おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブ選びはここをチェック!初心者が注目すべき4つのポイント

   

ペンタブは、パソコンで絵を描くためには便利なアイテムです。

しかし、意外と種類が多く、初心者が始める際は、かなり迷ってしまうこともあります。

ペンタブは、自分に合ったものを選ばなければ損をすることもあるので、適当に決めるのは避けたいところです。

そこで、ペンタブを選ぶときの注目ポイントを紹介しましょう。

ポイントを押さえて選べば、初心者でも失敗することはありません。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

目的で選ぼう

ペンタブ選びでは、最初に目的をはっきりさせておきましょう。

目的が曖昧だと、選ぶときの基準がないため、多くの商品から絞り込むのは困難です。

自分が何をしたいのか明確であれば、それに合わせて、適切な機能をもったペンタブを探すことができます。

軽くイラストを描きたい場合

ペンタブを使う場合、それほど本格的なものではなく、落書き程度のちょっとしたイラストを描きたいこともあります。

それが主な目的であるなら、あまり悩む必要はありません。

軽く使うだけなら、基本的なことさえできれば十分です。

そのため、特別な機能なども必要ないので、自由に選んだとしても、失敗することはないでしょう。

むしろ、あまり専門的な機能が備わっていない方が、使いやすくてよいかもしれません。

漫画やイラストを本格的に描きたい場合

ペンタブを使って、本格的な漫画やイラストに取り組みたい人は、それに特化した商品を選ぶべきです。

本格的に使うならペイントソフトは必須なので、なるべく付属しているものを選ぶようにしましょう。

最初からソフトが付属しているものを探すなら、国内メーカーの商品がおすすめです。

海外メーカーのものは、基本的にペイントソフトが付属していないので、本格的なイラストを描くためには、別にソフトを購入する必要があります。

絵画のような絵を描きたい場合

ペンタブを使って描けるものは、漫画のようなイラストだけではありません。

よりリアルなタッチの、絵画のような作品を制作することもできるのです。

そのためには、水彩画や油絵のタッチを再現できるペイントソフトが必要なので、適したソフトが付属した商品を選ぶようにしましょう。

また、リアルな絵を描くには、傾き検知機能があることも重要となります。

傾き検知ができれば、繊細な作業が可能になるので、リアルな絵を描くには最適です。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

サイズで選ぼう

ペンタブのサイズには、3つの種類があります。

それぞれに特徴があるので、目的や用途に合わせて、適切なものを選ぶようにしましょう。

また、その際は、モニターのサイズも確認しておくことが大切です。

ペンタブとモニターのサイズが違いすぎると、使いづらくなってしまいます。

初心者なら、なるべく近いサイズを選んでおきましょう。

Sサイズ

B5よりも少し小さく、ハガキに近いサイズです。

ペンタブのサイズでは最小であり、持ち運びしやすく、場所をとらないことがメリットになります。

また、少し手を動かすだけで、モニターのカーソルが大きく動くのも特徴です。

これにより、少ない動きでの作業が可能になります。

主に手首を動かすだけで絵を描けるので、あまり手が疲れません。

Mサイズ

Sサイズより一回り大きく、A4くらいのサイズです。

そのため、Sサイズほどペンとカーソルの差が大きくなく、より手の動きに合わせた作業が可能になります。

入力範囲のサイズも大きいので、こまかい作業をするには最適です。

また、手が大きい人は、Sサイズだと小さすぎて不便なこともありますが、Mサイズなら問題なく使えるでしょう。

Lサイズ

A3よりも大きく、ペンタブでは最大のサイズです。

Lサイズはかなり大きいので、手首だけでなく、腕全体を振って描くことになります。

そのため、水彩画や油絵など、絵画を描きたいときは、とても便利なサイズといえるでしょう。

Mサイズよりも、さらに繊細な作業ができるため、リアルな絵を描きたいなら、ぜひおすすめです。

メーカーで選ぼう

ペンタブは、メーカーで選ぶという方法もあります。

メーカーの数は、それほど多くはないですが、どこを選ぶかで使い勝手も違うので、よく検討してみましょう。

なるべく費用を抑えるなら

ペンタブを販売している主なメーカーは、「Wacom」「HUION」「XP-PEN」などです。

このうち、なるべく費用を抑えたいなら、HUIONやXP-PENのペンタブを選びましょう。

どちらも海外のメーカーであり、かなり安価で購入することができます。

ただし、安さの理由は、付属ソフトや機能などをつけず、シンプルにしていることです。

傾き検知機能やペイントソフトなどはないので、目的によっては不向きな場合もあります。

特に、本格的な漫画やイラスト、絵画などを描きたい場合には、あまりおすすめできません。

もし使うなら、付属しているものが何なのか、よく確認してください。

足りないものがあれば、別に購入することで解決できる場合もあります。

最もおすすめなのはWacom

値段をそれほど気にしないなら、国内メーカーのWacomがおすすめです。

Wacomのペンタブは完成度が高く、動作も安定してるので、とても使いやすいのが特徴です。

また、ペイントソフトも付属しており、傾き検知などの便利な機能もしっかり備わっています。

そのため、高いことに目をつぶれば、初心者にもおすすめのメーカーといえます。

ユーザーもかなり多く、世界シェアは80%以上にもなるので、わからないことを調べれば簡単に解決策が見つかるのも、メリットのひとつです。

筆圧レベルで選ぼう

ペンタブには、筆圧レベルというものがあります。

これは、ペンの読み取り性能を表すもので、製品情報に表記されています。

筆圧レベルが高いか低いかで、作業のしやすさが変わってくるので、選ぶ際はよく確認しましょう。

レベルが高いと細かい作業ができる

筆圧レベルは、高ければ高いほど、繊細な作業が可能になります。

読み取り性能がよいと、線の微妙な強弱などがつけやいのです。

昔のペンタブは512という低いレベルの商品もありましたが、現在は1024が一般的です。

1024なら、軽くイラストを楽しむには、十分な筆圧レベルといえます。

ただし、本格的な漫画やイラスト、絵画などを描く場合には、さらに高い2048が最適です。

2048の筆圧レベルだと、かなり細かい作業が可能であり、表現も豊かになります。

海外メーカーは筆圧レベルが高い

筆圧レベルの高さを優先して選ぶならば、海外メーカーのペンタブがおすすめです。

HUIONやXP-PENは、どれも筆圧レベルが2048なので、なめらかな線による繊細な表現をすることができます。

そのため、高い筆圧レベルを求めるなら、海外メーカーのペンタブにしておけば、まず間違いはないでしょう。

ただし、先述のように、海外メーカーは付属ソフトや機能が足りないことも多いので、購入の際はよく確認してください。

また、最近は8192のペンタブも登場しており、こちらはWacomにもありますが、値段の高さはネックになります。

よほど高度な作業をするのでもなければ、安価で筆圧レベルが高い海外メーカーがよいでしょう。

2048でも、かなり反応がよいので、本格的な作業には十分な働きをしてくれます。

まとめ

一口にペンタブといっても、メーカーやサイズ、筆圧レベルなど、重要なポイントはいくつもあります。

それらの中から絞り込んで決めるには、やはり目的をはっきりさせることが大切です。

自分の目的と照らし合わせて考えれば、優先すべきポイントが自然とわかるようになります。

それを参考にして、ぴったりなペンタブを見極めましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)