おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブが動かなくなったときの対処法を一挙に公開!使い勝手が良い替芯やマルチ機能なペンタブにも注目!

   

ワコム Intuos Photo ペン&タッチ 写真画像編集用モデル Sサイズ ブラック  CTH-490/K2

時代の変化と共に、絵を描く技術も飛躍的に進歩しました。

今までは紙に絵を描くのが一般的でしたが、ペンタブ(ペンタブレット)の登場で描画のバリエーションが広がったのではないでしょうか。

その機器や関連商品について見ていきますので、新たなお絵描きライフを送りたい方は、ここでお伝えする情報でペンタブの知識を深めてください。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブの替芯 ストローク5本入り

Wacom ペンタブレットオプション 替え芯 Cintiq/Intuos/Bamboo/DTx用 ハードフェルト5本入り ACK-20003

Amazonで売られているペンタブの替芯 ストローク5本入りは、ペンに組込まれたスプリングで芯先が1mm程上下するようになっていて、筆圧のコントロールができます。

バネで筆圧を吸収するようになっているため、ペン先の減りが抑えられます。

コスパの良いペンタブの替芯に数えられてそうで、ペンがすぐに擦り減ってしまう方におすすめです。

ペン先が斜めに削れにくくなったという感想もあって、変な削れ方をしたばかりに芯を買えなければいけないのを避けるためのアイテムだと言えます。

Amazonのペンタブの替芯でないと絵が描けないという位に頼りにしている愛用者の声もあって、芯が抜け落ちないと好評です。

いかにもタブレット専用のペンは5本セットのストローク芯で決まり!

と確信しているかもしれません。

滑らかなタッチに手の負担が軽い替芯

芯の滑らかなタッチが特徴で、絵が描き易いとお喜びになった方が居ました。

描画のし易さは作業効率に大きく影響するため、タッチの良さは生命線だと言っても過言ではないでしょう。

ペンを持つ手の負担が軽いようで、長時間の描画をされる方には嬉しいことではないでしょうか。

ペンを操る利き手が疲れて掛けなくなるのを未然に防止するためのメリットも目の付け所です。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブが動かなくなったらどうする?

ペンタブが正常に反応しなくなったら、ペンタブ関連サービスを再起動することで復旧する場合があります。

OSがWindows8以降であれば、対象サービスで右クリックして停止させた後に開始を選択することで正常に動き出す可能性があるようです。

ソフトの安定化にもつながるので、ちょっとペンタブが動かないと感じたときに上記の対策を実践すると良いでしょう。

USBポートの抜き差しも効果的で、認識処理の再試行で正常にペンタブを認識する場合があるからです。

別のUSBポートに替えるのも一つの手段であり、別のUSBポートのデバイスドライバのチェックと初期化により、ペンタブが動くようになります。

予備に全く異なるUSBポートを用意することで、その機器の停止時の解決の糸口になるかもしれません。

OSの再起動はペンタブを動かすためのベターな方法

OSの再起動もペンタブが動かないときの対処法で、何かあったら再起動という格言があっても不思議ではないでしょう。

ペンタブもパソコンと同様に複雑な処理をする機器なので、突如システムに不具合が起こって動作に影響を及ぼすのは決して珍しくないと思います。

ペンタブを動かすためのOS再起動が多い場合は、パソコンにインストール済みでまだ使われていないソフトウェアを削除した方が良いとのこと。

再びその機器が動かなくなるトラブル回避に有効だからでして、いちいち再起動して時間ロスを発生させないことも快適な描画ライフに大切なことです。

筆圧レベルの互換性やUSBポートの接続

筆圧レベルの互換性にチェックが入っているのもペンタブが動かない原因です。

筆圧感知の反応が悪いと感じたら、一度その互換性を確認すると良いかもしれません。

USBポートの接続に問題があって、ペンタブの動きに影響する場合があります。

USBポートのメス側ポートの金属部分を中に向かって押しやるとその機器の動きの悪さが改善されたりするようです。

しかし自己責任なので、抵抗無く接続の確認ができるかが判断の分かれ道…。

ペンタブが動かなくなることはよくありがちなので、USBポートに絡んだトラブル対策は多々あるかもしれません。

電力不足でペンタブが動かない理由

電力不足もペンタブが動かなくなる原因に挙げられていて、USBポートに外付けハードウェアを沢山つなげている方は要注意です。

使っていない外付け機器を外してからペンタブのみ接続することで、電力が他の機器に取られてペンタブが動かないのかが分かります。

つまり、ペンタブが単独で動けば電力不足が原因の動作不良となるわけです。

グラフィックボードを後付けしていると、その基盤で消費される電力もあるので電力不足に陥り易くなるとのこと。

このような場合は、高スペックな電源ユニットに変えることでペンタブが動かない問題が解消されたりします。

電力不足によるその機器の不具合を識別するスキルもユーザーに兼ね備えていただきたいです。

ペンタブが水に濡れて動かなくなった…どうしよう!

ペンタブが水で濡れた場合も動かなくなりますが、まずは電源を抜くことが肝心です。

下手に動かしてショートしたら大変ですし、その機器の復旧どころではなくならないようにしましょう。

外側の水分を拭き取ってから3日間放置して、ペンタブ内の水が蒸発し切るようにします。

その後の動作確認で異常が無ければトラブル解消なので、水に濡れても落ち着いた対応でペンタブが息を吹き返すことも往々にしてあるでしょう。

Intuos Photo small

ワコム Intuos Photo ペン&タッチ 写真画像編集用モデル Sサイズ ブラック  CTH-490/K2

Intuos Photo smallと呼ばれるペンタブは、パソコンで写真加工する際に活躍するそうです。

撮影した写真の補正や合成などができるので、多くの写真愛好家におすすめできる商品かもしれません。

色調補正も可能で、この色合いをもうちょっと変えられないのか?

という方のニーズにも応えられます。

画像のゴミ取りができるため、クリーンな画像に強い拘りがある方には有り難いですね。

エフェクトの追加機能もあり、写真の映像や音声を加工するときに便利。

手書き文字やイラストを写真に追加できるので、味のある写真にしたい場合に重宝されているでしょう。

48時間使用と便利なワイヤレス機能

48時間まで使えるペンタブであり、充電時間はフル充電でも6時間で完了します。

丸2日分使い続けられるペンタブも中々利用価値が高そうですし、使用時間の長さで充電の手間が少なくなるだけでもだいぶ負担軽減になるのではないでしょうか。

ワイヤレス範囲は約10mですが、使用環境によって変わるため、10m以下でも妥協できるかも購入の基準にするのがおすすめです。

ワイヤレスでIntuos Photo smallをお使いになる場合は、別売のワイヤレスキットが欠かせません。

お値段は13,824円の税込みなので、以上の商品仕様との釣り合いがあるお値段だと感じた方がいらっしゃいそうですね。

コスパに優れたペンタブもユーザーを惹き付けるアイテムに数えられているでしょう。

安いペンタブは使える物?

ペンタブは安いに越したことはないですし、安い方が気軽に使える方の考えが多々あるでしょう。

安ければ5千円程度で購入できるので、その機器の入門編に選ばれ易いかも。

安いけれどクオリティにも配慮されたペンタブもあるので、安いイコール駄目な商品とは限りません。

サイズや筆圧感知などでどの程度まで割り切れるのかを見定めることが、値段以上に重要な判断基準です。

まとめ

ペンタブに便利な機能が沢山あるので、多くの方の主力武器になっているかもしれません。

絵を描くだけに留まらない多機能なところも、ユーザーの好感を勝ち取っているのではないでしょうか。

ペンタブが動かなくなったときの対処法が分からない方にもご満足いただける内容だと思っていただければ幸いです。

新たな作業ツールにその機器を活用する方が続出するでしょうし、これからも需要を伸ばす商品であるのが予想されます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)