おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブは今までの生活スタイルを劇的に変えてくれる存在

   

ペンタブは活用方法によっては実際に紙に絵や文字を書く以上のメリットを得られます。

しかし、どのようなペンタブでも同じようなメリットを発揮できるわけではありません。

できる限り高性能なペンタブを上手に選んで購入することが重要です。

まずはペンタブの知識を高めて、自分の用途に合ったペンタブの選び方からマスターしてみましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブでできること

絵や文字を書くだけではない

ペンタブと聞くと、どうしてもイメージとして絵や文字を書くためのアイテムと感じます。

確かに、ペンタブは絵や文字を書くためには最適なアイテムであり、今では紙やペンを使用しないでペンタブだけでメモを取っている人も珍しくありません。

しかし、ペンタブはこうした利用方法だけではなく、他の用途にも優れた魅力を発揮します。

例えばゲームでの利用です。

比較的シンプルなゲームであれば、ペンタブに付属されている専用のペンだけで簡単に動かすことができます。

とても感度の良いペンが使用されていますので、快適な操作でゲームを楽しむことができます。

それだけ能力が高いペンタブは、多くの人が活用するべきです。

自分で書いた文字を活用できる

また、やはりペンタブと言えば文字を書くと言う活用方法です。

ただメモとして活用するだけではなく、例えば年賀状などにもこのペンタブは活用できます。

専用のアプリなどを使用すれば、本物の年賀状が目の前にあるかのようにペンタブを利用して手書きで年賀状を作成することができます。

もし、記載に失敗をしたとしても、削除モードで消せば良いので年賀状を無駄にすることはありません。

また、思いついた絵などをその場ですぐに形にでき、メールで他の人と共有することも難しいことではありません。

活用方法によっては無限の魅力を備えているペンタブは、活用すればなくてはならない存在だと感じます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブを選ぶ場合

機能性から選ぶ

ペンタブを選ぶ場合には、必ず価格帯にとらわれることなく機能性を重視して選ぶことが重要です。

安い価格帯のペンタブの場合、購入した後にイメージをしていた機能が付いていなかったと言うことはよく起こります。

まずはサイズを確認しましょう。

ペンタブには画面サイズがあり、片手で持てるタイプから、机に置いて操作しなければ難しいと感じるサイズまでさまざまなです。

どのサイズを購入するべきかは、今後の用途によって大きく変わってきますが、できるだけ小さ過ぎるサイズは避けることをおすすめします。

そして、筆圧機能の有無も必ずカクニンしておきましょう。

この筆圧選び方機能があるかないかでは、使用感に大きな差がつきます。

通常の使用でもこの筆圧機能は頻繁に利用することになりますので、出来る限りこの機能が付いているペンタブを選びようにしましょう。

そして、付属のソフトが付いているかどうかも重要なポイントになります。

付属のソフトがあれば、できることも広がっていきますので、どのような用途で使用するべきかを確認をした上で、付属ソフトについても考慮していきましょう。

人気から選ぶ

ペンタブは、機能性を重視して選ぶことは重要ですが、やはり最後は多くの人の評価がポイントになります。

実際に使用してみて決めれる環境にあれば問題はありませんが、ほとんどの場合にはスペックや見た目で判断をするしかないです。

そのため、実際に使用したことがある人の意見などは積極的に活用するべきです。

また、実際に購入する電気屋などに人気があるペンタブを紹介してもらうような購入方法も良いです。

できるだけ多くの情報を集めて選ぶことができれば、失敗は防ぐことができます。

ペンタブの種類

液晶タブレット

ペンタブは実はさまざまなタイプに別れています。

中でも混同しがちなのが液晶タブレットの存在です。

液晶タブレットの特徴は、直接紙に絵や文字を書くように、まさにアナログな感覚にとても近い特徴があります。

しかし、価格帯がペンタブよりもはるかに高く、購入することは簡単ではありません。

大きなメリットを備えていますが、慣れるまでに時間がかかることや、パソコンが必要になることなどのデメリットもあります。

モバイルとして活用することができませんので、持ち運ぶことはできません。

タブレットPC

タブレットPCは、液晶タブレットのモバイル版とも言える存在です。

屋外に持っていくことができますので、場所を選ぶことなく絵や文字を書くことができます。

パソコンとしての機能も備えているため、とても優秀な機能が多く備わっていますが、その分とても高額になるデメリットがあります。

また、絵や文字を書くことだけに力を入れている機器ではないため、処理能力が低いと感じてしまう場面があります。

メモリーやCPUの交換などができないため、レベルの高いグラフィックを表示させるにはストレスを感じてしまう場面があります。

ペンタブの最大の長所

柄や文字を書くことに集中できる

液晶タブレットやタブレットPCなどを所有しておけば、ペンタブは必要ないと感じている人は多いかもしれませんが、実際は絵や文字を書くことだけの機能に特化しているペンタブは、とても快適に操作ができます。

液晶タブレットやタブレットPCでは得ることができない、まさに書くことに集中できると言う大きなメリットがあります。

おすすめのペンタブ2選

ワコムペンタブレット

ワコム ペンタブレット Intuos Draw ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ホワイト CTL-490/W0

ペンタブと言えば、多くの人がワコムを上げるでしょう。

それほど有名なメーカーであり、それほど信頼性も高いメーカーです。

ワコムのペンタブの魅力は、初心者でもベテランでも使いやすく、楽しめる点です。

さまざまな視点から作られていますので、直感的に操作ができるのも、ワコムのペンタブの魅力です。

常に高い人気を誇っているワコムのペンタブは、多くの人におすすめできます。

HUIONH420タブレット

Huion ペンタブレット ブラック 4*2.23インチ作業領域 OSU用 携帯式 420

HUIONHは中国のメーカーですが、高性能でありとても安く購入できると言うメリットがあります。

コンパクトなサイズは、モバイルとしては最高のサイズだと感じることができるため、外出先で頻繁に使用する機会の多い人にはとてもおすすめです。

また、低下価格でありながら筆圧レベルは2048と、とても細かな部分まで表現させることができます。

価格を重視して、さらに持ち運びも重視する人にはおすすめです。

初めてペンタブを購入する場合

性能と価格のバランスから選ぶ

ペンタブは、高い価格帯のタイプはやはりそれなりに高性能な機能を使用することができます。

しかし、初めて購入する場合には急に高いタイプの購入は不安に感じてしまうはずです。

そのため、まずは価格と性能とのバランスの良いペンタブを探して購入してみるようにするべきです。

性能と価格とのバランスを考慮する場合、やはりどちらかには妥協は必要になります。

どのようなことで使用するかも考慮して考えていけば、価格と性能どちらを妥協するべきか分かってくると思いますので、目的をはっきりさせることも重要です。

まとめ

ペンタブにはさまざまな能力があり、快適な操作により今までのデザインなどの枠を越えたメリットを得ることができます。

今まで紙で書いていた物を、全てペンタブで表現することで、プライベートにおいても、ビジネスにおいても活躍させることができます。

ペンタブの機能から学んでいき最高のペンタブライフを楽しみましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)