おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブを選ぶときには価格帯だけではなく機能性にも重視する

   

ワコム ペンタブレット Intuos Draw ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ホワイト CTL-490/W0<

ペンタブにはどのような機能があるのでしょうか。

まさに絵や文字を描いている感覚にさせてくれるペンタブは、イラストを仕事や趣味としている人にとってはなくてはならない存在です。

ただ絵や文字を描くだけでなく、表現力までもしっかり描くことができるペンタブは、上手に選ぶことで最高のアイテムになってくれることは間違いありません。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブのポイント

紙に書いているように綺麗に書ける

ペンタブは、一時期は高価でなかなか購入することができない物でしたが、購入しやすい価格となり多くの人が利用するようになってきました。

とくに、イラストに興味のある人は想像していた絵をすぐに形にさせることができますので魅力は大きいのではないでしょうか。

これをきっかけにイタストレーターの道を考えていると言った人もいるでしょう。

ペンタブの魅力はなんと言っても、本当の紙に書いているようにストレスなく綺麗に描けることです。

こうした技術は年々向上しており、最新のペンタブにおいては絵や文字の細かな部分まで表現させることができるようになっています。

マウスよりも綺麗に表現できる

絵や文字を描くときに、手軽ですぐに形にできる方法としてパソコンでのイラストが想像できるでしょう。

しかし、パソコンで絵や文字を描いたときにはどうしても粗い線になってしまいます。

記録を残したりメモ代わりとして使用するのであれば、パソコンでも十分だと言えますが、細かい線の表現などイラストと言った目線で考えた場合は間違いなくペンタブの方が有利となるでしょう。

同じ太さの線に設定して、パソコンとペンタブの線を比較すると良く分かると思います。

ペンタブは、人が自然に描いたことが良く分かります。

人が描いたと言った絵や文字の暖かさまでも表現させることができるのが、ペンタブの魅力でもあるのです。

種類が豊富なのでカスタマイズができる

また、パソコンとの大きな違いに細かい部分までカスタマイズができることがあります。

もともとパソコンはイラストと言ったことには向いていません。

絵を描く場合は、専用のソフトを使用することで表現できますが、とくに文字を書く場合はどうしても線が粗くなってしまうのです。

ペンタブは細かくカスタマイズを行うことができるため、まさに絵や文字を描くためだけに使用することができる本物の雰囲気を感じることができます。

気持ち良さや楽しさまでも感じることができるでしょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブの選び方

サイズには注意して選ぶ

ペンタブには、さまざまなサイズがあります。

一般的にはSサイズとMサイズとに分類することができますが、それぞれにメリットもあれば当然デメリットもあります。

Sサイズであれば、タブレットを横に置いて描くイメージになるでしょう。

サイズはちょうど葉書と同じくらいのサイズになりますので、持ち運びやすくいつでも気が付いたときに絵や文字を描くことができるはずです。

ただ、本格的なイラストレーターとしてのペンタブを求めている人にとっては物足りないサイズだと感じるでしょう。

Sサイズはあくまでも簡単なメモ代わりとして使用するくらいのレベルになります。

そしてMサイズは、ハガキ二枚分ほどのサイズがあります。

これだけのサイズがあれば、十分本格的なイラストとして使用することができるでしょう。

ただ、横のサイズが大きいので手に持って手軽に絵や文字を描くような場面には向いていません。

ゆっくりオフィスなどでイラストを描くときに向いているサイズだと言えます。

価格に注目して選ぶ

ペンタブは、サイズや機能性によって価格に大きな開きが出てきます。

とくに機能性については価格に大きく反映される部分でしょう。

しかし、ペンタブを購入する場合は機能性には必ず注目しておく必要があります。

購入した後に、期待していた機能が付いていなかったと言った失敗はたくさんあります。

価格帯だけで購入を決めるのでなく、外せない機能をまずはしっかり洗い出し、そこから価格に注目して選ぶようにしてみましょう。

とくに長く付き合っていくペンタブの購入を考えている場合には、価格よりも機能性を重視した選び方を行うべきです。

画面の性能にも注目する

ペンタブは、描いた絵や文字が綺麗に見えなければ意味がありません。

そのため、画面の性能についても注目しておく必要があります。

いわゆる画質になりますが、この画質が良いことで気持ちの良い絵や文字を描けることができるのです。

反対に画質が悪ければ、せっかく描いた絵や文字などが本当にうまく書けているのかどうかが分かり辛くなってしまうでしょう。

画面の性能が良いからこそ、ペンタブの良さが発揮できるとも言えるのです。

人気のペンタブ3選

IntuosDrawCTL-490/W0

ワコム ペンタブレット Intuos Draw ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ホワイト CTL-490/W0

ワコムのペンタブ、IntuosDrawCTL-490/W0は価格も手頃で高性能なタイプと言うことで人気があります。

とくに注目するべきポイントは、タブレットとペンとの相性の良さです。

反応がとても良く、スピーディーな描き方でもしっかりと画面が付いてきてくれます。

そのため、走り書きのようなメモもストレスなく描くことができるでしょう。

まさに紙の上に書いているような感覚は、他のペンタブにはない魅力があります。

常に高い人気を得ているワコムのペンタブだから安心感も得ることができるはずです。

初めての人でも、ペンタブの買い替えを検討している人でもIntuosDrawCTL-490/W0はとてもおすすめです。

H420ペンタブ

HUION OSU用ペンタブ シグナチュアボード携帯式ペンタブレット H420 ブラック

HUIONのH420ペンタブは、コンパクトで持ち運びやすいペンタブとして評判が高まっています。

このH420ペンタブの最大の魅力は、高性能でありながら低価格であると言うことです。

5千円以内で購入することができるのにもかかわらず、ペンの筆圧レベルは2048と細かな表現ができるようになっています。

価格帯やモバイル機器として選ぶのではあれば、H420ペンタブはとてもおすすめです。

intuosPro

ワコム Wacom Intuos Pro Mサイズ ペンタブレット 2017年 ペン入力 板タブ Wacom Pro Pen 2 付属 Windows Mac 対応 PTH-660/K0

ワコムのintuosProは、まさにプロレベルのペンタブを求めている人にはおすすめです。

細かな設定や、高画質なディスプレイ、そしてさまざまな機能性などを考えた場合、これほどまでにハイスペックなペンタブはなかなかないと感じるでしょう。

紙に近い感覚で使用することができると言った意味では、実際に使用すれば感動するほどです。

価格は高くなってしまいますが、最高の物を求めている人にはおすすめです。

まずは安い価格の物から始めてみる

ペンタブの良さを知る

ペンタブを購入したいが、なかなか踏み切ることができないと感じている人は、まずは安いペンタブから購入して体感してみることも良いでしょう。

安い物でも、最近では昔とは考えられないほどハイスペックになっていますので、その素晴らしさを実感することができるはずです。

まずは今まで紙とペンを使用していた物からペンタブに変えてみて、ペンタブを使用する楽しさや便利さをまずは実感してみましょう。

まとめ

ペンタブの購入を考えている人は、まずはペンタブのスペックについて学んでいくことをおすすめします。

安い価格から高価な物まで、さまざまなタイプがありますが、価格によってもその性能には大きな差があります。

また、これからペンタブを使ってみたいと考えている場合は、安い物でも良いのでその素晴らしさを実感してみることをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)