おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブでうまく絵を描くには?初心者のための4つの練習法

   

ペンタブは絵を描くための便利なアイテムですが、初心者の場合、なかなか思うように描けず、悩むこともあります。

特に、それまで紙に描いていた人は、感覚の違いに戸惑うことも多いのです。

そんなときは、練習方法に注目してみましょう。

少しでも早く慣れるためには、適切な練習が必要になります。

では、初心者のための練習方法を、詳しく説明していきましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

簡単なものから始めよう

ペンタブの練習をする場合、初心者によくある間違いとしては、「最初から絵を描く」というものがあります。

絵を描くためのペンタブであれば、絵を練習するのは当然のように思えますが、それは初心者向きの練習法ではありません。

まだペンタブの扱いに慣れていない初心者の場合、いきなり絵から始めるのは、ともてハードルの高い方法なのです。

初心者なら、もっと単純なものから取り組んでいきましょう。

最初から難しい目標を立てるのではなく、まず簡単なものから始めることは、練習の基本です。

例えば、初めてジョギングをする人は、いきなり速いペースで長い距離を走ることはありません。

最初はゆっくり、短い距離から始めて、少しずつステップアップしていくものです。

運動に慣れていない人は、ジョギングではなく、ウォーキングからスタートする場合もあります。

ペンタブの場合も、いきなり普通に描くのではなく、誰にでもできそうなことから始めて、徐々に上達していけばよいのです。

文字や記号でペンタブに慣れる

初心者がペンタブの練習をするなら、最初から絵を描くのではなく、文字や記号など、単純なものから始めてみてください。

紙に文字を書くことは、誰にでもできる簡単な作業ですが、ペンタブを使った場合は、少し難しくなります。

初めてペンタブに触れる人なら、ひらがなのような単純な文字でも、あまりきれいに書けないこともあるのです。

そのため、ペンタブに早く慣れるなら、できるだけきれいに文字を書く練習から始めていきましょう。

記号の場合も、なるべく形が崩れないように注意してください。

きれいに書くことを意識すれば、ただ線をまっすぐ引くだけでも、効果的な練習になります。

それらがスラスラと書けるようになれば、ペンタブの扱いに慣れてきた証拠です。

ある程度ペンタブに慣れておけば、絵の練習もスムーズに進めることができます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

線をトレースする

文字や記号で練習してペンタブに慣れても、いきなり上手な絵を描けるわけではありません。

絵の練習をするときも、簡単なことから初めて、コツコツと上を目指していきましょう。

そこで注目したいのが、線をなぞる練習法です。

最初から自分で描くのは難しくても、なぞって描くだけなら、だれでも簡単にできます。

まずはこの方法で練習して、ペンタブで絵を描くことに慣れていきましょう。

好きなイラストなどを印刷した紙をタブレットの上に敷き、それをなぞっていけば、なめらかな曲線をきれいに描く練習になります。

また、パソコンの画面にイラストを表示させ、画面上で行うことも可能です。

考えながら最後まで

なぞる練習は、とても簡単な方法であるため、ときには不安になることもあります。

線をなぞっているだけでは、いつまで経っても上達しないように感じてしまうのです。

確かに、漠然となぞっているだけでは、あまり得るものがありません。

せっかく練習するなら、上達するためのコツを押さえておきましょう。

まず、なぞるときは、そのイラストがどのように描かれているのか、想像することが大切です。

その点を考えながら作業していくと、ペンの入れ方や線の太さなど、そのイラストに用いられている細かい技術が見えてきます。

つまり、レベルの高いイラストをなぞることで、優れた部分を吸収していくわけです。

それを続けていれば、自分が表現したいことに何が必要なのか、自然と見えてきます。

また、なぞる練習をするなら、ひとつのイラストを最後までトレースするようにしましょう。

途中で投げ出したり、好きなところだけ描いていたりしても、あまりよい練習にはなりません。

全体をトレースすれば、自分の苦手な部分なども練習できるので、とても効果的です。

拡大と縮小を活用しよう

ペンタブには、拡大と縮小の機能がついています。

絵を描くときは、この機能をうまく使うことで、より作業が進めやすくなるのです。

例えば、画面にすべてを表示した場合、細部はかなり小さくなってしまいます。

そうなると、細かい作業をするにはとても不便ですが、一部を拡大して表示すれば、しっかり描くことができるのです。

ただし、拡大するだけではいけません。

拡大したまま描いていると、全体を見ることができないため、終わってから確認したとき、バランスの悪い絵になっていることがあります。

それを避けるためには、縮小も必要です。

細かい作業を進めながら、ときどき縮小して、全体像を確認するようにしてください。

それなら、バランスをとりながら描くことができます。

初心者には拡大がおすすめ

拡大して描く方法は、初心者ほど積極的に行っていきましょう。

というのも、初心者の場合、全体を見ながら描くのは、かなりハードルの高い作業になってしまうからです。

例えば、人物の全身を描く場合は、長い線をなめらかに描かなければならない部分も多くなります。

これは、ある程度の慣れがないと困難な作業なので、初心者だと、なかなかうまく描けません。

そのため、慣れないうちは拡大して、細部から少しずつ作業した方がよいのです。

全体のバランスを見ながら描く技術も重要ではありますが、あまり描けないとストレスがたまり、作業自体が苦痛になってしまうことがあります。

まずは楽しく描いて、ペンタブを使いこなせるようになりましょう。

ファンクションキーに慣れよう

ペンタブのファンクションキーは、自分が使いやすいようにショートカットを登録しておけば、ワンタッチで操作することができて、とても便利です。

購入時は右クリック設定になっていることも多いので、よく使うものを登録しておきましょう。

しかし、そうしたショートカットは、キーボードとマウスでも利用できるため、あえてファンクションキーを使わない人もいます。

それも間違いではありませんが、ファンクションキー以外に慣れてしまうと、作業の効率が悪くなってしまうこともあるので、初心者にはあまりおすすめできません。

少しでも効率よく作業を進めていくには、やはりファンクションキーが最適です。

慣れてきたら設定しておこう

ファンクションキーは便利ですが、「難しそう」というイメージをもっていると、使うことを避けてしまう人もいます。

しかし、ペンタブの作業に慣れてきたら、ぜひ設定しておくのがおすすめです。

ファンクションキーはソフトごとに設定を変えることもできるため、その場合は多少複雑になってしまいますが、初心者で使うソフトが少ないなら、その心配はありません。

ほとんどのペンタブは、ファンクションキーが4個か8個になっていますが、慣れてくれば問題なく使えるようになるので、スムーズに絵を描くためにも、しっかり設定して、おきましょう。

ファンクションキーを設定し、できるだけ慣れるように練習していれば、作業はより楽になります。

まとめ

ペンタブで絵を描くときは、なるべく早く慣れるように練習することが大切ですが、やみくもに描いていても、あまり上達にはつながりません。

練習するなら、ここで紹介したようなポイントを意識して、効果の高い練習をしてください。

ペンタブをうまく使いこなせば上達も早くなり、絵を描くことがもっと楽しくなっていきます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)