おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブを使用する際に手袋をする利点

      2017/09/08

かわいい 手袋 ファー 付き 指出し もこもこ スマホ 携帯 操作 可能 グローブ レディース (d ワイン レッド)

ペンタブとパソコンを使用して絵を描く方しかり紙と鉛筆絵を描く方にとって、腕の疲れは非常に困ります。

特に注意するべきことは腱鞘炎です。

ペンタブで絵を描こうが鉛筆やペンで絵を描こうが、人間にとって行う動作は全く一緒です。

特に絵を描く行為は、利き腕を使用するため腱鞘炎などになったら日常生活に支障が生じます。

そこで重要なのが、手袋です。

今回は、手袋について説明します。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブと手袋の関係

ペンタブしかり鉛筆やペンにおいて、人間の行う動作は全く同じです。

ペンタブの場合、タブレットの角度や使用するペンの形状によって多少は、腕の筋肉疲労は軽減されるものの、長時間の作業にすることで筋肉疲労や腱鞘炎を起こします。

鉛筆やペンの場合、元々の形状が万人に合う太さに設計されているため、イラストレーターの方などは手袋をされて作業を行っています。

手袋を填めて作業することは、手の汚れを軽減することも出来ますし、手袋自体の伸縮性が筋肉と同じ役割をするため、腕や手首に掛かる負担をを軽減します。

ペンタブの場合、デジタル処理による作業と思われがちですが、基本動作は全く変わらないどころか、細かい作業が可能なため、一層腕や手首に掛かる負担が増加します。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

なぜペンタブは手に負担が掛かるか?

鉛筆やペンと同じように絵を描くペンタブが何故、腕や手首に掛かる負担が多いのか疑問に思うはずです。

ペンタブの場合は、機械的に線の描写などを認識しているからです。

鉛筆やペンの場合、筆圧によって芯が折れたりするこちゃ砕けたりします。

また、ペン先が変形します。

しかし、ペンタブの場合は、ペン先がフェルト芯で合っても、描写する相手はタブレットという硬いものです。

ペン先が、筆圧によって変形したり、削れたりすることは非常に少ないです。

そのため、筆圧に比例して腕や手首の加わる反発力が増大します。

そのため、ペンタブを使うことは通常の紙と鉛筆またはペンより、手首のケアや腱鞘炎予防が必要です。

そこでおすすめとなるのが、腱鞘炎を予防する手袋です。

使用するのはペンタブ専用の手袋がいいか?

よく、ペンタブにこだわる人はペンの形状や台の角度にこだわります。

その様な方はやはり、腱鞘炎防止のためにペンタブ専用の手袋を購入してしまうことがあります。

しかし、ペンタブ専用の手袋である必要性は全くありません。

基本的に絵を描くツールは、ペンタブだけではありません。

美大生など、絵画を描く人にとっては腱鞘炎はつきものです。

つまり、ペンタブ専用の手袋よりも美大生が使用する手袋の方が安価に購入出来るメリットがあります。

美大生が使用する手袋とペンタブ専用の手袋では、形状的に大きな差はありません。

しかし、需要といった面で明らかにペンタブ専用として販売されている手袋の方が需要は低いです。

そこで、おすすめなのが絵画を描く際に使用する手袋です。

手首の腱鞘炎を防止するなら

腱鞘炎を防止するなら、ペンタブ専用または絵画専用の手袋である必要はありません。

むしろ、スポーツ用の薄い手袋がおすすめです。

スポーツ用なら衝撃から手首を守ったり、筋力のサポートを目的に設計されています。

しかし、価格が高いといった問題があります。

それならば、医療用のサポーターで十分です。

医療用サポーターの場合、元々が日常生活の補助を目的としており、文字を書くことも考慮されています。

文字を書く動作と絵を描く動作は同じであり、ペンタブを使用する動作にも共通します。

しかも、医療用サポーターならサイズも様々で、ペンタブ以外にも使用できます。

さらに、腱鞘炎になっても日常生活をサポートしてくれるので一番おすすめです。

まとめ

筆者自身、専用手袋よりも優秀だと考えるものがあります。

それは、薄手のゴム手袋です。

いわゆる実験用や医師が使用するものです。

箱に大量入りで非常にお得です。

また、ゴム素材で伸縮性もよく、指先の動きをカバーしてくれます。

医師が長時間の手術に使うくらいですから、一番いいのではないでしょうか?ダメになったらゴミ箱に躊躇無く捨てられます。

実際、日常業務で使用していますが非常におすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ), 全件