おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブ選びでよくある失敗とは?注意すべき4つのポイント

   

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液晶ペンタブレット15.6型 Wacom Cintiq Pro 16 オリジナルデータ特典付き TDTH-1620/K0

デジタルで絵を描くなら、ペンタブはとても便利な商品です。

しかし、そのためには、自分に合ったペンタブを選ぶ必要があります。

合わないものを購入すると、使いづらさなどから余計なストレスを感じてしまうので、快適に絵を描くことができません。

そこで、ペンタブ選びでよくある4つの失敗を挙げ、それぞれの注意点を紹介していきましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

サイズが合っていない

ペンタブを選ぶとき、サイズの間違いはよくある失敗です。

自分の目的をはっきりさせてから選ばないと、合わない大きさの商品を購入してしまい、あとから困ることになります。

ペンタブは、商品によって大きさが異なり、それぞれにメリットがあるため、選ぶときは注意しなければなりません。

例えば、できるだけ大きく腕を動かして描きたいのに、小さめのサイズを買ってしまうと、窮屈で使いづらく感じてしまいます。

しかし、小さいサイズのペンタブは、手の動きが最小限に抑えられることで、細かい作業が楽になるというメリットがあるのです。

そのため、「細かく描きたい」という目的があるなら、小さいペンタブは最適な商品になります。

また、大きいサイズのペンタブは、大きく手を動かすダイナミックな作業に適した商品です。

この場合、手が大きくて小さいペンタブを不便に感じる人も、快適に作業を進めることができます。

このように、ペンタブの大きさを考えるときは、それぞれのメリットを考慮して、自分が行う作業と照らし合わせて考えるようにしましょう。

作業の内容に適したサイズであれば、より便利に使うことができます。

モニタの大きさにも注意

サイズに関することでは、ペンタブ本体の他に、使用するモニタの大きさもにも注意しなければなりません。

ペンタブには、モニタが一体になった液タブもありますが、通常の商品は、モニタと接続して使うのが一般的な方法です。

その場合、ペンタブのサイズとモニタのサイズが大きくかけ離れていると、使いづらさを感じることがあります。

大きさが違いすぎると、ペンをほんの少し動かしたつもりでも、モニタの中では大きな線が表示されていたりするのです。

それでは、作業をしていても違和感を覚えることが多く、なかなか思うように描けなくなってしまいます。

これを避けるためには、ペンタブとモニタのサイズを、できるだけ近くしておくようにしましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

筆圧レベルが足りない

ペンタブを快適に使うためには、筆圧レベルをチェックすることも重要なポイントになります。

筆圧レベルとは、ペンの動きを読み取る性能のことであり、これが十分な値でないと、ペンの動きにしっかり対応することができません。

レベルが低すぎると、ペンを動かしたとき、モニタに表示される線に違和感を覚えてしまい、うまく描くことができないのです。

筆圧レベルの低い商品だと、512というものがあるので、購入時はよく見ておくようにしましょう。

繊細な表現をするためには、筆圧レベルが高めの商品にしておくべきです。

ただし、筆圧レベルの低さも、目的によっては問題にならない場合があります。

本格的な絵を描くには不向きですが、「ちょっとした落書き程度で構わない」という場合は、筆圧レベル512でも十分に使用できるのです。

サイズのときと同様に、まずは目的を明確にし、「自分に必要な筆圧レベルはどれくらいか」という選び方をしていきましょう。

初心者が早く慣れるためには

初めてデジタルの絵に取り組む場合、いきなり上手に描くことはできません。

そのため、まずは慣れることが大切ですが、筆圧レベルが低い商品だと、失敗してしまうことがあります。

筆圧レベルが低く、ペンの動きと描かれる線の間に違和感があるときは、紙に描く感覚と違いすぎて、なかなか慣れることができません。

ペンタブは、手を動かす場所とモニタが別々になっているので、ただでさえ感覚の違いには戸惑うものです。

そこに読み取り性能の低さがプラスされると、余計に描きづらくなってしまいます。

そのため、「なるべく早く慣れたい」という目的があるときは、筆圧レベルが低いものは避けてください。

ペンの動きにしっかり反応してくれる商品なら、慣れるためには最適です。

安さだけで選んでしまう

ペンタブを選びでは、値段を見て決めることも大切です。

特に、予算があまりない場合には、欠かすことのできないチェックポイントになります。

しかし、値段にばかり注目して、「安いから」と安易に決めてしまうのは、よくない方法です。

その場合、安さと引き換えに、使いにくさを感じてしまうこともあります。

安いペンタブは、HUIONやXP-PENといった海外の商品に多くありますが、その安さには、必ず理由があるものです。

激安のペンタブというのは、便利な機能や付属ソフトを省くことで、安さを実現しています。

そのため、「本格的な絵を描きたい」という目的があるなら、安いというだけで購入することは避けるべきです。

予算の関係で安いものを選ぶとしても、どのような商品なのか、よく確認してください。

使いやすさならWacom

値段だけにこだわるのではなく、「少しぐらい高くても使いやすいものが欲しい」と考えるなら、メーカーはWacomがおすすめです。

Wacomは国内メーカーであり、安さの面ではあまり期待できませんが、品質は優れています。

動作が安定しており、海外メーカーのペンタブよりも不具合が出にくいため、安心して使うことができるのです。

また、最初からペイントソフトが付属していたり、傾き検知などの便利な機能が備わっていたりする商品も多いので、とても使いやすくなっています。

初心者でもすんなりと使うことができるので、初めてで不安を感じている人にもおすすめです。

ペンタブは値段も大切ですが、実際に使ったときのことも、しっかり考えて選びましょう。

置き場所を考慮していない

ペンタブ選びでは、商品の性能や値段以外に、それを使用する場所についても考えなければなりません。

この点を忘れていると、置き場所に合わないペンタブを選んでしまい、どんなによい商品でも、不便さを感じてしまうことがあります。

例えば、なるべく手を動かしやすいことと、使うモニタが大きめであることを考慮して、サイズの大きなペンタブを購入した場合は、広い置き場所が必要です。

置く場所がなければ、どんなに優れた商品でも、快適に使うことはできません。

膝の上に乗せて作業することも可能ですが、そうした窮屈な使い方では、ストレスがたまる可能性も高いのです。

したがって、ペンタブを購入する際は、それをどこで使うのか、よく考えて選びましょう。

狭い場所で使うなら、それに適した商品が必要になります。

角度をつけて使えるか

ペンタブを使うとなれば、基本的には、机にペタッと平置きする場合が多くなります。

しかし、この置き方は場所をとるので、サイズの大きなペンタブを狭い机で使うには、あまりよくない方法です。

そこで注目したいのが、ペンタブのスタンドになります。

スタンドは、ペンタブに角度をつけて作業しやすくするアイテムですが、メリットはそれだけではありません。

ペンタブを起こすことで、スペースを圧迫せずに使えるようになるのです。

スタンドを使うには、ペンタブとは別に購入するか、最初から付属した商品を選ぶようにしましょう。

平置き以外の方法が可能になれば、使える場所の選択肢も広がります。

まとめ

ペンタブは便利な商品ですが、選ぶ段階でミスがあると、どうしても不満が出てきます。

すると、せっかくお金を払って買ったペンタブも、すぐに使わなくなってしまうことが多いのです。

それを避けるためには、ここで紹介したポイントに注意して、なるべく自分に合ったものを選びましょう。

選び方で失敗しなければ、普段の作業をより快適にすることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)