おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブレット『Huion H950P』はコスパが高い?

   

HUIONペンタブ H950P 8192レベル筆圧感知 充電不要ペン、OSU用超薄型ペンタブレット

デジタルのイラストを製作している方たちの間では、多くの方が『ペンタブレット』を利用しています。

しかしペンタブレットの中には、値段の高い機種もあれば、値段の安い機種もあるのです。

そのため、お金をあまりかけたくない方は、値段の安い機種を購入したくなるかもしれません。

しかし、機能があまり充実していなかったら、ペンタブレットを購入した後に後悔する事になってしまいます。

所が『Huion H950P』は、値段が安くなっているのに、機能が充実しているので、詳しく紹介しましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

Huion H950Pの特徴

ペンタブレットは、マウスよりもデジタルのイラストを製作しやすくなっていますが、調整機能や正確性が優れていなかったら、イメージ通りのイラストを製作できません。

さらにデジタルのイラストは、意外にも手間暇をかけてしまう場合もあるのです。

所が、本製品は調整機能や正確性が優れている上に、作業を効率化する事ができるので、その秘密に迫ってみましょう。

線や色の太さを調整

ペンタブレットが、マウスよりもデジタルのイラストを製作しやすいのは『専用ペン』で製作できる所にあります。

この専用ペンは、マウスとは違ってペン先が見えるので、イメージ通りの線を引きやすくなっているのです。

さらにペンタブは『筆圧感度』が搭載されているので、専用ペンにかける力の入れ具合で、線や色の太さをコントロールできるのです。

そして本製品の筆圧感度は8192レベルもあるので、極細から極太までコントロールしやすくなっています。

正確な位置を検出

筆圧感度が優れていても、正確な線が引けなかったら、満足できるようなイラストは製作できません。

そこで本製品はレポート率を『233PPS』にもなっていて、正確な線を引きやすくなっています。

このPPSの数値が高いほど、専用ペンがペンタブレット本体に接した時の信号を多く受け取れるようになるので、正確な位置を検出しやすくなっています。

そのため、正確な線を引きやすいペンタブレットを探している方には、本製品はおすすめです。

作業を効率化

デジタルのイラストは、アナログとは違って、着色を失敗しても簡単に塗り替える事ができます。

しかしデジタルのイラストを製作している時に、違う作業へ切り替えようとしたら、他のツールをクリックしなくてはいけないので、手間暇をかけてしまうので注意しなければいけません。

そこで本製品は『ショートカット機能』を搭載する事によって、ペンタブに搭載されているエクスプレスキーを押す事によって、簡単に操作を切り替えられるようになっています。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストを製作するためのポイント

本製品を利用して、デジタルのイラストを製作するためには、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておけば、イメージ通りのイラストを製作しやすいので、参考にしてみて下さい。

ソフトを活用

ペンタブレットで、デジタルのイラストを製作する際には、デジタルのイラストを製作できるソフトが必要になります。

実際にデジタルのイラストを製作できるソフトを活用すれば、線画を完成していれば、ワンクリックで、線の内側に色を塗りつぶす事ができるのです。

さらに、アナログのイラストでは色むらという問題がありましたが、デジタルのイラストの場合では色むらが起きません(透明度を利用したら色むらが起きる可能性があるので注意)。

このように、デジタルのイラストを製作できるソフトの機能を活用したら、作業を効率化できるので、試してみて下さい。

線の強弱

本製品の筆圧感度を活用されば、線に強弱を付ける事ができるので、線の描き始めは細くて、途中で太くして、最後は再び細くする事ができます。

そのため、本製品の操作方法に慣れてきたら、眉毛をひと塗りで完成させる事もできるのです。

もしもマウスで同じような事をしようとしたら、眉毛の輪郭線を丁寧に描いていかなくてはいけないので、注意する必要があります。

さらに色の太さもコントロールできれば、効率的に着色する事も可能です。

商品情報の内容

ペンタブレットを選ぶ際には、商品情報も詳しく把握しておかなければ後悔する事になってしまいます。

そこで、本製品の商品情報を紹介するので、このペンタブレットを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

対応可能なOS

ペンタブレットを利用する際には、パソコンが必要になるので、対応可能なOSが必要になります。

そして本製品に対応可能なOSは、Windowsは7以降で、MacはOS X 10.11以降になるので、このOSがない場合には新たにパソコンへインストールして下さい。

ただしOSをインストールしたら、データが消えてしまうケースもあるので、念のためにバックアップを取ってから、OSをインストールしたほうが良いです。

さらにパソコンのメモリの空き容量が少なかったら、パソコンの動作が遅くなったり、フリーズしたりするので、注意して下さい。

付属品

値段の安い製品の中には、付属品を少なくする事によって、コストを下げている場合があります。

所が、本製品は値段が安くなっているのに、付属品も充実しているのです。

実際に、本製品はペンタブレット本体の他に、USBケーブル・専用ペン・替え芯・ユーザーマニュアルなどがあります。

USBケーブルがあれば、本製品とパソコンがあれば、すぐにデジタルのイラストを製作できます(専用のソフトは必要)。

もしも本製品に分からない事があっても、ユーザーマニュアルも付いてくるので、気軽に利用する事ができるのです。

コストパフォーマンス

本製品は筆圧感度や正確性が優れているペンタブレットですが、Amazonでは、送料無料、税込価格9,499円で購入する事ができるのです(2018年2月27日時点)。

実際に筆圧感度が1024レベルになっている機種でも、本製品と同じぐらいの価格で販売されているものもあります。

それを考えたら、本製品のコスパの高さが分かるはずです。

そのため、値段が安くなっている上に、高機能になっているペンタブレットを探している場合には、本製品を検討してみる価値があります。

利用者たちの満足度

本製品はコスパの高いペンタブレットですが、意外にも利用者たちの中には、満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいるのです。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、このペンタブレットを購入するべきか、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、ドライバと組み合わせる事によって、筆圧感度を変更できる所を気に入っている方がいました。

実際に筆圧感度を変更できたら、あなたの好みに合う筆圧感度に変更できます。

さらに本製品には、数多くのエクスプレスキーを搭載している所を気に入っている方もいたのです。

実際にエクスプレスキーを活用したら、短時間でデジタルのイラストを完成できるようになるので、1枚でも多くのイラストを作成したい方には魅力的なポイントです。

否定的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、電源の供給が途切れてしまうケースがありました。

この方は、他のドライバを入れて、調整したらトラブルが発生しなくなりました。

その他に、本製品は筆圧感度が8192レベルもあるのに、細い線は描けても、太い線は描きづらくて、不満を抱いている方もいたのです。

そのため、太い線を描けるまでは、時間をかけてしまう可能性もあるので、注意して下さい。

まとめ

本製品は値段が安いペンタブレットなのに、筆圧感度が優れているので、線の強弱を付ける事ができるのです。

しかし利用者たちの中には、極太の線が引けなくて、不満を抱いている方もいました。

そのため、本製品の操作に慣れるまでは時間をかける可能性があるので注意する必要があります。

そのような注意点はありますが、10,000円以下の機種で、筆圧感度や正確性が優れている事を考えたら、本製品は検討してみる価値があります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)