おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

モニタアームはどんなときに必要?メリットが大きい4つの目的

   

ロックテックLoctek フルモーションガス圧式モニターアーム USB3.0ポート付き 10-30インチ対応 D8

モニタアームは、液晶モニタを使う際の自由度を上げてくれる便利な商品です。

しかし、あまり馴染みがない人からすると、「本当に必要なのか」という疑問を感じることもあります。

そこで、モニタアームがあると便利なのは、どのような目的があるときなのか、4つの例を挙げて説明していきましょう。

気になっている人は、これを参考にして導入を検討してみてください。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

モニタの位置を自由に変更したい

モニタアームの最大のメリットといえば、「モニタを動かすことができる」という点です。

通常は、モニターの角度くらいなら変更できても、大きく位置を動かすことはできません。

しかも、動かせる範囲は、モニタを設置した場所の中に限られます。

机に設置しているなら、そこから出すことはできないので、もし大きく動かしたいなら、机の上の環境まで、いろいろと変えなければならない場合もあります。

しかし、モニタアームを使えば、動かすために余計な手間をかけることはありません。

モニタを浮かせることができるため、机の上の環境を変えたりしなくても、簡単に好きな位置まで移動させることができるのです。

また、範囲が机の上に限定されないことで、より自由度が増し、自分が最も見やすい位置や、作業しやすい位置を探すことができます。

普段のモニタの位置に不便さを感じている人は、ぜひモニタアーム利用してみましょう。

細かい調節は4軸で

モニタアームでモニタの位置を変える場合、選択する商品によっては、かなり細かい位置の調節が可能になります。

そのためには、軸の数をよく見て選んでください。

モニタアームのアームは、商品によって軸の数が異なり、なるべく多い方が、より細かい動きに対応することができます。

したがって、「細かく調節して好みの位置を探したい」といった目的がある場合は、最も多い4軸のモニタアームを選んでください。

2軸や3軸の商品も、ある程度は自由に動かせますが、なかなか思うような位置を見つけられないこともあります。

しかし、4軸の商品なら、より細かい調節ができるため、望みどおりの位置を見つけやすくなるのです。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

スペースを広く使いたい

モニタの位置を自由に動かすことができるモニタアームは、場所を限定しないことで、別のメリットも発生させます。

それは、スペースを広く使えるようになることです。

モニタの位置が机の上に固定されている場合、そのスペースを他のことには使えなくなります。

多くの物を置く必要があり、できるだけ広いスペースが欲しいときでも、モニターの分は常に確保しておかなければならないのです。

また、狭い机で作業するときは、モニタ置いただけで多くのスペースが埋まり、さらに狭く感じてしまうこともあります。

そんなときは、モニタアームを使い、モニターを机から浮かせてしまいましょう。

すると、それまでモニタを設置していた場所を、他のことにも使えるようになります。

これは、モニターを使わず、まったく別の作業をするときにも便利です。

モニタに関係ない作業をしたいときでも、普通は簡単に動かせないので、その手間を面倒に感じてしまい、設置したままにしておくことも多くなります。

しかし、モニタアームを使えば移動が楽になるので、一時的にモニターを離しておきたいときは、すぐに動かすことができるのです。

優れた商品でもっと便利に

モニタアームでスペースを有効に使いたいときは、商品のもつ特徴に注目してみましょう。

一口にモニタアームといっても、多くの種類があるので、商品によっては、より自分に合った使い方ができるのです。

例えば、モニタアームを取りつける位置は、机の端であることも多いですが、たくさんの商品の中には、壁やポールに取りつけるタイプもあります。

それならば、机とは完全に切り離すことができるため、スペースを最大限に活用したいときは、ぜひおすすめです。

また、モニタアームで浮かせることができるのは、モニタだけとは限りません。

専用の商品を使えば、ノートパソコンやキーボードも取りつけることができるのです。

このように、モニタアームは、商品によってできることが違ってきます。

目的に合わせて、最もメリットが大きい商品を選ぶようにしましょう。

モニタを縦にしたい

一般的に、モニタの向きは、横である場合が多いものです。

しかし、モニタを使うときは、必ずしも横にしなければならないわけではありません。

モニタアームを使い、モニターの向きを縦にすると、横向きでは得られないメリットもあるのです。

縦向きにしたモニタは、横で使ったときよりも、表示できる範囲が広くなります。

そのため、文章量が多いページを閲覧するときなどは、とても便利です。

横向きで何度もスクロールが必要なページであっても、縦向きでより多くの文章を表示すれば、その回数は少なくなります。

ワードやエクセルなどを使う場合も、一度に表示される情報が多ければ、作業がしやすくなるのです。

また、モニタを縦向きにすれば、横幅をとることがないため、狭いスペースにも設置することができます。

こうしたメリットのために、モニターを縦向きにしたい場合は、ぜひモニタアームを使ってみましょう。

縦向きに適した商品とは

モニタを縦にして使いたいとき、そのためのモニタアーム選びでは、高さに注意してください。

縦向きにするということは、横幅が減る代わりに、縦の長さは多く必要になります。

そのため、机に設置する場合は、なるべく高さのあるモニタアームを選ばなければなりません。

高さが足りない商品だと、画面の下が机とすれすれの位置になるため、見にくさを感じるようになります。

それを回避するためには、十分な高さのある商品を使い、机との距離をとる必要があるのです。

机から離しておけば、目線が下がりすぎる心配はなく、快適に使うことができます。

また、モニタを机から離すには、高さの調節ができる商品もおすすめです。

マルチモニタにしたい

モニタを使うときは、「ひとつでは足りない」という場合もあります。

例えば、いくつものページを同時に開いて閲覧したいとき、モニターがひとつだと、表示できるページが限られるため、いちいち入れ替えなければなりません。

また、複数のソフトを立ち上げて作業したいときなども、ひとつのモニターでは不便に感じるものです。

そんなときは、複数のモニタを並べたマルチモニタの環境が必要になります。

モニターが複数あれば、分けて表示することができるため、より作業がしやすくなるのです。

そして、マルチモニタのためには、複数のモニタを支えるモニタアームが必須アイテムになります。

重さに注意しよう

モニタアームでマルチモニタ環境を構築する際、アームが複数ある商品に、複数のモニタを取りつける場合もあります。

そのときは、全体の重量に気をつけましょう。

モニタアームには、最大耐荷重というものがあり、それ以上の重量には耐えられないのです。

最大耐荷重をよく確認せず、重量オーバーの状態にしてしまうと、大きく傾いたり、最悪の場合は落下したりする可能性があります。

安全に使うためには、必ず重量を確認して、モニタをしっかり固定できる状態にしてください。

ただし、「最大耐荷重を超えなければギリギリでも構わない」といった考え方は間違いです。

ケーブルの重さやモニタの厚さによっては、予想外の負荷が発生することもあります。

思わぬ負荷がプラスされたときのことを想定して、全体の重さには、できるだけ余裕をもたせるようにしましょう。

まとめ

モニタアームは、いろいろな使い方ができる商品です。

そのため、それぞれの目的によって、異なるメリットを発揮してくれます。

ただし、紹介してきたように、モニタアームを選ぶときは注意点もあるので、目的に合わせて適切なものを購入するようにしましょう。

適切なものを正しく使えば、モニタアームは、より便利なるのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ