おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブレット Bamboo CTH-470/K0の魅力を紹介!

   

Wacom ペンタブレット シンプルタブレット Bamboo Pen CTL-470/K0

デザインでイラストやアニメを製作している方たちの間で、高い人気を集めている物が、ペンタブです。

このペンタブは、アナログのような感覚で、デザインのイラストやアニメを製作する事ができるのです。

ただしペンタブは高額な機種が多いので、購入するのに躊躇(ちゅうちょ)する方は多いかしれません。

所が、ワコムの『ペンタブレット Bamboo CTH-470/K0』は低額で販売されているので、購入しやすくなっています。

そこで低額になっているペンタブを探している方のために、このペンタブについて詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブレット Bamboo CTH-470/K0の特徴

本製品のように低価格なペンタブでは、それほど性能が優れていないのではないかと心配してしまう方は多いかもしれません。

そこで本製品の特徴について紹介するので、性能について心配な方は確認してみて下さい。

手書き文字

ペンタブと言えば、多くの方はイラストやアニメを製作するイメージが多いかもしれません。

所が、ペンタブをメモ帳の代わりに使用するケースもあるのです。

実際にオフィスソフトを利用すれば、字体が整った文字を製作する事ができます。

しかし手書きで文字を製作したら、その方だけの特徴が出るので、味わいがあります。

本製品はコンパクトなボディサイズになっているので、メモ帳の代わりに使用しやすくなっているのです。

そのため、何か変化点を付けた書類データを作成したい場合には、本製品を利用してみて、デジタル版の手書き文字を作成する方法はおすすめです。

入力エリア

本製品は書き心地にこだわって作られていて、入力エリアは紙に書くような心地よさになっています(個人差があるので注意)。

実際に専用ペンを専用ボードになぞろうとした時に、ペン先が引っかかるようなペンタブになっていれば、満足できるようなイラストを製作する事が難しいです。

そのため、書き心地にこだわる方には、本製品を検討してみる価値があります。

コードレス

上位機種のペンタブでもコードが付いている機種があります。

所が、本製品は低額でもコードレスになっているのです。

そのため、デスクの上に本製品を設置しても、コードがないので、デスクの上をスッキリとさせる事ができます。

実際にコードが付いているペンタブを利用している最中にコードが何かに引っかかってしまえば、ペンタブが落下する恐れがあります。

そのような事になれば、精密機器になっているペンタブが故障するケースがあるのです。

さらに猫を飼っている方は、猫にコードを噛まれる可能性もあり得るので、コードレスになっているのは、本製品の大きな魅力です。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

注目すべき機能

本製品は低額の割には魅力的な特徴が多い機種ですが、それだけではなく様々な機能が搭載されています。

そこで本製品を購入するべきか悩んでいる方のために、どのような機能が搭載されているのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

マルチタッチ

本製品には『マルチタッチ』機能が搭載されていて、ズームや回転などを行う事ができます。

実際にズームさせる事ができれば、細かい所を確認する事ができるので、細かい所を微調整しやすくなります。

さらに回転する事もできるので、イラストを製作したい方には利便性の高いペンタブになっているのです。

なぜなら絵画やイラストを製作する際に、キャンバスを逆さまにして、線が曲がっているのか確認する事があるからです。

そのため、本製品で回転機能を利用すれば、簡単に線が曲がっているのか確認しやすくなっています。

消しゴム機能

ペンタブの中には『消しゴム機能』が搭載されている機種があって、アナログのようにイラストを修正したい所を消す事ができます。

本製品は低額な機種になっていますが、この消しゴム機能まで搭載されています。

そのためイラストで気に入らない場合には、消しゴム機能を利用して、簡単に修正する事が可能です。

さらにメモ帳の代わりに使用している場合でも、消しゴム機能を利用して、簡単に書き直す事もできます。

そのため、簡単に修正できるペンタブを探している方にも、本製品はおすすめです。

筆圧レベル

ペンタブを利用する際に、注目すべき機能として『筆圧レベル』が挙げられます。

この筆圧とは、専用ペンによる筆圧を検知できる機能になります。

実際にマウスでは力の入れ加減で、線の強弱を付ける事はできません。

しかしペンタブには筆圧レベルが搭載されているので、専用ペンにかける力の入れ具合によって、線の強弱を簡単に付けられるのです。

ただし本製品は低額という事もあって、筆圧は1024レベルになります。

あまり筆圧のレベルは高いほうではありませんが、この辺りは低額な機種なので仕方のない所です。

商品情報の内容

本製品の特徴や機能を分かってもらえた所で、次に商品情報も紹介するので、このペンタブを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

ボディサイズ

ペンタブを利用する際には、大型サイズを利用したいと思う方は多いかもしれません。

所が、大型サイズのペンタブをデスクに設置しようとしたら、デスクが狭く感じてしまうので、様々な道具をデスクに置く事が難しくなります。

そのような事になれば、イラストやアニメを製作する際に使用する資料を置く事が難しくなってしまうのです。

所が、本製品のボディサイズは、278×176×9.8mmしかありません。

そのため本製品であれば、それほど広くないデスクでも設置しやすくなっています。

リーズナブルな価格

本製品は魅力的なポイントが多いペンタブなので、多くの方は「本当に低額なペンタブなのだろうか」と心配になったかもしれません。

所が、本製品は、Amazonでは送料別ですが、税込価格4,888円で購入する事ができるのです(2017年12月18日時点)。

実際に同じワコムのペンタブの中には、100,000円を超えてしまう高額な機種があるのです。

しかし高額なペンタブを購入してから、期待するほどの物でなければ後悔する事になってしまうでしょう。

そのため、ペンタブを利用したら本当に便利なのか確認したい場合には、まず本製品を購入して確かめてみたほうが良いです。

利用者たちの口コミ

本製品は低額である事は確かですが、上位機種に比べれば、機能はそれほど充実していません。

そのためペンタブを購入するのであれば、最初から高額な機種を購入したほうが良いかもしれないと思う方もいるでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

否定的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、使いやすくて満足している方がいましたが、この方が本製品を購入した時には7,000円以上もして、値段が高い事を不満に抱いているケースがありました。

その他に、本製品を利用していたら、直線が上手く引けないケースもありました。

そのため、ペンタブに慣れていない方は、直線を引けるまでに時間をかけてしまう可能性が高いので、注意して下さい。

そして本製品をパソコンに接続しようとしたら、接触不良になってしまうケースもありました。

そのため、本製品を接続する際には、慎重に行って下さい。

好意的な口コミ

本製品は紙に近い書き心地になるように作られている事もあって、利用者たちの中にはペンの感触がよくて満足しているケースがありました。

そのため、アナログのイラストやアニメしか描いてこなかった方でも、本製品を利用してみて、デジタルのイラストやアニメに挑戦してみるのも悪くありません。

そしてペンタブを利用する際には、ポイントがぶれてしまう事がありますが、本製品ではポイントがあまりぶれなくなっている所を気に入っている方がいました。

まとめ

本製品は5,000円以下で販売されているので、多くの方たちが気軽に購入する事ができます。

実際にペンタブが便利な周辺機器と言っても、全ての方が利用しやすいとは限りません。

そのため、まずは低額の本製品を利用してみて、ペンタブが便利だった場合には、その後に上位機種のペンタブを購入してみても遅くはありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)