おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブレット初心者には『HUION H430P』がおすすめ!

   

ペンタブは、デジタルのイラストを製作しやすいと言われていますが、実際に利用した事がない方は「本当に、デジタルのイラストが製作しやすいのだろうか」と思ってしまうでしょう。

実際にペンタブは、高額な機種が多いので、満足できるような機種でなければ、ペンタブを購入した後に後悔してしまうでしょう。

所が『HUION H430P』であれば、リーズナブルな価格になっているので、今まで利用した事がない方でも気軽に購入できます。

そこで、本製品について、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

HUION H430Pの特徴

本製品はペンタブとして利用するだけではなく『OSUゲーム』にも利用できます。

しかし、デジタルのイラストしか利用した事がない方たちの中には、OSUゲームについて知らない方は多いと思うので、OSUゲームや本製品の性能などを紹介するので、確認してみて下さい。

OSUゲーム用

OSUゲームとは、簡単に言えば『海外の音楽ゲーム』になります。

この音楽ゲームは、マウスを使って、画面上に現れていくマーカーをマークに合わせていく事によって、タイミングを合わせてクリックしたり、ドラックしたりするゲームになります。

この音楽ゲームは、マウスだけではなく、ペンタブを利用する事もできるので、マウスよりもペンタイプで操作したい場合には、本製品はおすすめです。

実際に、OSUゲームは数多くの楽曲があるので、音楽が好きな方であれば、満足できるものを見つけられる可能性が高いです。

筆圧レベル

ゲームに利用できる本製品ですが、ペンタブとしての性能も充実しています。

特に筆圧のほうは、4096レベルもあるのです。

この筆圧レベルが高くなっていれば、専用ペンにかける力を弱めれば、細い線や色を描いていく事ができますし、力をかければ太い線や色を描いていく事ができるのです。

そのような特徴がある機能なので、筆圧レベルが高くなっている本製品は、線や色の太さの幅が広くなっています。

そのため、強弱を付けた線画を製作する事ができるので、表現力のあるイラストを描く事もできます。

ショートカットキー

デジタルのイラストを製作する際には、専用ソフトを利用する必要がありますが、その専用ソフトには様々なツールをクリックしていく必要があります。

しかし作業を切り替えるために、ツールをクリックしていけば、手間暇をかけてしまうので、注意しなければいけません。

所が、本製品は4つの『ショートカットキー』を搭載しているので、ワンタッチで、いくつかの作業を切り替える事が可能です。

そのため、効率よくイラストを製作できるので、短期間で数多くのイラストを完成させる事ができます。

コンパクトなサイズ

ペンタブを選ぶ際には、性能だけではなく『サイズ』も重要になります。

なぜならサイズが大き過ぎたら、パソコンデスクに設置する事が難しくなってしまうからです。

それでは、本製品のサイズは、どうなのかと言えば、幅186.6×奥行139.2mmになっています。

このようにコンパクトなサイズになっているので、それほど広くないパソコンデスクでも設置しやすくなっているのです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

おすすめのソフト

本製品は、様々なソフトを利用する事ができるので、どのようなソフトを利用するべきか、悩んでしまいがちです。

そこで、数多くあるソフトの中から厳選して、おすすめのソフトを2つまで紹介するので、参考にしてみて下さい。

Photoshop

デジタルのイラストを製作できるようなイメージがあまりないもので『Photoshop』があります。

確かにPhotoshopは画像を加工・編集するとフトとして、知られているので、完成したいイラストを加工するために使うイメージがあるかもしれません。

所が、Photoshopにはペンツールやブラシツールなどが用意されているので、線画から着色まで行う事ができるのです。

さらにデジタルのイラストを製作している方たちの中には、Photoshopを利用している方が多いので、イラストを製作するソフトとして、優れています。

Clip Studio

Photoshopとは違って『Clip Studio』は、デジタルのイラストやアニメを製作するために作られたソフトです。

実際にClip Studioは、50校以上の大学や専門学校で採用されているソフトで、デジタルのイラストを製作する事を仕事にしたい方たちの多くが、Clip Studioを勉強しているのです。

このように多くの方たちから、Clip Studioが注目されているのは、線のブレを抑える機能や、数多くの素材などが用意されている事が関係しています。

そのため、デジタルのイラストを本格的に描いてみたい方は、Clip Studioを利用してみる価値があります。

本製品の基本情報

本製品の特徴や、おすすめのソフトを理解してもらえた所で、次に本製品の基本情報も紹介するので、このペンタブを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

対応可能なOS

ペンタブで、デジタルのイラストを製作する場合には、パソコンと併用する必要があります。

その場合には、ペンタブに対応可能なOSをパソコンにインストールする必要があります。

そして本製品に対応可能なOSは、Windowsは7・8・10で、MacはOS 10.11.0以降です。

もしも、これらのOSがインストールされていない場合には、まず必要な情報をバックアップして下さい。

なぜならOSをパソコンにインストールしたら、データがなくなってしまう場合があるからです。

付属品

本製品はコストを抑えているペンタブという事もあって、付属品は、それほど充実していません。

実際に、本製品の付属品は、ペンタブ本体の他に、専用ペン・Micro USBケーブル・ペン先クリップ・ペン先×8・マニュアルなどしかありません。

このように最低限の付属品しか用意されていないので、付属品が充実している物よりも、低価格になっているペンタブのほうを探している方に合う製品になっています。

リーズナブルな価格

本製品は付属品があまり充実していないとは言え、高性能なペンタブになっているので「本当に低価格になっているのだろうか」と思ってしまう方は多いかもしれません。

所が、Amazonでは、送料無料で税込価格4,599円で購入する事ができるのです(2018年3月22日時点)。

実は数多くあるペンタブの中には、200,000円を超えてしまう製品がいくつも販売されています。

そのため、リーズナブルな価格になっているペンタブを探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの満足度

本製品の魅力が分かっても、利用者たちは満足しているのか、知りたい方もいるでしょう。

実は、本製品を利用している方たちの多くは、本製品の性能について、満足しているのです。

実際に、本製品の性能で満足している所はいくつかあって、専用ペンの滑りがよくなっている所を気に入っている方がいました。

さらに、ショートカットキーが搭載されているので、効率よくイラストを製作できて、満足している方もいたのです。

さらに低価格になっている所を気に入っているケースもありました。

まとめ

本製品は付属品があまり充実していませんが、ペンタブとしての性能が優れているので、今ままでデジタルのイラストを製作した事がない方でも、気軽に購入できます。

さらに、OSUゲーム用でもあるので、音楽が好きな方でも満足できるペンタブになっています。

ただし、本製品よりも高機能になっているペンタブもあるので、本製品で物足りなくなったら、それから上位機種を検討するべきか考えてみるのも悪くありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)