おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

モニタアームのお辞儀を改善するには? チェックしたい4つのポイント

   

エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム 45-241-026

モニタアームは、液晶モニタを机から離して設置できる便利な商品ですが、使うときには、少し困ってしまうことがあります。

それは、モニタアームがお辞儀をしてしまうことです。

取りつけた液晶モニタの重さに引っ張られていると、下向きに傾いてしまいます。

では、モニタアームをお辞儀させないためのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

最大耐荷重

モニタアームに液晶モニタを取りつける際は、モニタアームの最大耐荷重と、液晶モニタの重量を必ず確認しなければなりません。

液晶モニタの重量が、モニタアームの最大耐荷重を超えているようだと、しっかり支えることができないのです。

そうなれば、どんなにがっちりと固定していても、お辞儀してしまいます。

また、あまりに重量オーバーだった場合は、お辞儀を通り越して、液晶モニタが落下してしまう可能性もあります。

高いとこから落ちたりすれば、液晶モニタが壊れてしまうだけでなく、怪我をするような事態に発展することもあるのです。

そうした事故を防ぐためにも、最大耐荷重の範囲内になることを忘れないようにしましょう。

モニタアームは便利ですが、どんなものでも取りつけられるわけではないので、この点には十分注意してください。

最低耐荷重も忘れずに

モニタアームのお辞儀を防ぐには、最大耐荷重をオーバーしないことが大切ですが、そこにばかり注目していると、失敗してしまうこともあります。

あまりにも軽すぎる場合は、液晶モニタがモニタアームに負けてしまうため、上に傾いたような状態になるのです。

それでは、画面が見づらくなってしまい、快適に使うことはできません。

このようなデメリットを解消するために、モニタアームの中には、最低耐荷重も表示してある商品があります。

その場合は、最大耐荷重と一緒にしっかりチェックして、傾きを防ぐようにしましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶モニタの厚さ

モニタアームのお辞儀は、重量を確認しておくことで、大抵は防ぐことができます。

しかし、場合によっては、最大耐荷重をオーバーしていないにも関わらず、お辞儀が起こってしまうこともあるのです。

そのときは、取りつける液晶モニタの厚さが問題になります。

液晶モニタは、基本的には薄いものですが、それぞれの商品で違いがあるものです。

中には、他よりも少し厚めになっている商品もありますが、その場合は、最大耐荷重の範囲内であっても、モニタアームの傾きが起こってしまいます。

厚い液晶モニタは、重心がどうしても外側に寄ってしまうため、実際よりも耐荷重が低くなるのです。

この点を考慮していないと、最大耐荷重をチェックしたつもりでも、傾きを抑えられなくなってしまいます。

したがって、モニタアームのお辞儀を防ぐためには、重量と一緒に、液晶モニタの厚さもチェックしておくのがおすすめです。

余裕をもたせることが大切

液晶モニタが少し厚めだった場合、通常よりもお辞儀が起こりやすくなってしまうので、できるだけ余裕をもたせることを意識してください。

例えば、最大耐荷重ギリギリの液晶モニタを取りつけたりすると、厚みの分だけ耐荷重が低くなり、お辞儀の状態になってしまいます。

そうならないためには、厚さによる重心の偏りがあっても、それをカバーできるくらいの余裕が必要になるわけです。

液晶モニタの重量とモニタアームの最大耐荷重が、ある程度離れていれば、多少重心が偏ったところで、大きな影響はありません。

ただし、あまり軽すぎると上に傾いてしまうので、余裕をもたせるといっても限度はあります。

モニタアームの方がオーバースペックになりすぎないように注意しつつ、ギリギリにならないところを検討していきましょう。

ケーブルの状態

モニタアームをお辞儀させないためには、ケーブルにも注目してください。

傾きとケーブルは、一見すると関係がないようにも思えますが、ケーブルの影響で耐荷重が下がり、お辞儀が起こってしまうこともあるのです。

ここで注意すべきなのは、ケーブルが垂れ下がった状態になります。

ケーブルは意外と重さがあるので、垂れ下がっていると、モニタアームを引っ張ってしまい、安定させることができません。

特に、太いものだったり、本数が多かったりすると、モニタアームにかかる負担が大きくなるため、お辞儀しやすくなります。

そのため、液晶モニタをとりつけたときにケーブルがどうなっているか、きちんと確認しておくようにしましょう。

ケーブルを固定しよう

ケーブルがだらりと垂れ下がっているようでは、モニタアームのお辞儀を防ぐことはできません。

そうならないためには、ケーブルをそのままにしておくのではなく、しっかりと固定しておく必要があります。

モニタアームの中には、ケーブルを固定したり、収納したりできるものがあるので、そうした商品を使って、垂れないように工夫しておきましょう。

ケーブルが固定できていれば、モニタアームを引っ張ってしまう心配はありません。

ケーブルの重さにも注意

ケーブルは、太さや数によっては、意外に重くなってしまうものです。

そのため、最大耐荷重を確認するときは、ケーブルの重さがプラスされることも考慮しておくようにしましょう。

最大耐荷重ギリギリの状態だと、わずかな重みでもオーバーしてしまい、傾いてしまう可能性があります。

余裕をもたせておけば、ケーブルの重さくらいで動いてしまうことはありません。

アームの伸ばし方

モニタアームがお辞儀をしてしまうときは、「アームをどう伸ばしているか」という点も重要になります。

例えば、ポールにモニタアームを取りつけるとき、その位置が下の方になっているときは、注意しなければなりません。

モニタアームの取りつけ位置が下になっていると、アームをやや上に伸ばして液晶モニタを固定することもありますが、その方法では、アームにかかる負担が大きくなってしまいます。

すると、きちんと取りつけたつもりでも、いつの間にか下がっていることがあるのです。

この点は、最大耐荷重に対して余裕があるなら、それほど大きな影響はありませんが、もしギリギリだった場合は、お辞儀が起きてしまう可能性が高くなります。

なるべく傾かないようにするためには、アームの位置をよく考えて、適切な伸ばし方をするようにしましょう。

上から下に

モニタアームを傾けないためには、取りつけ位置を少し上にしてみてください。

ポールの上の方に取りつけ、下向きにアームを伸ばすようにするのです。

液晶モニタを同じ位置に固定するとしても、下から上へ伸ばすよりは、上から下に伸ばした方が、アームにかかる負担を軽減することができます。

無理に重力に逆らうより、最初から下向きになっていた方が、傾きは少なくなるのです。

最大耐荷重や厚さなどを見落としてしまい、どうしてもお辞儀の状態になってしまうようなときは、せめてアームの伸ばし方だけでも適切なものにしてください。

それなら、少しは傾きを抑えることができます。

もちろん、失敗したときだけでなく、常に注意しておけばよりベストなので、モニタアームを取りつけるときは、位置をよく見ておきましょう。

まとめ

モニタアームは、うまく利用すれば、デスクワークをよりスムーズに進めることもできますが、本当に便利に使うためには、アームの傾きに注意しておきましょう。

せっかく導入しても、お辞儀をしてしまうようでは、画面が見づらくなるなど、いろいろとデメリットが出てきます。

ここで紹介したポイントを押さえておけば、傾きが抑えられるので、いつも快適な環境で作業ができるのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ