おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

モニタアームはどう便利なのか?8つのメリットを紹介

   

ロックテックLoctek フルモーションガス圧式モニターアーム USB3.0ポート付き 10-30インチ対応 D8

モニタアームがあると、机の上で作業する際は、とても便利です。

しかし、あまり馴染みがない場合は、「モニタアームで何ができるの?」という疑問をもつこともあります。

漠然とモニタが動かせるイメージはあっても、初心者だと、詳しくは知らない人もいるでしょう。

そこで、モニタアームを導入することによって得られる、8つのメリットを紹介します。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

高さが調節できる

モニタアームを使うと、モニタの高さを自由に調節することができます。

通常は、モニタの高さは変えられないので、無理に姿勢を合わせたりすることもあるでしょう。

例えば、モニタの位置が低すぎる場合は、前傾姿勢になったり、猫背になったりするものです。

しかし、そのような悪い姿勢で長時間作業していると、どうしても体に負担がかかってしまいます。

首や肩がこってきたり、目の疲れを感じるようになったりするのです。

ひどいときには、腰に負担がかかり、腰痛になってしまうこともあります。

しかし、モニタアームを使えば、高さを調節できるため、自分が見やすい位置にモニタを合わせることができます。

それならば、姿勢が悪くなる心配もなく、長時間の作業も楽になるでしょう。

こうした高さの調節には、縦の動きが可能な垂直アームや、水平垂直アームがおすすめです。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

下のスペースが空く

モニタアームを使うと、モニタやキーボード、ノートパソコンなどを机から離して設置できます。

すると、下のスペーが空くことになるため、机の上を広く使えるのです。

本来は、モニタやキーボードなどは動かせないため、その周辺にしか物を置くことができません。

そうしたスペースは、狭く限定されていることも多いので、物がたくさんあると、机の上がごちゃごちゃになってしまうこともあります。

しかし、モニタやキーボードを浮かせて、机の上から離してしまえば、使用可能なスペースが一気に広がります。

空いたスペースを有効に使うことができれば、机の上を整理しやすくなるでしょう。

そのため、モニタアームは、机の上をきれいにしたい人にも最適なのです。

細かい調節も可能

モニタアームの導入を検討する際は、「思ったとおりに動いてくれるのか?」という不安を感じることもあるでしょう。

せっかく購入しても、大雑把にしか動かすことができず、望んだ位置にセットするのが難しいようなら、すぐ使わなくなってしまうかもしれません。

確かに、製品によっては、動かせる方向が上下だけだったり、左右だけだったり、意外と可動域が狭いものもあります。

そんなときは、水平垂直アームがおすすめです。

これは、縦と横以外に、斜めの動きにも対応しており、全方位にモニタを動かすことができます。

さらに、軸の数が4軸になっている製品なら、かなり細かい調整が可能になるでしょう。

モニタアームの軸の数には、他に2軸や3軸もありますが、最も広い可動域をもつのが、4軸なのです。

そのため、できるだけ細かく調整したいなら、最適の製品となります。

これらの特徴をもつモニタアームなら、自分にぴったりの位置を探しやすくなるでしょう。

モニタを縦にして使える

モニタは、一般的には横に設置して使うものですが、モニタアームを導入すれば、縦置きで使うことも可能になります。

ほとんどのモニタアームは、モニタを90℃以上回転させることができるので、あとは画面の向きの設定を変更すれば、縦置きモニタの完成です。

モニタが縦になっていると、幅をとらないので、机の上を広く使うことができます。

さらに、横向きよりも、画面に表示される情報量も多くなるので、文章が多いページを見るには最適です。

また、ワードやエクセルの作業も、表示される分量が増えることで、進めやすくなるでしょう。

この縦置きをするには、なるべく高さのある製品か、高さを調節できる製品を選ぶのがコツです。

高さが足りていないと、机の上にすれすれの位置になってしまうため、画面の下部が見にくく、逆に使いづらさを感じるかもしれません。

十分な高さのある製品なら、画面全体をひと目で見渡せるので、とても便利です。

マルチモニタにできる

モニタアームがあると、モニタの位置が机の上に限定されないので、マルチモニタ環境を構築しやすくなります。

マルチモニタとは、複数のモニタを並べた状態のことで、マルチディスプレイとも呼ばれます。

複数のモニタを同時に使用すると、作業の効率を上げることができるのです。

例えば、教科書とノートを複数開いて勉強する場合、狭い机だと、何冊かは重ねなければならないので、位置の入れ替えを煩わしく感じることがあります。

しかし、広い机なら重ねずに置くことができるので、余計なストレスがなく、勉強の進み具合もよくなるでしょう。

マルチモニタにも、これと同じ効果があります。

モニタがひとつしかないと、複数のページを開いたり、複数のソフトを使ったりするには不便なものですが、モニタも複数であれば、それらを分けて表示することができるのです。

マルチモニタで作業をしやすくしたいなら、ぜひモニタアームを検討してみましょう。

大きなモニタでも安心

モニタアームを使う際は、「大きいモニタでも大丈夫なのか?」という心配もあります。

確かに、大きいモニタだと、支えきれずに落ちてくる想像をしてしまうものです。

しかし、モニタアームには、最大耐荷重というものがあります。

これは、最大でどれくらいの重さに耐えられるかを表した値なので、この表記をしっかり確認して選べば、大きいモニタでも問題はありません。

ただし、最大耐荷重をオーバーしていない製品でも、あまり軽すぎるモニタだと、上向きに傾いてしまうことがあります。

モニタアームには、最低耐荷重を表記している製品もあるので、その場合は、最低の値もよく見て選んでください。

モニタ以外にも使える

モニタアームで浮かせることができるのは、モニタだけではありません。

専用のモニタアームがあれば、スマートフォンやタブレットなどを固定することもできるのです。

パソコンの隣にスマートフォンなどを置いて、メールやSNSを見たいときは、ふたつの高低差のある画面を行き来しなければならないため、見づらく感じることもあります。

そんなときは、モニタアームを使って、両方とも見やすい位置に並べてしまいましょう。

すると、目線の移動が少なくなり、どちらの画面も楽に見ることができます。

また、机の上に置き場所がないような場合にもおすすめです。

取りつけが簡単

モニタアームの取りつけは、穴を開けてネジで固定することを考えれば、かなり面倒で難易度が高いように思えます。

しかし、実際には、そうしたモニタアームは一部の種類だけです。

多くのモニタアームは、固定具で挟んで取りつける「クランプ式」となっているので、初心者でも簡単に設置することができます。

そのタイプを選んでおけば、設置場所に穴を開ける必要もありません。

クランプ式は、モニタアームの固定方法では最も多く使われているので、種類が豊富にあり、自分に合った製品を見つけやすいこともメリットです。

簡単そうなものを選んで、サクサク取りつけてしまいましょう。

まとめ

モニタアームを導入すると、とても多くのメリットがあるので、パソコン周辺の環境を改善したいなら、ぜひおすすめです。

ただし、導入の際は、「自分に合った製品を選ぶ」という点に注意してください。

どんなに高品質なモニタアームでも、自分の目的と合っていなければ、メリットを得られなくなります。

目的とスペックを照らし合わせて、適切な製品を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ