おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

モニタアームは寝たまま使える?ベッドでパソコンをするための4つのポイント

   

BESTEK PC モニター アーム 液晶ディスプレイ アーム クランプ式 水平多関節 17-27インチ対応 BTSS01BK

モニタアームといえば、液晶モニタを浮かせてスペースを有効活用できる便利な商品ですが、その使い道は、机の上だけではありません。

ベッドに設置することで、寝たままでもパソコンができるようになるのです。

ただし、モニタアームをベッドでも使用するためには、いくつかポイントを押さえておく必要があります。

では、そのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

支柱取り付けタイプを使おう

モニタアームをベッドに設置する場合、それに適した商品を選択する必要があります。

一口にモニタアームといっても、机に設置するタイプや壁に設置するタイプ、立ったままの作業に最適なタイプなど、その種類はたくさんあります。

その中で、ベッドへの設置に最も適しているのは、支柱に取りつけるタイプのモニタアームです。

机にモニタアームを設置するときは、机を固定具で挟んだり、ネジで穴を開けて固定するのが一般的な方法ですが、設置場所がベッドとなれば、そのような方法は当てはまりません。

ベッドにモニタアームを設置するなら、まずはポールなどの支柱を立て、そこに取りつけるのがおすすめです。

商品を購入するときは、注意して選ぶようにしましょう。

地震対策には突っ張り棒

ベッドの隣にポールを設置する場合、そのポールの種類にも注目してください。

ポールには、普通に床に立てるタイプと、床と天井の間に突っ張り棒として挟むタイプがあります。

普通に使うだけなら、どちらのタイプでも問題はありませんが、もし地震対策を考えているなら、突っ張り棒の方がおすすめです。

それなら、かなり固定力が強くなるので、少しくらいの揺れではびくともしません。

寝たまま液晶モニタを見ていて、体の上に落ちてくるようでは大変なので、この点は慎重に検討しておきましょう。

また、自分で設置することに不安がある場合は、プロに頼んで取りつけてもらうこともできます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

適した重さに注意

液晶モニタが体の上に落ちることを防ぐためには、モニタアームの強度も重要になります。

モニタアームは、すべての液晶モニタに対応しているわけではありません。

あまり重すぎる液晶テレビを取りつけたりすると、支えきれずに落ちてしまう可能性が高いのです。

そのため、液晶モニタと組み合わせるモニタアームを選ぶときは、対応できる重さをしっかり確認しておきましょう。

そこで注目したいのが、各商品に設定されている最大耐荷重です。

最大耐荷重は、そのモニタアームが耐えられる重さの限界を示したものであり、この値を超えるほど大きな液晶モニタは、取りつけることができません。

無理に取りつけたとしても、モニタアームには大きな負荷がかかり、使用中に落下する恐れがあるのです。

その場合、普通は液晶モニタが壊れるだけで済みますが、ベッドで使う場合は、自分まで危険に晒されてしまいます。

例えば、仰向けに寝たまま、ポールに取りつけた液晶モニタを頭上に固定して見ていた場合、それが顔に向かって落ちてくることもあるわけです。

そうならないためにも、重さは必ず確認してください。

軽すぎると見にくくなる

最大耐荷重をオーバーしないことは、事故を防ぐためには大切なポイントですが、逆に軽すぎる場合も、デメリットが出てきます。

モニタアームに対して液晶モニタが軽すぎると、上に傾くようになってしまい、寝たままでは見づらい状態になってしまうのです。

それでは、せっかくベッドに設置しても、快適に使うことはできません。

ベッドに寝たままでパソコンを使うときは、液晶モニタの角度はとても重要です。

どうしても傾くようなら、寝ている自分が動いて調節しなければならないこともあるので、この点には注意してください。

商品によっては、最大耐荷重だけでなく、最低耐荷重も表記してあるものがあるので、その場合は見落とさないようにしましょう。

可動域はどれくらいか

モニタアームをベッドで使う場合、その位置を調節するときは、なかなか思うようにできないことがあります。

普通に机の上で使う場合と違い、寝たままで液晶モニタを見ることは少ないため、自分にとって最も適切な位置を見つけるには、少し時間がかかったりするのです。

その点を考えれば、モニタアームの可動域は、なるべく広い方が調節しやすくなります。

モニタアームの動きが限定されていると、ただでさえ適切な位置を探すのに手間取っている状態では、かなり不便に感じるものです。

しかし、広い範囲に動かすことができるモニタアームなら、細かく調節を行うことができるため、見やすい位置を探すには役立ちます。

軸の数を確認しよう

モニタアームの可動域は、軸の数によって判断することができます。

商品によって2軸だったり3軸だったりしますが、軸の数は、多ければ多いほど可動域が広くなるのです。

したがって、細かい調節を行う場合は、4軸のモニタアームにしておきましょう。

2軸や3軸だと、思い通りの位置に動かせず歯がゆい思いをすることもありますが、4軸であれば、かなり自由に動かすことが可能です。

それならば、寝たままの姿勢で見やすい位置を探すことも、難しくはありません。

微妙な調節も可能なため、最もモニタが見やすくなる位置を見つけられるのです。

便利なアイテムを使おう

モニタアームをベッドに設置し、寝たままでパソコンを使うのであれば、その際に役立つ便利な商品にも注目してみましょう。

例えば、通常よりもコンパクトなサイズのミニキーボードです。

ベッドで使うとなれば、普通のキーボードでは大きすぎて邪魔になってしまいますが、コンパクトなものであれば、その心配はありません。

ゲームのコントローラーくらいのサイズもあるので、自分が使いやすいものを選んでください。

ワイヤレスの商品なら、より快適に使用することができます。

また、キーボードの使用頻度が少なく、ちょっとした入力だけで済む場合には、スクリーンキーボードを使い、すべて画面上で済ませてしまう方法もあります。

できるだけ余計なものを排除したいなら、音声入力ソフトも検討してみましょう。

ワイヤレスタッチパッドも便利

ベッドでのパソコン作業なら、机と同じようなマウス操作は難しくなります。

そこで役立つのが、ワイヤレスのタッチパッドです。

これがあれば、たとえ布団の中であっても、スムーズな操作が可能になります。

それまでマウスを使っていた人の場合、最初は使いづらく感じることもありますが、慣れれば快適です。

また、マウスは左手だと不便なことも多いですが、タッチパッドで左右の差は発生しないので、目的にによって両手をうまく使い分けることもできます。

小型のテーブルを活用しよう

ベッドでのパソコン作業を快適にするためには、モニタアーム以外に、小型のテーブルを近くに置いておくのもおすすめです。

何もない状態だと、他に必要なものができても、すべて布団の上に置いておかなければなりませんが、それはあまり快適な環境ではありません。

小さいものなどは、布団や自分の体に隠れて見えなくなってしまうこともあり、かなり不便です。

そんなとき、すぐ近くにテーブルがあれば、とても助かります。

ベッドで使うための小型テーブルには、ベッドの横から入れるタイプや、ベッド横を覆うアーチ型のタイプがあるので、使い勝手のよさそうなものを選びましょう。

また、高さの調節ができるものなら、より便利な使い方ができます。

まとめ

モニタアームは、主に机の上で使うことが多く、液晶モニタの移動やマルチモニタの構築に活躍しているイメージが強いですが、その使い道はもっと広いものです。

ここで紹介したポイントを参考にして、自分にぴったりなベッドでの使い方を考えてみてください。

モニタアームの機能や、他の便利な商品などもうまく利用すれば、より快適な環境で作業ができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ