おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブレットを利用して描くことの楽しさはさまに無限の楽しさ

   

XP-Pen 液タブ 液晶ペンタブレット 15.6インチ バッテリフリースタイラス フルHD 筆圧8192レベル 6個エクスプレキー Artist15.6

ペンと紙を利用して文字や絵を描くことは当たり前ですが、最近ではペンタブレットを使用することもから当たり前になってきました。

ペンタブレットの魅力は、まさにペンと紙を利用して描く感覚ととても近い感覚で描くことができることです。

レベルの高い筆圧機能で、本当にデジタルで描いたのか判断が難しいほどの仕上がりになることが魅力です。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

作業の効率化を行うなら

デジタルが有利になる

 イラストに興味がある人は、とても多いと言えます。

しかし、イラストを描くときにはさまざまな方法があり、デジタルで描くよりもアナログな紙とペンを利用して描いている人も少なくはない傾向にあります。

こうした方法がベストかどうかは判断が難しいと言えますが、効率的に作業を行うのであれば間違いなくデジタルの力を利用して描く方が有利になるのです。

デジタルと言ってもさまざまな方法がありますが、紙とペンを利用して描くよりは遥かに楽に、そしてスピーディーに作業ができるようになります。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

デジタルイラストで使用する機器

パソコン

デジタルイラストと聞くと、最初にイメージができるのがパソコンです。

パソコンはさまざまなソフトを入れることでイメージ通りに描くことができます。

しかし、プロの目線から見た場合、決してイメージ通りに描けているとは言えません。

むしろイメージよりはかけ離れた絵になってしまうことが多いのです。

マウスを使用して描くことで、とくに細かい操作においてはペンよりも不利になります。

大まかな絵については問題ありませんが、プロが求める細かな表現についてはパソコンは間違いなく不利です。

タブレット

タブレットとは昔に競べて驚くほどの進化を続けています。

そのため、デジタルイラストとして使用するには最適な機器になっています。

動きも早く、スピーディーなペンのスピードにも付いてきてくれますので、一見一番優れている機器に感じます。

しかし、タブレットはあくまでもイラストで使用する専用の機器ではありません。

そのため、本当の細部までのこだわりとして使用するには劣ってしまう面があるのです。

ペンタブレット

ペンタブレットは、まさにイラストを描くときには最適な機器だと言える存在です。

その最大の理由は、ペンタブレットはイラストを描くためだけに開発された機器だと言うポイントがあります。

他のアプリやソフトを入れ、パソコンやタブレットのようにインターネットやゲームなどを行なうことができるわけではありませんので、含まれる機能全てをイラストなどを描くことに費やしているのです。

余計な機能が含まれていない分、とてもスピーディーな作業が可能になります。

ペンのスピードについてこれないと言うストレスを感じることはありません。

さらに、筆圧機能なども優れているポイントであり、細かなイラストの表現にも向いています。

これほどの能力を秘めているからこそ、プロのイラストレーターなどは積極的にペンタブレットを活用しているのです。

ペンタブレットの使い方に慣れる

使いにくいと言うイメージの払拭

ペンタブレットは使いにくいと感じている人も少なくはありません。

実際のペンや紙に描くように使えることが、ペンタブレットの大きな魅力ではありますが、ペンタブレットにもクセと言うものがあります。

この独特なクセを掴むことができれば、ペンタブレットの扱いが難しいと感じることはほとんどありません。

まずはこの正しい使い方と言うことをマスターすることから始めてみましょう。

ペンの持ち方

ペンタブレットを使用する前にまずマスターしておくべきことは、ペンの持ち方です。

ペンタブレットのペンは、基本的には普段ペンを持つように使用することができますが、基本は少しだけ傾けることが望ましいとされています。

立てすぎるとペンタブレットの機能が活かせない場合がありますので、少しだけ傾けることがポイントになります。

あまり極端に傾けすぎると筆圧機能が損なわれる場合がありますので、少しだけ傾けることが良いでしょう。

さまざまな機能をマスターする

ペンタブレットは、そのままとくに設定を行わないで絵などを描くことができますが、ブラシなどの機能を活用すればよりスピーディーで綺麗なイラストを完成させることができます。

指定した範囲に色を簡単に入れ込むことができ、さらに自分で無理こまなくても自動で色を入れてくれる機能もあります。

まさにイメージ通りにスピーディーに作業を完了させることができますので、急いで作業を行わなければならないときにはこうした機能は最適です。

また、こうしたブラシの機能などについても細かな設定ができますので、自分が理想としている設定で描くことができます。

クリック機能

ペンタブレットは、操作性についてはタブレットやパソコンに似ている部分も多くあります。

中でも最も基本的な動きとなる、クリックやダブルクリック機能などは最初に習得しておくべき操作です。

どのような機能を出すにもこうした操作が必要になってきます。

また、前の画面に戻る操作や、よく使用する機能などを事前に出しておく操作など、自分が快適だと感じる機能についてはしっかりマスターしておきましょう。

そうすればよりストレスなく操作を行なうことができるようになります。

おすすめのペンタブレット3選

ワコムIntuosシリーズ

【Amazon.co.jp限定】ワコム ペンタブレット Wacom Intuos Smallベーシック ブラック オリジナルデータ特典付き TCTL4100/K0

ワコムIntuosシリーズは、多くの人にはおすすめできるまさに定番とも言えるモデルです。

ワコムIntuosシリーズの最大の特徴は、価格がとても安いにも関わらず機能性がとても充実していることです。

さらに筆圧機能についても、十分満足できる能力を秘めています。

リーズナブルで多くの人が愛用できるモデルですが、このワコムIntuosシリーズにはProモデルもあります。

よりレベルの高い、まさにイラストレーターとして活躍している人であれば、このProモデルを強くおすすめします。

HUION

HUION ペンタブレット 無線 8192レベル筆圧感知 11インチ作業領域 Inspiroy Q11K

HUIONモデルは、とにかく安く購入できる特徴があります。

ワコムも安いタイプですが、HUIONはさらに安さを追求したモデルを多く発売しています。

機能面はワコムに劣る面もありますが、肝心な筆圧機能についてはしっかりとレベルの高い機能を持っています。

ペンタブレットはこの筆圧機能が大きなポイントになってきますので、安くても筆圧機能が充実しているHUIONシリーズはとてもおすすめです。

XP-PEN

XP-Pen 液タブ 液晶ペンタブレット 15.6インチ バッテリフリースタイラス フルHD 筆圧8192レベル 6個エクスプレキー Artist15.6

XP-PENについても安さを追求したモデルになります。

筆圧レベルも高く、さらにワコムのProモデルとほぼ同等の機能を持っていながら、ワコムよりも低価格で購入できる魅力があります。

XP-PENは始めて購入するにはおすすめです。

ペンタブレットに慣れるには

まずは使い続ける

ペンタブレットは、やはり最初は扱いにくいと観じてしまいます。

しかし、重要なことはまずは使い続けることなのです。

何度も使い、そして失敗を重ねればどんどんと慣れていきます。

時間がかかるかもしれませんが、諦めることなく使ってみましょう。

まとめ

自分らしいイラストを描いてみたいと考えている場合、ペンと紙を使用して描くことも良いですが、ペンタブレットも最高におすすめです。

ペンタブレットは、デジタルでイメージ通りの絵などを簡単に描くことができます。

しかし、最初はどうしても慣れないで扱い辛いと感じてしまう場面があるかもしれません。

何度も使用して慣れていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)