おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブを使いやすくするには? 初心者のための5つの対策

   

ペンタブは、デジタルで絵を描くときの便利なアイテムですが、初心者だと、なかなか慣れないことに悩んでしまったりするものです。

そんなときは、より使いやすくするための工夫をしてみましょう。

使いにくさを軽減するための対策をしていれば、もっと快適に描けるようになります。

では、おすすめの対策を紹介していきましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

配置を変える

ペンタブを使うときの机の上の配置は、快適に描くためには重要なポイントです。

適当に置いて使っていると、ペンの動きとカーソルの動きにズレを感じることが多く、うまく描くことができなくなります。

そのような違和感が、使いにくさの原因になってしまうのです。

ペンと画面の中のカーソルをぴたりと一致させるためには、タブレットが液晶モニタの正面になっているか、よく確かめてみてください。

もし曲がっているようなら、すぐ改善すべきです。

液晶モニタに対してタブレットが曲がっていた場合、ペンとカーソルがなかなか合わなくなってしまいます。

そんな状態では、ペンタブに慣れることはできません。

上級者であれば、多少曲がっていても器用に補正して描いたりできますが、初心者にはハードルが高い芸当です。

初めての人がペンタブに慣れるのであれば、まずは真っ直ぐに配置することをおすすめします。

そうすると、ペンの動きとカーソルの動きが一致するようになるため、ぐっと描きやすくなるのです。

ストレスなくスムーズに描くことができれば、上達も早くなるので、しっかりチェックしておきましょう。

疲れないためにも

ペンとカーソルの動きが合わないときは、あまり描きにくいために、少し作業をしただけで疲れてしまうことも多くなります。

自分では真っ直ぐな線を引いたつもりでも、実際には斜めになっていたりするようでは、そうなっても無理はありません。

合わないものをなんとか合わせようと悪戦苦闘するうちに、すっかり疲れ果ててしまうのです。

そんな失敗をしないためにも、配置には十分注意してください。

ペンとカーソルのズレがなくなり、スラスラと描くことができれば、無駄に疲れたりはしません。

それなら、少しくらい長く続けても、快適に作業を進めることができます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペン先の感触を変える

ペンタブの使いにくさを解消するためには、設定をチェックしておくことも大切です。

ろくに確認もせず、適当な設定のままにしていると、その使いにくさのために、慣れるまでの時間が長くなってしまいます。

早く慣れるためにも、設定は必ず確かめておくようにしましょう。

そのときに注意しておきたいのが、ペン先の感触です。

ペンタブの設定画面では、ペン先の感触を調整できるようになっているため、自分にとって描きやすい状態にしておくことをおすすめします。

感触が硬すぎたり柔らかすぎたりすると、うまく描けなくなってしまうのです。

あまり硬くなっていると、かなり力を入れなければ描くことができず、柔らかすぎる設定になっていると、少し手を動かしただけで必要以上に描いてしまったりします。

そのようなデメリットがなくなるように、しっかり調整しておきましょう。

筆圧レベルを調整する

ペンタブの設定をいじって描きやすくするなら、ペン先の感触と一緒に、筆圧レベルもチェックしておきましょう。

筆圧レベルは、一般的に高い方が描きやすくなるものです。

高い筆圧レベルに設定しておくと、ペンの動かし方の強弱が、線にしっかり反映されるようになります。

ペンを強く押しつければ、筆圧の強いしっかりした線になり、ふわりと当てて描けば、柔らかく軽い筆圧を再現することができるのです。

筆圧を感知するレベルが低く、そうした微妙な表現がうまくできないようだと、思い通りに描くことができず、イライラすることもあります。

せっかく筆圧レベルの高いペンタブを使っていても、設定が悪いとその恩恵を受けられないことも多いので、描きやすくするためには、忘れずに確認しておいてください。

邪魔なボタンは無効に

ペンタブには、ペンの方にもタブレットの方にも、ショートカットを使うためのボタンがついています。

そこに好きなショートカットを割り当てておけば、より使いやすくすることができますが、この機能が必ずしも役に立つとは限りません。

きちんと使いこなすことができれば便利なものですが、誤って必要のないボタンを押してしまい、誤作動を起こしてしまうこともあります。

それが頻繁に起こるようだと、使いやすさを感じることはできません。

むしろ不便な機能になってしまい、なかなか慣れない原因にもなってしまうのです。

そのため、あまり誤作動が多いようなら、思いきって無効にしてしまいましょう。

やたらと間違いを多くしてしまうボタンを、無理に使い続けることはありません。

本来は書きやすくするための機能ですが、その効果を得られないときは、キッパリと切り捨てることも必要になります。

ショートカットのボタンを邪魔に感じてるようなときは、本当にあった方がよいものなのか、改めて考えてみてください。

オーバーレイシートを貼る

ペンタブが使いにくいときは、ペンの滑りが原因になっている可能性もあります。

タブレットの表面はかなりツルツルしているため、それまでアナログで描いていた人だと、「滑りすぎる」と感じてしまうことがあるのです。

あまり滑るようだと、少しだけ線を引きたくても、変に長い線になったりするため、思うように描くことができなくなります。

そのようなデメリットを解消するためには、摩擦を起こすことが重要です。

ペンが滑りすぎてしまうのは、摩擦がなく、一切抵抗を感じない状態で描いているからです。

紙の場合は、表面が微妙に凸凹しているため、描くときに適度な摩擦が生まれ、必要以上に滑るようなことはありません。

そのような摩擦をペンタブでも再現することができれば、使いにくさの軽減につながります。

ペンタブに貼るオーバーレイシートは、そのためには最適なアイテムです。

摩擦を高めて紙に近づける

摩擦を高めるオーバーレイシートを貼った状態だと、ペンを動かすときにわずかな抵抗があり、滑りすぎるようなことはなくなります。

何もないツルツルのペンタブだと、紙とあまりに違いすぎるために、なかなか慣れないことも多いですが、摩擦をプラスして紙に近づければ、デメリットを抑えることができるのです。

使いにくさを感じるときや、慣れるのが遅いようなときは、こうした紙とのギャップが問題になることがよくあるので、摩擦には十分注意してください。

ペンの滑りを強く感じるようなときは、無理をせずオーバーレイシートに頼りましょう。

ペン先を変える

ペンタブの滑りを防ぐためには、オーバーレイシートの他にも、替え芯を使う方法があります。

オーバーレイシートがあれば、普通に描くよりはかなり滑りが少なくなりますが、紙とまったく同じ状態にはならないため、それでも描きにくさを感じたりするものです。

そんなときは、替え芯を使い、ペン先を滑らないものに変えてしまいましょう。

ざらつきのあるハードフェルトや、粘り強い摩擦を生むエラストマーといった替え芯を使えば、描くときの抵抗感をさらに増すことができます。

オーバーレイシートだけではもの足りないようなときは、ぜひ試してみてください。

まとめ

ペンタブが使いにくいときは、思うような絵が描けず、かなりイライラしてしまうこともあります。

しかし、あまりストレスをため込んでいると、余計に絵が描けなくなる可能性もあるので、不便な点はきちんと改善すべきです。

そのためには、ここで紹介した対策を試してみてください。

デメリットを防ぐことができれば、初心者でも快適に絵を描けるようになります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)