おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

モニタアームを使うと仕事が捗る? デスクワークで役立つ4つのポイント

   

Loctek フルモーションガス圧式モニターアーム USB3.0ポート付き 10-30インチ対応 D8

モニタアームは、液晶モニタを取りつけて好きなように動かすことができる、とても便利な商品です。

これをうまく利用することで、仕事をよりスムーズに進めることが可能になります。

しかし、あまり馴染みのない場合は、「本当に便利なのか」「どう役に立つのか」という疑問をもってしまうこともあります。

ここでは、モニタアームが仕事に役立つポイントを、詳しく説明していきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

デスクを広く使える

デスクワークでは、デスクの広さを十分に確保することが大切です。

狭いスペースで仕事をしなければならないときは、とても窮屈に感じてしまい、仕事の進行を妨げることがあります。

これは、単に狭さがストレスになるだけでなく、何かを置くスペースがないことも問題です。

デスクワークは、パソコンを1台ポツンと置いて作業するわけではありません。

ファイルや本、各種事務用品など、他にも必要となるものが多くあります。

ところが、デスクのスペースが狭いと、そうしたものを置いておくことが難しくなってしまうのです。

パソコンだけでほとんどのスペースを占領してしまい、他のものを別の場所に置かなければならないようでは、仕事の効率が悪くなってしまいます。

そのように、「これが近くに置けたらもっと便利なのに」といった不満を感じてしまうときは、モニタアームがおすすめです。

モニタを浮かせてスペースを確保

モニタアームを使うと、液晶モニタをデスクの上から離すことができます。

すると、通常は塞がっているはずのスペースが空き、他のことに使えるようになるのです。

それなら、他のものが必要なときに悩むことはありません。

スペースが広くなった分、余裕をもって置くことができるのです。

すぐ近くに必要なものを常備しておけば、仕事の効率も上がるので、スペースに悩んでいるなら、ぜひモニタアームを使ってみてください。

掃除や整理も簡単

モニタアームを使ってデスクのスペースを空けておけば、掃除や整理をするときも便利です。

狭いスペースにゴチャゴチャとものが置かれていると、きれいに片づけることは難しく、埃もたまりやすくなってしまいます。

しかし、デスクの上を広く使える状態になっていれば、その心配はありません。

ものを退けて掃除をしたり、使いやすいように整理整頓をしたり、仕事のための環境をしっかり整えることができるのです。

休憩もしやすい

デスクワークをする人の場合、休憩や昼食などもその場で済ませることがあります。

そんなとき、狭くて窮屈なデスクでは、気軽に弁当を広げることもできず、リラックスすることができません。

また、キーボードがすぐ近くにあったりすると、うっかり飲み物をこぼしたとき、大惨事になってしまうこともあるのです。

しかし、モニタアームで液晶モニタを浮かせておけば、そのような失敗は起こりません。

空いたスペースにキーボードを寄せて安全を確保しておけば、余計なことを気にせず休むことができます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

画面を好きなように動かせる

デスクワークで液晶モニタを使うときは、見やすい位置にすることが大切です。

画面が見やすい位置にあれば、余計なストレスを感じることもなく、スムーズに仕事を進めることができます。

しかし、液晶モニタを動かせる範囲は、それほど広いものではありません。

少しくらい向きを変えることはできても、自分にぴったりの位置を見つけるとなれば、なかなか難しいこともあります。

特に、デスクの上が狭いときは、思うように動かせず、見づらいままで作業を続けなければならないことも多いのです。

そのような環境では、仕事も捗りません。

こうしたデメリットを解消するためにも、モニタアームをうまく利用していきましょう。

4軸の商品でベストな位置を

モニタアームは、取りつけた液晶モニタの向きや角度を、自由自在に変えることができます。

その範囲は、普通にデスクの上に置いたときより、かなり広いものです。

デスクから離した状態であれば、他のものを置くスペースなどは考慮しなくてもよいため、見やすい位置を探しやすくなります。

ただし、モニタアームを自由に動かすためには、4軸になった商品を使うことが大切です。

軸の数が少ないと、それだけ可動域が狭くなるので、自分好みの位置を見つけたいとき、不便に感じてしまうことがあります。

4軸なら広い範囲に動かせるので、細かく調整して、使いやすい位置を探していきましょう。

縦向きのメリット

モニタアームで液晶モニタを動かすときは、見やすい位置や角度だけでなく、画面の向きにも注目してみてください。

普通なら、液晶モニタは横向きで使うものですが、縦にしても便利に使うことができます。

液晶モニタを縦にすると、ページをかなり下の方まで表示することができるため、一度に得られる情報量が大幅に増えます。

また、横向きだと左右のスペースに余白ができることもありますが、縦にしておけば、画面全体を無駄なく使うこともできるのです。

縦向きは、Wordで文書を作成するときにも役立つので、デスクワークをスムーズに進めるなら、ぜひ試してみてください。

複数のモニタを並べて使える

デスクワークでは、場合によっては、液晶モニタを複数同時に使いたくなることもあります。

例えば、資料を表示させ、それを見ながら入力作業を行うときは、画面が分かれていると、とても便利なものです。

片方の画面に資料を出しておき、もう片方の画面で入力を行えば、サクサクと仕事を進めることができます。

すべて同じ画面の中で済ませようとしても、見づらくなってしまうことが多いですが、複数の画面を並べることができれば、その心配はありません。

マルチモニタは、広いスペースに何冊も本を広げるようなものであり、いちいち入れ替えたりしなくても、すべてをまとめて見ることができます。

そして、マルチモニタ環境を構築するために必要となるのが、モニタアームなのです。

ひとつの画面に不満を感じているようなら、モニタアームの導入を検討してみてください。

液晶モニタ以外にも使用できる

モニタアームといえば、「液晶モニタを取りつけるもの」というイメージが強いですが、商品によっては、それ以外のものを取りつけることも可能です。

専用の商品を選べば、タブレットやスマートフォンも、液晶モニタと同じように、デスクから離して設置することができます。

それらを見ながら作業をしたいとき、普通ならデスクの上に置いておくことになりますが、その状態だと、目の前にあるのパソコンの画面を見るには不便なものです。

手元と正面で視線を上げ下げしなければならず、見ているうちに疲れてしまいます。

しかし、モニタアームにタブレットやスマートフォンを取りつけ、パソコンの画面の横に移動させてしまえば、視線がせわしなく動くことはありません。

つまり、マルチモニタと同じ環境をつくることで、より効率よく仕事をすることができるわけです。

無駄な動きが多いと、かなりストレスになってしまうことも多いので、なるべく集中して作業をするためにも、モニタアームをうまく活用していきましょう。

まとめ

デスクワークでは、ストレスなく作業できる環境づくりが大切です。

「画面が見づらい」「作業がしづらい」といったストレスがある状態だと、仕事もうまくいきません。

気持ちよく作業ができる環境をつくるためには、ぜひモニタアームを使ってみてください。

ここまで紹介してきたように、モニタアームには、デスクワークをもっと快適にできる機能が備わっています。

作業に最適な環境をつくり、常によい仕事ができるようにしていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ