おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

モニタアームを使うときの注意点は? 4つのポイントまとめ

   

ロックテックLoctek フルモーションガス圧式モニターアーム USB3.0ポート付き 10-30インチ対応 D8

モニタアームは、液晶モニタの位置を自由に動かしたり、マルチモニタ環境を構築する際に役立つ商品です。

これをうまく活用すれば、普段の作業がより快適なものになります。

しかし、モニタアームを導入する際は、注意すべきポイントがあります。

モニタアームのメリットをしっかり引き出すためにも、その注意点をしっかり押さえておきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

互換性

モニタアームを液晶モニタと接続する際は、モニタの裏にあるネジ穴を使うことになります。

この穴を使ってアームを接続し、固定するわけです。

しかし、もしネジ穴とアームが合っていなければ、せっかく購入したモニタアームを接続できなくなってしまいます。

そのため、液晶モニタのネジ穴とモニタアームの互換性については、購入前に必ず確認しておかなければなりません。

といっても、ほとんどの液晶モニタは、しっかりとモニタアームに対応したネジ穴がついているものです。

液晶モニタのネジ穴のサイズや位置は、「VESA規格」という世界共通の規格で定められています。

そのため、よく確認せずに購入してしまったとしても、問題なくモニタアームを使用できる可能性が高いのです。

ただし、すべての商品に当てはまることではないため、まれに合わないものもあります。

その場合は、ネジ穴とかみ合わなくなり、アームを固定することができません。

これを避けるためには、商品の詳細やレビューなどをよく見ておくようにしましょう。

同じ液晶モニタで動作確認ができている商品であれば、安心して購入することができます。

マウントアダプタ

VESA規格に対応していない液晶モニタには、マウントアダプタを使いましょう。

このアダプタを取りつければ、VESA規格のモニタアームを接続することができるのです。

マウントアダプタを使用するには、別にアダプタキットを購入する方法と、あらかじめ付属した商品を購入する方法があります。

最初からアダプタが付属しているモニタを購入しておけば、「モニタアームが合わず設置できない」という事態は起こりません。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

耐荷重

モニタアームは、液晶モニタをしっかり支える強度がある商品ですが、すべての商品に対応しているわけではありません。

場合によっては、重さに耐えきれず、大きく傾いてしまうことがあるのです。

サイズの大きい液晶モニタを使っている人は、特に注意が必要になります。

27インチより大きいものだと、重量が10kgを越える商品も多く、最悪の場合は、突然落下してしまうこともあるのです。

そうした失敗を避けるためには、モニタアームの最大耐荷重を、必ず確認してから購入するようにしましょう。

モニタアームは、商品によって耐えられる重さが異なるので、それをしっかりチェックしておけば、失敗することはありません。

余裕をもって選ぼう

モニタアームは、最大耐荷重をよく見て選んだものなら、傾きや落下は起こりません。

しかし、あまりギリギリの商品だと、たとえ最大耐荷重を越えていなくても、うまく設置できないことがあります。

というのも、モニタアームが支えているのは、液晶モニタの重さだけではないからです。

モニタアームは、液晶モニタの他に、接続されたケーブルも支えなければなりません。

ケーブルといえば、それほど重いものではないイメージがありますが、太いものが何本もつながっていたりすると、意外に重くなってしまうものです。

そのため、最大耐荷重ギリギリだと、実際に設置したとき、重量オーバーになることがあります。

また、厚みのある液晶モニタの場合も注意が必要です。

液晶モニタとモニタアームを接続した場合、その重心はアームを取りつけた位置になるものですが、厚いモニタだと、重心が外側に偏ることがあります。

すると、実際の重さよりも大きな負荷がかかってしまうのです。

したがって、モニタアームの最大耐荷重を確認するときは、かなり余裕をもって選ぶようにしましょう。

そうしておけば、予想外の重量がかかった場合でも、しっかり支えることができます。

設置する場所の強度

モニタアームには、主に3つの設置方法があります。

そのうち、設置する場所に穴をあけてネジ止めする「ネジ固定式」と、同じく穴を開けてボトルを通す「グロメット式」は、少し難易度が高いものです。

どちらも穴をあけて固定する方法なので、固定力は高くなりますが、初心者向きではありません。

簡単に設置したいときは、固定具を使って挟み込むタイプの「クランプ式」がおすすめです。

この方法なら、設置場所に穴をあける作業は必要ないため、誰でも簡単に取りつけることができます。

クランプ式は、3つの中では最も一般的な方法であり、種類が多くあることもメリットです。

ただし、簡単な方法でも、注意点はあります。

モニタアームを使ってマルチモニタ環境を構築する場合、設置する場所の一点だけに、圧力が集中してしまうのです。

例えば、机に取りつける場合は、固定具で挟んだ部分に負荷がかかりすぎるため、だんだん歪んでくることがあります。

マルチモニタはとても便利ですが、そのためには、設置場所の強度が重要なポイントになるのです。

補強プレートがおすすめ

モニタアームの導入では、マルチモニタが目的の場合も多くあります。

そのためには、できるだけ強度の高い設置場所が必要になりますが、たとえ強度不足の机などがあっても、簡単には変更できないことが多いものです。

そんなときは、補強プレートを使いましょう。

これは、固定具に挟むことで、接地面積を大きくできる便利なアイテムです。

広い面積があれば、設置場所にかかる負担が軽減されるので、歪みなどの問題は解消できます。

マルチモニタで強度が心配なときは、ぜひ使ってみてください。

可動域

モニタアームを導入する際、必ずチェックしておかなければならないのが、「自由に動かすことができるか」という点です。

好きな場所に自由に移動できるものでなければ、不便に感じてしまうことがあります。

モニタアームのメリットといえば、モニタを浮かせて動かすことで、スペースを広く使ったり、より作業しやすい環境をつくることですが、そうした使い方をするには、スムーズに動くことが大切なのです。

そこで重要になるのが、モニタアームの軸の数になります。

モニタアームには、2軸、3軸、4軸といった軸の種類がありますが、広い可動域を確保するためには、4軸の商品がおすすめです。

軸の数が多ければ、動かすときの自由度が増します。

それならば、より細かい調整なども可能であり、自分に合わせた使い方ができるのです。

アームの種類にも注目

モニタアームの可動域は、アームの種類によっても左右されます。

自由に移動できることがメリットのモニタアームですが、アームの種類によっては、動かせない方向もあるのです。

例えば、垂直タイプのアームだと、上下の動きは問題ありませんが、左右への移動はできなくなります。

また、水平タイプのものは、左右には移動できても、上下に動かすことはできません。

このように、動きが限定されている商品もあるので、導入する際は、アームの種類を必ず確認するようにしてください。

すべての方向に動かしたい場合は、水平垂直タイプのアームが適しています。

自分の目的に合わせて、最も必要な性能を備えた商品を選びましょう。

まとめ

モニタアームは便利ですが、どんなものを使ってもメリットがあるわけではありません。

大きいモニタを取りつけるなら最大耐荷重を、広い範囲に動かしたいなら軸の数をチェックしておかなければ、せっかく購入しても、思うような使い方はできなくなります。

モニタアームの導入で最も大切なのは、自分の目的に合った商品を選ぶことなのです。

ここで紹介したポイントを参考にして、最適なモニタアームを見つけましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ