おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブは上手に使いこなせば大きな魅力を感じることができる

   

Huion ペンタブレット ホワイト 4*2.23インチ作業領域 OSU用 3個ショートカットキー サイン用 H420

ペンタブの魅力をしっかり理解している人は、これだけペンタブが広がっても意外に少ないと言えるでしょう。

こうした魅力を理解できないので、なかなか購入に踏み切ることができないのです。

まずは、仕事場や普段のプライベートでどのような使い方があるのかを知ってみましょう。

しっかり考えてみれば、とても多くの場面で活用できることが分かってくるはずです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブの魅力

ペンタブとは

ペンタブをご存知ですか。

今まで利用したことがないと言った人が多いかもしれません。

ペンタブは、簡単に言えばパソコン上で絵を描くためのツールだと言えるでしょう。

今までマウスで絵や文字を描いた経験は、誰でもあったと思います。

しかし、マウスで絵や文字を描くことは決して簡単ではなく、結局描いている途中で断念してしまったと言った人も多いのではないでしょうか。

こう言うときにはペンタブは、ストレスを感じることなく紙の上に絵や文字を描いているかのようにスムーズに描けてしまいます。

仕事でこうした絵を描くようなことを行っている人にとっては最高のツールだと言える存在でしょう。

ペンタブとは絵を描くだけではない

しかし、ペンタブは絵を描くと言ったイメージがとても強く、今まで使用する機械がほとんどなかったはずです。

確かに、ペンタブを所有しているほとんどの人は、こうした絵を描いてお客様に提案したり会議のプレゼンなどで使用する場面が多い人が所有しているイメージだったでしょう。

ただ、ペンタブはただ絵を描くことだけが目的ではありません。

簡単なメモなどにもとても役立つツールなのです。

仕事の場面だけではなく、日常の中でメモを取るような場面は多々あるでしょう。

そのメモを取る場面で活躍するのがメモ帳ですが、メモ帳の場合はどこに何を書いたのかが記録しづらいと言ったことや、捨ててしまった後でもやはり必要なメモだったと言ったことが多々あるでしょう。

ペンタブは、いつでもスムーズにメモを取ることができるだけではなく、そのメモを簡易的に保存をすることもできますので、こうした今までの紙でのメモのストレスは感じにくくなるはずです。

活用方法によっては、絵を描くことだけではない魅力が多いのが、ペンタブでもあります。

漢字などの変換機能が付いている

また、ペンタブは漢字などへの変換機能が付いていることが一般的です。

こうした機能を活用することで、どのような漢字だったか調べるような手間は必要なく文字にすることができます。

また、例えば直線のラインをメモしたい場合、どうしてもラインがずれてしまい、紙であればものさしなどを活用しなければならなくなるでしょう。

ペンタブであれば、傾いているラインも直線などに変換してくれる機能がありますので、まさにペンタブだけがあれば全てのストレスから解消させるツールだと言えます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブの基本的な利用方法

モニタを見ながらペンを操作することが重要

ペンタブがどうしても使い辛い、自分には合っていないと感じている人の中には、上手にイメージ通りに絵などが描けない人が多い傾向にあります。

最も基本的な動作ですが、まずはモニタを見ながらペンを操作することを意識しましょう。

上手に描けない人の特徴として、ペンを見ながら操作をしている傾向にあります。

文字などについては書いている文字を見ながら書く意識が働きますが、絵を描くときにはどうしてもペンの先を見ながら操作をしてしまうようになってしまうのです。

モニタ全体を見るようなイメージでペンタブを操作することで、イメージ通りの絵を描くことができるようになるでしょう。

自分に合った設定にしておくことも重要

ペンタブには、さまざまな設定が用意されています。

例えばタッチホイールにキャンバスの回転を割り当てるような設定や、サイドスイッチにアンドゥと消しゴムを割り当てるような設定です。

こうした設置を事前に行っておくことで、自分が理想とする快適なペンタブの利用が行えるようになるでしょう。

とくに、タッチホイールにキャンバスの回転を割り当てる設定は、右にペンを持って書きながら、左手でタッチホイールを利用してキャンバスを回転させることができ、常に書きやすい角度に調節することができるようになるのです。

紙の上に描いているときの回転操作ととても近い感覚で絵などを描く作業ができるため直感的に分かりやすく、自然な感覚で作業を行うことができるためストレスを感じにくくなるでしょう。

筆圧感知を活用する

ペンタブの機能の中で、筆圧感知は驚くほどスムーズであり、まさに技術の向上を確信できる機能だと感じるはずです。

他のソフトにも筆圧機能はありますが、ペンタブの筆圧機能は実際にペンを押す強弱によって変わりますので、まさに本当の文字を書いている感覚に近いと言えるのです。

この筆圧感知機能も、基本的な機能としてしっかり活用してみましょう。

毎年の年賀状など、多くの場面で活用できるはずです。

人気のペンタ3選

ワコムIntuosDrawCTL-490/W0

ワコムのIntuosDrawCTL-490/W0は、最高にリーズナブルなペンタブとして有名です。

初めてペンタブを持つ人にとってはとてもおすすめできるタイプでしょう。

価格が安いだけではなく、必要な機能もしっかり入っていますので、安心して使用することができます。

高いペンタブを購入して、利用することがなくなるリスクがある人には、ちょうど良いペンタブでしょう。

HUIONのH420ペンタブ

Huion ペンタブレット ホワイト 4*2.23インチ作業領域 OSU用 3個ショートカットキー サイン用 H420

HUIONのH420ペンタブも、とてもリーズナブルなペンタブです。

低価格で購入することができますが筆圧レベルは2048と、とても細かな表現を行うことができる能力を持っています。

持ち運びもコンパクトなのでストレスなく、価格や持ち運び性で選ぶのであればおすすめのペンタブです。

ワコムのIntuosComicM

ワコムのIntuosComicMは、多くの機能をとてもスムーズに使いこなすことができるモデルとして人気が高まっています。

ワコムは低価格と言ったイメージが強いかもしれませんが、IntuosComicMを使用すればただ安いだけでない驚く機能性がとてもたくさん含まれています。

ペンタブの選び方

使い易さを重視する

多くのペンタブがありますが、選ぶときにはまずは使いやすいかどうかを重視して選ぶことが一番です。

気持ち良く直感的に操作が行えるだけではなく、ペンで絵や文字を描くときには自然な使い心地なのかをしっかり確認しておきましょう。

こうした確認は、やはり実際に使用をして確認することが一番です。

実際に手に取ってしっかり使ってみて判断を行うことで、購入の失敗を防ぐことができるはずです。

インターネットなどの口コミを利用して選ぶのではなく、実際に店頭で操作をしてみて自分に合っているかどうかを確認して決めるようにすれば、自分に合っているペンタブを見つけることができます。

他人が使いやすいからと言って、自分にも使いやすいとは限らないことを理解しておきましょう。

まとめ

ペンタブにはとても多くのメーカーがあります。

こうした多くのメーカーから、自分に合ったペンタブを探すことは簡単なことではありません。

できる限りインターネットなどの口コミに頼るのではなく、実際に触ってみて、絵や文字などを描いてみて決めるようにしましょう。

また、多くの機能についても勉強しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)