような特徴もあるので、最初に細い線で描き始めて、途中から太くして、最後に細い線で払う事が可能です。

ショートカットキー

デジタルのイラストを製作する際には、専用のソフトを利用する事になります。

その際には多くのソフトで『ツール』をクリックして、線を描いたり、色を塗ったりします。

専用ソフトの種類によって、ツールの名前に違いはありますが、同じ操作方法になっている物が多いです。

ただし、ペンツールからブラシツールなどに切り替えるたびに、ツールをクリックしていたら、手間暇をかけてしまいます。

そこで本製品は『ショートカットキー』機能を搭載する事によって、ワンタッチ操作で様々な作業へ切り替える事が可能です。

230RPS

数多くあるペンタブの中には、正確な位置で線や色を引く事が難しい機種があります。

このような機種がある理由として挙げられるのが『RPS』が、大きく関係していのです。

このRPSの数値が低いペンタブは、専用ペンの反応率が悪くなっているので、正確な位置を検出する事が難しくなってしまうので、線や色のズレが生じやすくなります。

しかし、本製品は230RPSもあるので、線や色のズレが生じづらくなっているので、デジタルのイラストを製作しやすくなっているのです。

デジタルのイラストのメリット

今までペンタブを利用した事がない方は、ペンタブで、デジタルのイラストを製作するメリットが分からないでしょう。

そこで、デジタルのイラストを製作した場合のメリットを紹介するので確認してみて下さい。

短時間で線画を完成

イラストを製作する場合には、多くの方がキャラクターを製作したいと思うでしょう。

所がキャラクターを製作する場合に問題になるのが、線の強弱です。

まとまっている髪の毛であれば描きやすくなっていますが、細い髪の毛が風にゆれている所を描くのは容易ではありません。

所が、本製品の筆圧レベルを利用すれば、ひと塗りで1本の髪の毛を描いていく事ができるので、短時間で線画を完成させる事ができます。

さらに線が太くなっている部分と、補足なっている部分を描いていく事によって、メリハリのある線画を製作する事もできるのです。

データ管理が容易

本製品を利用して、デジタルのイラストを完成させた場合には、パソコンのフォルダーにイラスト画像を管理していく事ができます。

その時にパソコンにイラストを製作する際に利用した写真画像があれば、写真画像とイラスト画像を見比べて、どこの部分が似ているのか確認する事ができます。

さらにアナログのイラストと違って、何枚ものイラストを完成させても、空きスペースを確保する必要がありません。

ただしメモリーの空き容量を確保する必要はあるので、注意する必要はあります。

商品のレビュー

本製品はコストパフォーマンスの高いペンタブですが、利用者たちの中には満足している方もいれば、不満を抱いている方もいます。

そこで本製品のレビューを紹介するので、このペンタブは購入するほど価値がある機種なのか、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品はショートカットキー機能を搭載している事によって、短時間で作業を進められる所を気に入っている方がいました。

そのため、デジタルのイラストを何枚も製作したい方は本製品を利用してみる価値があります。

さらに低価格な商品なのに、付属品まで充実している所を気に入っている方もいたのです。

そのため、本製品のように定低価格なペンタブを購入したら、デジタルのソフトを製作する専用ソフトも気軽に購入できます。

否定的なレビュー

本製品を利用している方たちの中には、ペンタブ本体のサイズが小さすぎて、不満を抱いている方が何名もいました。

実際に本製品の画面サイズは10インチになっているので、大型サイズのペンタブを探している方は注意して下さい。

ただし大型サイズのペンタブになれば、価格も高くなる事は覚えておいたほうが良いです。

そして本製品の付属品が付いてこないケースがあって、不満を抱いている方がいました。

そのため、本製品を注文した場合には、しっかりと付属品が揃っているのか確認したほうが良いです。

まとめ

本製品は、マウス並みの価格になっていますが、ペンタブとしての機能がしっかりと搭載されています。

そのため、今までデジタルのイラストを製作してこなかった方で、アナログとデジタルの違いを試してみたい方は、本製品を購入してみる価値があります。

ただしペンタブは精密機器なので、取り扱いに注意しなければ、故障する可能性もあるので注意して下さい。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)