おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブ『XP-Pen StarG430W』はマウス並みの低価格

   

XP-Pen ペンタブレット 4*3インチ ペンタブ 2mm厚さ 2048レベル筆圧 イラスト入門用 OSU!ゲーム用 白 StarG430W

アナログでイラストを描いている方たちの中には、デジタルへ移行しようと考えている方もいるでしょう。

しかし、マウスでデジタルのイラストを製作する事は簡単ではありません。

そのため、デジタルのイラストを製作している方たちの多くはペンタブを利用しています。

しかしペンタブはマウスに比べたら、値段が高くなっているので、ペンタブを購入するべきか悩んでいる方も多いでしょう。

実は数多くあるペンタブの中には『XP-Pen StarG430W』のように、マウスと変わらない値段で販売されている物もあるのです。

そこで、値段の安いペンタブを探している方のために、本製品について詳しく紹介するので、見ていきましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

XP-Pen StarG430Wの注目点

低価格なペンタブを探している方でも、あまりにも値段が安くなっていたら、ペンタブとしての機能が搭載されているのか不安を感じてしまうでしょう。

そこで本製品がペンタブとしての性能が高いのか紹介するので、見ていきましょう。

小型サイズ

ペンタブには『板タブ』と『液タブ』があって、板タブは液タブに比べて、性能は劣っていますが、値段が安くなっています。

本製品は板タブになるので、低価格を実現しています。

ただし上位機種の液タブの中には、OSを搭載している物もあるので、ペンタブ単体でイラストを製作できる機種もあるのです。

しかし板タブは、液タブほど高性能ではないのでパソコンが必要です。

そのため、パソコンデスクの上で作業をする必要があるので、パソコン・キーボード・マウスの他にペンタブも設置しなくてはいけません。

そのため、小型サイズのペンタブでなければ、作業しづらくなってしまいます。

実は、本製品のサイズは、10.16×7.62cmになっているので、パソコンデスクに設置しやすいサイズになっているのです。

筆圧感度

マウスで、デジタルのイラストを製作しようとしたら、なめらかな線を引く事が難しくなっています。

なぜならマウスは絵筆のように、筆先を確認する事ができないからです。

所が、ペンタブの場合には、ペンタイプをペンタブ本体に接する事で、線を引く事ができるのです。

さらにペンタブは『筆圧感度』という機能が搭載されていて、線や色の太さをコントロールできるようになっています。

そして本製品の筆圧感度は、2048レベルもあるので、極太から極細まで描き分ける事ができます。

そのため、線の強弱を付けられるペンタブを探している方には、本製品はおすすめです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

対応可能なソフト

デジタルのイラストを製作するためには、ペンタブだけではなく、専用ソフトも必要になります。

そこで本製品に対応可能なソフトを3つまで紹介するので、どのソフトを利用するべきか悩んでしまった場合には、参考にしてみて下さい。

openCanvas

本製品は低価格なペンタブになっていますが、この機種を購入したら『openCanvas』のシリアルナンバーが無料で付いてきます。

このソフトは、無料で利用できるとは思えないほど、様々な機能が搭載されているので、初級者から上級者まで満足できるソフトになっているのです。

実際に多彩な『ブラシツール』が用意されているので、様々なタッチでイラストを製作する事ができます。

さらに『テキストツール』も搭載されているので、文字やロゴを製作する事が苦手な方は、このソフトを重宝できます。

Painter

アナログのイラストを制作してきた方たちの中には、油絵のような重厚感のあるタッチや、透明水彩絵の具のような透明感のあるタッチで、イラストを制作したい方は多いでしょう。

このようなタッチは、デジタルのイラストでは再現できないと思っている方はいるかもしれませんが『Painter』のソフトを利用したら、重厚感のあるタッチや、透明感のあるタッチが可能になっているのです。

そのため、アナログのような作風をデジタルでも再現したい方には、Painterはおすすめのソフトです。

Clip Studio

イラストを制作している方たちの中には、アナログの画材では上達できなくて、デジタルのイラストを試してみたいと考えている方もいるでしょう。

そのような方におすすめなのが『Clip Studio』です。

このClip Studioは、線のぶれを補正できる機能が搭載されているので、なめらかな線を引く事ができない方であれば、満足できる可能性が高いです。

さらに『入り』や『抜き』などの機能も搭載されているので、単調な線画になりやすい方でも、表現力が豊かなイラストを制作する事ができます。

製品情報の内容

本製品の特徴や対応可能なソフトを理解してもらえた所で、次に製品情報も紹介するので、このペンタブを詳しく知りたい方は見ていきましょう。

デザイン性

数多くあるペンタブは、ブラックやグレーなどのカラーが多いので、女性たちの中にはペンタブのデザインに満足できない方もいるかもしれません。

所が、本製品は、ペンタブとしては珍しく『ホワイト』のカラーになっているのです。

一部分だけはグレーになっていますが、大部分はホワイトになっているので、清潔感のデザインが好きな方にはおすすめのペンタブです(ブラックカラーのモデルもあるので注意)。

対応可能なOS

本製品とパソコンを併用する際には、ペンタブに対応可能なOSをパソコンにインストールする必要があります。

そして本製品に対応可能なOSの種類は、Windowsは7・8・10で、Macは10.8以降になっています。

ただし、このOSをインストールする前に、データのバックアップを取っておいて下さい。

なぜなら、新しいOSをパソコンにインストールしたら、データがなくなってしまうケースがあるからです。

そして、パソコンのメモリの空き容量が足りない状態で、OSをインストールしたら、フリーズしやすくなるので注意して下さい。

リーズナブルな価格

本製品は魅力的なポイントが多いペンタブになっていますが、Amazonでは送料無料で、税込価格3,499円で購入する事ができます。

実際に日本の家電量販店で販売されているマウスは、3,000円前後になっている商品が多いです。

さらに値段が高いマウスになれば、5,000円になる商品もあるのです。

それを考えたら、マウスとペンタブのどちらを購入するべきか悩んでいる場合には、マウスと同じぐらいの値段になっている本製品を検討してみる価値があります。

利用者たちの口コミ

本製品はマウスと同じぐらいの値段になっているので、本当にペンタブとして機能するのか不安を感じてしまう方はいるかもしれません。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、紙に描いているような描き心地で、満足している方がいました。

実際にペンタブの中には、ザラザラしている機種もあるので、なめらかな線を描きづらいケースもあるのです。

それを考えたら、なめらかな使用感になっているのは、本製品の大きな魅力です。

さらに本製品のドライバをダウンロードしたら、イラストをすぐに使用できて、満足している方もいました。

そのため、面倒な設定をあまりしなくても利用できるので、パソコンの設定が苦手な方でも気軽に利用できます。

否定的な口コミ

本製品を利用しようとしたら、筆圧が感知できないケースがありました。

このようなケースが起きてしまう原因として、利用するソフトの種類を変えた事が挙げられます。

そのため、筆圧が効くソフトと、効かないソフトがあるので注意する必要があります。

さらに本製品はコンパクトなサイズなので、利便性が高くなっていますが、サイズが小さすぎて、描きづらいケースもありました。

そのため、大型サイズのペンタブを探している方は注意して下さい。

まとめ

本製品は使用するソフトによって、筆圧が効かないケースがあったので、様々なソフトを利用したい場合には注意する必要があります。

そのようなケースもあるので、本格的にデジタルのイラストを制作しようとする方には、合わない可能性があります。

そのため、ペンタブは便利な周辺機器なのか、試してみたい方には、おすすめの機種です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)