おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブレットで絵が上手くなるための方法を吸収!描画の妨げになる波紋を消す方法も押さえてください

   

絵を上手く描けるようになりたくてデジタルイラストに挑戦した方が多くなっていて、ペンタブレットの目覚ましい普及がその事実を裏付けています。

従来の紙に絵を描くことから様変わりした描画スタイルで、絵を描く手間を減らすことに成功しました。

もしミスしても一から描き直さなければいけないわけではないため、ペンタブは絵を描くツールにするのが適切となったわけです。

ここではその機器の便利なところなどを解説していきます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブに慣れるために最初にすべきこと

ペンタブレットを使ったはいいが、アナログとは全く異なる感覚に誰しも戸惑うものです。

その機器で絵を描くことに慣れるには、まずは1本だけ線を引くことから始めるのがおすすめとのこと。

線を引きながら、筆圧を弱くしたり強くしたりして感覚を掴むと、コツを掴み易くなります。

この感覚を研ぎ澄ますことで微妙な強弱で絵に深みを持たせられるようになり、キャラに立体感を与えられるわけです。

始めの一歩で躓かないためには、違和感なく線を引けるようになることを目標にしましょう。

それをクリアできれば難しいことにもチャレンジできて、絵のスキルアップにつながります。

文字を書くために平仮名から書き始めることはペンタブの描画にも例えられて、文字をスラスラ書けるのは平仮名に慣れたからです。

こうした成功回路をペンタブでの絵の勉強に反映させることで、いつか絵が上手く描ける自信がついてきます。

過去に上手くいったことをその機器を通して実践することも、モチベーションを維持しながら物事に取り組む理想形です。

地図の画像をなぞることも絵の上達に必要なこと

地図の画像がなぞる練習におすすめで、直線的な道路の線が曲線になったりするので練習し甲斐があります。

真っ直ぐ線を引くだけならばあまり神経を使わない分飽きてしまいがちですが、時々曲線が混じれば飽きずになぞれるのがいいですね。

初心者が地図の画像をなぞるのが難しいと感じるようで、適度な難易度の高さが刺激的な絵の練習となります。

地味な練習ですが、小さなことの積み重ねが絵の上達に必要であることを理解してください。

イラストの線を滑らかに引けるようになりましょう

地図の画像を上手くなぞれるようになったら、イラストの線をなぞる練習に切り替えましょう。

目の前の完成した絵を見ながら絵を描くので徐々に完成像に近づいていく感覚を堪能できます。

滑らかな線を引かなければいけないため、慣れるまで練習あるのみ。

慣れないと線がいびつになってしまいますが、それを克服することでイラストレーターの道が開けてくるので諦めずにイラストの線をなぞってください。

何も無い状態で絵を描くのはある程度の想像力が必要であり、ペンタブに慣れるための練習だと描くだけで精一杯…。

だからこそ、完成した絵をなぞって絵に対しての苦手意識を克服していくことが先決であり、絵の興味を深めるための方法です。

練習の甲斐があって綺麗な線が引けるようになれば、プロのイラストレーターになる夢実現に近づけられます。

ラフ画に挑戦して短時間で絵を描けるように練習

イラストの線も難なく引けるようになったら、ラフ画にチャレンジして更に絵のレベルアップを図りましょう。

あくまで完成像の基なので、大まかに描いても差し支えありません。

肝心なのは短時間でキャラを描けることであり、正確に描こうとして時間を掛け過ぎてしまわないことが大切です。

ラフ画ならば多少のミスを線の追加でミスしていないようにカモフラージュできるので、ミスで初心者のモチベーションが下がってしまうのを防止できます。

そのことが絵の上達に通じていて、ラフ画の完成と共に一つの大仕事を終えられた充足感が初心者にさらなる自信をつけていくのは明白です。

いきなり難しい絵にチャレンジして挫折感を覚えてしまうのは避けたいところ。

こうしたことから、ラフ画で挫折感とは極力切り離した描画スキルの向上が絵を続けるコツです。

ペン入れで正確な絵を描けるようにする

次は更に難易度が高いペン入れで、正確な描写が要求されます。

重要なのはペンタブの拡大と縮小の使い分けであり、特に初心者は画面を拡大させて細部まで描き易くするのが上達の秘訣です。

しかし拡大したまま描き続けると絵の全体像が掴めなくなるので、時々絵を縮小させて全体像を確認しましょう。

アナログだと絵を拡大できないため、細部にペンを入れにくい場合が多々あります。

そのこともデジタルイラストに興味を持つ理由だと考えられて、アナログイラストからの切替えが現代のイラスト事情を浮き彫りにしています。

ペンタブで拡大と収縮を繰り返しながら絵を描くことで全体像の感覚を掴み易くなり、直感で絵を短時間で描き上げられるようになるのも夢ではありません。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

Windows10の波紋を消す方法

ペンタブで絵を描いているWindows10のユーザーは、カーソルに波紋に似たものが出て煩わしいと感じませんでしたか?

細かい部分にペンを入れていくのに不都合で、波紋で描画を妨げられてイライラが募るのが気になるところ。

波紋を消す方法は、まずはスタートメニューのデバイスからペンを選択して、視覚効果の表示をOFFにします。

Windows10でペンタブを使用するに当たって波紋は邪魔な存在ですし、至って簡単な波紋消去方法はWindows10ユーザーが押さえておくべきことです。

ペン先が削れた状態は描画の妨げになる原因

デジタルイラストを描く上での課題にペン先の交換が挙げられて、ペン先が斜めに削れていたら交換のタイミングだそう。

ペン先が削れたままで描くと本体の保護シートを傷つけてしまうため、早めの交換でペンタブが傷つくのを防止した方が良いです。

ましてや折角高いお金を出して買ったペンタブならば、先が削れたペンで商品価値を下げてしまうのを避けたいと思うもの。

状況次第でその機器を買取って貰うことも考慮すれば、新品の芯で画面に傷が付かないようにするべきです。

削れたペン先で保護シートが傷つくとペンが引っ掛かるようになるため、思いがけずに意図しない線を引いてしまい易くなります。

快適な使用感でペンタブを使うならば、替芯の用意も大前提なのをデジタルイラストを描いている方に理解してほしいです。

筆圧を変更する設定で理想の線を引く

人それぞれ筆圧が違うので、イラストの出来映えもだいぶ異なりますよね。

筆圧を調整することで思い通りの線が引けるようになり、絵のクオリティを高くし易くなるので是非実践をおすすめします。

一例として、ワコムタブレットのプロパティでペン先から筆圧の掛け具合を調整可能です。

ソフトな設定に変更すると弱い力でも線が引けるようになるので、筆圧が弱めの方に適しています。

逆に硬い設定でキレのある線が引けるため、臨場感ある絵を描き易くなって好都合。

ユーザーの意図した線を引けるようにする設定が、デジタルイラストへの親しみを強くしていきます。

カスタマイズからだと筆圧カーブを駆使した細かい筆圧に変えられるので、ハードな描画で迫力ある絵にしたい方が注目しそうな設定です。

絵への探究心が深い程、筆圧の変更はデジタルイラストの生命線になり得る強力な武器だと言ってもオーバーではありません。

まとめ

絵を描きたい方が昔と変わらず多いですが、デジタルイラストの描画をメインにしている方が増加しているのが現代の特色です。

ついに絵を描くのが機器でも可能となり、ペンタブレットで細かい描画が思いのまま。

アナログイラストとは感覚的に異なりますが、初心者でも日々の練習を積み重ねることで、いつしかプロのイラストレーターになる夢は現実へと変化していきます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)