おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブ『Wacom Intuos Draw CTL-490』は高機能?

   

ワコム ペンタブレット Intuos Draw ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ホワイト CTL-490/W0

水彩やアクリルなどの絵の具を利用していたら、着色にした時に失敗したら、乾燥時間を待たなくてはいけません。

そのため、多くの方たちは「今よりも効率的にイラストを描けないだろうか」と悩んでいるでしょう。

そのような方におすすめしたいのが『Wacom Intuos Draw CTL-490』です。

この機種はペンタブと呼ばれるもので、容易にイラストを修正できて、インターネットで副業する事もできます。

そこで、アナログでイラストを描く事に不満を抱いている方のために、本製品の魅力に迫ってみましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブを利用するメリット

ペンタブを利用すればデジタルのイラストを製作する事ができますが、アナログとデジタルの違いについて、分からない方は多いでしょう。

そこで、デジタルとアナログのイラストの違うについて紹介しながら、ペンタブを利用するメリットを紹介します。

イラストの修正が容易

アナログのイラストを製作する際には、イメージしていたような色を塗る事ができない場合もあれば、色ムラが起きてしまう事もあります。

ところが、デジタルのイラストの場合には、着色した瞬間に他の色を重ねても、色が濁らないようになっているのです。

さらに、デジタルのイラストの場合には、透明度を高めない限りは色ムラが起きません。

そのため、今までアナログのイラストで着色しようとして、失敗してきた方は、デジタルのイラストを製作できるペンタブを利用するメリットは大きいです。

インターネットで副業

現代の日本では、クラウドソーシングが注目されていて、インターネットを利用すれば、在宅で仕事をする事が可能になりました。

このようにインターネットを利用して、クラウドソーシングから紹介された仕事をする方たちを『クラウドワーカー』と呼ばれています。

ただしクラウドワーカーがイラストで仕事をしようと思った時には、デジタルのイラストで製作しなければいけません。

なぜならインターネットで、イラスト画像を送信するためには、デジタルにする必要があるからです。

そのため趣味でイラストを描いているだけではなく、好きな事でお金を稼ぎたい方は、ペンタブを利用してクラウドソーシングを利用する方法は、おすすめです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

Wacom Intuos Draw CTL-490の特徴

ワコム ペンタブレット Intuos Draw ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ホワイト CTL-490/W0

ペンタブには多くのメリットがありますが、数多くあるペンタブの中には、機能に大きな違いがあります。

本製品は低価格なペンタブですが、意外にも高機能な上に利便性も高いので、その秘密に迫ってみましょう。

筆圧感度のレベル

デジタルのイラストを製作する場合には、アナログのイラストのように、線や色の太さをコントロールする事が重要になります。

ペンタブには『筆圧感度』と呼ばれる機能が搭載されていて、専用ペンにかける力の入れ具合によって、線や色の太さをコントロールできるようになっているのです。

そして本製品の筆圧感度は『2048レベル』もあるので、線や色の太さをコントロールしやすくなっています。

そのため、表現力が豊かなイラストを製作する事ができるのです。

ショートカットキー

ペンタブで、デジタルのイラストを製作する事は様々なメリットがありますが、線を引いたり、着色したりする時には、いくつか手順を踏まなければいけません。

この手順を踏むためには、マウスで専用ソフトの『ツール』をクリックする必要があるので、意外にも手間暇をかけてしまいます。

ところが、本製品には『ショートカットキー』機能も搭載されている事から、ワンタッチで操作を切り替える事ができるので、手早く作業を進められます。

コンパクトなサイズ

ペンタブで、デジタルのイラストを製作するためには、パソコンを併用する必要があります。

そのため、ペンタブはパソコンデスクに設置する必要がありますが、パソコン・マウス・ペンタブなどを設置していけば、パソコンデスクが狭く感じてしまいます。

ところが、本製品はコンパクトなサイズになっていて、21×16.9cmにしかなりません。

そのため、あまり広くないパソコンデスクでも、それほど狭く感じる事がないのです。

本製品の商品情報

本製品の特徴を理解してもらえたところで、次に商品情報も紹介するので、このペンタブを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

対応可能な環境

本製品とパソコンを併用するためには、本製品に対応可能なOSをパソコンにインストールする必要があるのです。

そして本製品に対応可能なOSとは、Windowsでは7・8・8.1・10で、MacはOX X10.8.5以降になります。

ただし、新しいOSをインストールする際には、データがなくなってしまうケースもあるので、バックアップを取る事を忘れないようにして下さい。

そしてパソコンの種類によっては、インストールできないOSもあるので、気を付けたほうが良いです。

ワイヤレス

ワイヤレス対応のキーボードやマウスなどを利用しなければ、様々なコードをパソコンデスクの上に設置しなくてはいけません。

そのため、ワイヤレスに対応していないペンタブを利用してしまえば、多くのコードがパソコンデスクの上にある状態なので、何かのはずみでコードが引っかかって、ペンタブが落下する可能性があります。

実際にペンタブは精密機器なので、パソコンデスクから落下したら故障する可能性があります。

ところが、本製品はワイヤレス対応になっているので、パソコンデスクの上をスッキリとした状態で、利用する事も可能です。

リーズナブルな価格

本製品は魅力的なポイントが多かったので、低価格な機種になっている事が、にわかに信じがたい方もいるでしょう。

ところが、Amazonでは送料無料で、税込価格6,862円で購入する事ができるのです(2018年3月2日時点)。

ペンタブを購入した事がない方は、本製品が低価格な機種なのか分からないかもしれませんが、高額な機種になれば、300,000円を超えてしまう物もあります。

そのため、本製品はリーズナブルな価格になっているほうなので、コストパフォーマンスが高いペンタブを探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの満足度

本製品を利用すれば、様々なメリットがありますが、意外にも利用者たちの中には不満を抱いている方もいました。

そこで本製品を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

ペンタブには『作業領域』というものがあって、専用ペンに反応できるエリアが備えられています。

本製品を利用している方たちの中には、この作業エリアが広めになっている所を満足している方がいました。

さらに低価格な割には、性能がよくなっている所を気に入っている方もいたのです。

そしてペンタブを初めて利用する方でも、本製品は利用しやすくて、満足している方もいました。

そのため、上位機種のペンタブでは使いこなせるか、心配な方は本製品を検討してみる価値があります。

否定的な口コミ

本製品を利用する際に、設定する所で戸惑ってしまう方がいました。

そのため、パソコンの設定に不慣れな方は苦労する可能性があります。

そのようなケースがあったので、可能であれば、パソコンの設定に慣れている友達や知人に、設定を手伝ってもらったほうが良いでしょう。

そして本製品は筆圧感度が搭載されていても、細かく設定する事ができなくて、不満を抱いている方もいたのです。

そのため、細かく設定したい方は、注意したほうが良いです。

まとめ

ペンタブを利用しないで、アナログのイラストを製作した場合でも、デジタルカメラを利用すれば、デジタルのイラストを製作する事はできます。

しかし、デジタルカメラで撮影した画像では、上手く撮影できない場合がありますし、画質が劣化する場合もあります。

そのため、インターネットでイラスト画像を販売したい場合には、低価格なペンタブになっている本製品はおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)